鬼火へ

過去のAlain Leroy 2005/6/26~2015/12/31
――HP開設以来の足跡を自己のメモランダとして――




2015年

12/28 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて最終章「第二十六章 鷹狩その他」に入る。

12/25 本日、2016年1月1日0:01より01:10までの間に、梅崎春生のテクスト公開をブログで予約完了した。ライン・ナップは「猫の話」及びその私の高校教師時代の授業案の完全版(PDF縦書版も用意)、またそれを含む「輪唱」の他の二篇「いなびかり」「午砲」(無論、やぶちゃん注附き。なお、「輪唱」全篇はPDF縦書版を用意)と、『梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注』の(1)~(3)、『梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注』の第一章に当たる「同行者」(全)である。乞う、御期待!

12/24 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて昨日、落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の献辞と「序」を、本日、三訳者の「あとがき」と奥附を終わった。これで総てを完成し終えた。

12/23 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の最終章「第二十七章 サヤウナラ」を完遂、
これを以って Lafcadio Hearn の“Glimpses of Unfamiliar Japan”、落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の本文は、その全篇を終わった

12/21 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の最終章「第二十七章 サヤウナラ」に入る。

12/18 ブログ・カテゴリ「梅崎春生」をひそやかに創始し、既に2016年1月1日に向けてプロジェクトを開始。

12/17 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十六章 日本人の微笑」を完遂、これを以って「知られぬ日本の面影」は残り、「第二十七章 サヤウナラ」一章を残すのみとなった。

12/15 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十六章 日本人の微笑」に入る。

12/14 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十五章 幽靈と化け物について」を完遂。

12/13 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十四章 魂について」を一挙公開し、「第二十五章 幽靈と化け物について」に入る。

12/12 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十三章 伯耆から隱岐ヘ」を完遂。

12/8 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第二十五章 東京に関する覚書」を完遂、これを以って「日本その日その日」は残り、「第二十六章 鷹狩その他」一章を残すのみとなった。

12/7 本日、2006年5月18日のニフティのブログ・アクセス解析開始以来、ブログが760000アクセスを突破したが、今回は記念テクストを作らない。理由はこちらに記載してある。悪しからず。

11/27 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十二章 舞妓について」を完遂、「第二十三章 伯耆から隱岐ヘ」に入る。

11/25 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十一章 日本海に沿うて」を完遂、「第二十二章 舞妓について」に入る。

11/23 
ブログ740000+750000アクセス突破記念としてブログ・カテゴリ「橋本多佳子」に於いて「橋本多佳子全句集 附やぶちゃん注」完結。ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第二十章 二つの珍しい祭日」を完遂、「第二十一章 日本海に沿うて」に入る。

11/19 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第十九章 英語教師の日記から」を完遂、「第二十章 二つの珍しい祭日」に入る。

11/12 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第十八章 女の髮について」を完遂、「第十九章 英語教師の日記から」に入る。

11/9 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第十七章 家の内の宮」を完遂、「第十八章 女の髮について」に入る。

11/3 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎他訳「知られぬ日本の面影」の「第十六章 日本の庭」を完遂、「第十七章 家の内の宮」に入る。
10/27 ブログ・カテゴリ「鎌倉紀行・地誌」にて『「新編相模國風土記稿卷之九十八 村里部 鎌倉郡卷之三十」 山之内庄 山崎村』を公開。一日半かかった労作。

10/25 ブログ・カテゴリ「鎌倉紀行・地誌」にて難壁「新編相模國風土記稿」の電子化注に突入。まずは『「新編相模國風土記稿卷之九十八 村里部 鎌倉郡卷之三十」 山之内庄 峠村』を公開。

10/23 
ブログ730000アクセス突破記念として火野葦平「皿」をブログに公開。

10/17 ブログ・カテゴリ「立原道造」にて「鮎の歌」全篇を公開。また、ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第十五章 狐」を終って、遂に原本“Glimpses of Unfamiliar Japan”第一巻(全二巻構成)を終了。明日には第二巻の「第十六章 日本の庭」に入る。

10/14 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第二十三章 第二十四章 甲山の洞窟」(全)を一気に公開。

10/11 昨夜、ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第十四章 八重垣神社」を完遂、今日、「第十五章 狐」に入る。

10/9 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第十三章 心中」を完遂、「第十四章 八重垣神社」に入る。

10/8 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第十二章 日ノ御崎にて」を完遂、「第十三章 心中」に入る。

10/5 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第十一章 杵築のことゞも」を完遂、「第十二章 日ノ御崎にて」に入る。

10/1 ブログ・カテゴリ「鎌倉紀行・地誌」にて
『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」を完結。2013年7月に、後に刊行された『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」を始めてから全電子化オリジナル附注に実に2年余りかかった。また、夜、ブログ・カテゴリ「橋本多佳子」に於いて多佳子の遺構句集「命終」を公開し終り、「命終」と生前の全定稿句集の電子化注を完遂

9/30 
ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第二十三章 習慣と迷信」を完遂。

9/28
 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし」を完遂。

9/23 
ブログ・カテゴリ『「生物學講話」丘淺次郎』にて「第十四章 身體の始め」まで完遂。残すところ六章となった。

9/22
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第十章 美保の國にて」を完遂、「第十一章 杵築のことゞも」に入る。

9/21
 ブログ720000アクセス突破記念として「火野葦平 千軒岳にて」をブログ公開。

9/20
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第九章 子供の精靈の――潜戸(くけど)」を完遂、「第十章 美保の國にて」に入る。

9/16
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第八章 杵築――日本最古の社殿」を完遂、「第九章 子供の精靈の――潜戸(くけど)」に入る。

9/15
 ブログ・カテゴリ「立原道造」を創始、手始めに『「ひとり林に‥‥」(草稿)及びその決定稿「眞冬のかたみに」並びに別篇「ひとり林に‥‥」』を公開。

9/9
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第七章 神國の首都――松江」を完遂。「第八章 杵築――日本最古の社殿」に入る。

9/6
 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第二十二章 京都及びその附近に於る陶器さがし」に入る。

8/31
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第六章 盆踊」を完遂、「第七章 神國の首都――松江」に入る。

8/27
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第五章 盆市にて」まで完遂、「第六章 盆踊」に入る。

8/25
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第四章  江ノ島巡禮」までを完遂、「第五章 盆市にて」に入る。

8/23
 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第二十章 陸路京都へ」及び「第二十一章 瀬戸内海」を完遂。

8/21
 ブログ710000アクセス突破記念として「火野葦平 魚眼記」をブログ公開。

8/15
 8日夜、転倒、後頭部を強打した結果、外傷性クモ膜下出血のため聖路加国際病院に緊急搬送されて緊急入院、安静三日、一週間後の本日夕刻、脳前頭葉の一部挫滅によって嗅覚を喪失したが、自宅へは取り敢えず無事帰還お騒がせ申し上げた。各方面の方に御迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げる。

8/8
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第二章  弘法大師の書」を完遂。

8/7
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第一章  私の極東に於ける第一日」を完遂。

8/5
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて「教え子の情報から再考証!――小泉八雲が来日最初に訪れた寺は横浜市神奈川区高島台にある旧アメリカ領事館が置かれた本覚寺ではなかったか?!」を公開。

8/3
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて『落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」第一章 私の極東に於ける第一日(六) ――ハーンが最初に行った寺を推定同定する――』を、また、「雨ふり 村山槐多 (決定版) ――国立国会図書館の差替画像によってまたしても彌生書房版全集の誤りを発見――」をブログで公開。

8/2
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第一章  私の極東に於ける第一日」の原文及び注附きの電子化を開始。

8/1
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」にて落合貞三郎訳「知られぬ日本の面影」の「第四章 江ノ島巡禮」の原文及び注附きの電子化を終了。

7/27
 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」は「第二十章 陸路京都へ」に入る。

7/23 ブログにて
「三重県立美術館蔵村山槐多新発見詩篇 紫の天の戰慄」の注附き電子テクストを公開。

7/21 ブログにて
「死の遊び 村山槐多 /附 やぶちゃん版――定本 村山槐多第二の遺書―― 今まで我々が読んでいた彼の遺書は正確ではなかった ――」を公開、ブログ・カテゴリ『村山槐多』に於いて現在知られる村山槐多の詩篇の殆んどの電子化注を終了。

7/18 
ブログ・アクセス700000突破記念として、火野葦平「蓮の葉」をブログ公開。ブログ・カテゴリ『夢野久作』は「獵奇歌」に突入。

7/7 
ブログ・カテゴリ『夢野久作』に於いて夢野久作詩歌集成を始動。

7/6 
ブログ「鬼火~日々の迷走」開設10周年記念としてブログ・カテゴリ『夢野久作』に於いて夢野久作「氷の涯」電子化注を完遂、同時に「心朽窩旧館」にPDF縦書版(全挿絵・オリジナルやぶちゃん注附)を公開。

7/4 ブログに
『紫の微塵 村山槐多 付 村山槐多画「稻生像」』を公開。本詩篇と同画を並べることは永年の私の夢であったのだ。

6/27 
ブログ・カテゴリ『夢野久作』を創始、「氷の涯」の電子化を始動。

6/26 
サイト「鬼火」開設十周年記念「尾形龜之助詩抄Ⅰ(中国語訳)」(訳注/心朽窩主人・矢口七十七 写真/矢口七十七(PDF横書版・11MB)を「心朽窩新館」に公開。

6/25 
ブログ・カテゴリ『村山槐多』を創始、まずは「槐多の歌へる」より詩「二月」を公開。

6/23 ブログに
室生犀星「深夜の人」を公開。

6/21
 ブログ・カテゴリ柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」』の底本と公開形式を変更、まずは新規に「竹靑」をPDF横書版ワード縦書版で公開。

6/17
 ブログ・カテゴリ「小泉八雲」を創始、落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」の「第四章 江ノ島巡禮」の原文及び注附きの電子化を始動。

6/15 
ブログ・アクセス690000突破記念として、火野葦平「傳令」をブログ公開。

6/8 
ブログ・カテゴリ「芥川龍之介」にて「アリス物語 ルウヰス・カロル作 菊池寛・芥川龍之介共譯」電子化を始動。

6/7 ブログに博物学古記録翻刻訳注第16弾『滝澤馬琴「燕石雑志」及び「烹雑の記」に現われたる佐渡の異魚三十種に就いての記載』を公開。

6/1 ブログに渾身の――
人魚の憂鬱――毛利梅園の「梅園魚譜」の「人魚」を公開。

5/27 
堀辰雄「十月」附やぶちゃん注(Word2010縦書版)を「心朽窩旧館」に公開。

5/19 本サイト・トップの「父のアトリエ」の「落葉籠」を父の盟友宇野小四郎氏の逝去に伴い、父が改稿したものに差し替えた。PDFファイルからWord文書に変更になって容量が18MBと大きく、ダウンロードに時間を要するので注意されたい。

5/17
 堀辰雄「曠野」(正字正仮名・やぶちゃんオリジナル原典訳注附 PDF縦書版)を「心朽窩旧館」に公開。ブログ・カテゴリ『「今昔物語集」を読む』を始動

5/14 ブログ・カテゴリ神田玄泉「日東魚譜」を始動

5/13
 ブログ・アクセス680000突破記念として火野葦平「花の下の井戸」をブログ公開。

5/9 
ブログ・カテゴリ武蔵石寿「目八譜」を始動

5/7 ブログにて
『拙作怪談集「淵藪志異」三への三十七年後の附記』を書き、サイトの「淵藪志異」にも添えた。
『デカダンな人間にとって目前のディナーはスカトロジーの対象でしかない』

5/6 ブログで「大和本草卷之十四 水蟲 介類 牡蠣」を公開、カキ・フリークの私の渾身注を附した。

5/5
 ブログ・カテゴリ「堀辰雄」にて「LOUISE LABÉ Lyonnaise ソネット集(一五五五年) 堀辰雄訳」原詩附を公開、続いて同カテゴリ「曠野」正字正仮名版の電子化を始動

5/4 二日半かかって完成させたコダワリの「本朝食鑑」の「烏賊魚」原文電子化訳注附をブログ公開、それに合わせて博物学古記録翻刻訳注第15弾として『栗本丹洲筆自筆本「蛸水月烏賊類図巻」に現われたる「舩頭烏賊 タチイカ」の図』も公開して花を添えた。夜、ブログ・カテゴリ「堀辰雄」にて「十月」正字正仮名版 附やぶちゃん注を完遂。

4/30 
ブログ・カテゴリ『毛利梅園「梅園魚譜」』を創始。手始めに――コートにスミレを、ブログにクジラを――。午後には同じ作者のブログ・カテゴリ『毛利梅園「梅園介譜」』も創始。手始めに――オウムガイに花持たしたろうやない介(カイ)!――

4/29
 ブログ・カテゴリ『畔田翠山「水族志」』を創始

4/28 博物学古記録翻刻訳注■11を改稿、■14に一部修正・追加の上、「本朝食鑑」の第4弾にして本格的な
『人見必大「本朝食鑑」より水族の部』のスタートたる「鱗介部之三 海馬」をブログ公開。

4/27 ブログに
堀辰雄の「十月」のこの箇所についての参考資料として、私の憎悪する高濱虛子の、悔しい乍ら実に惹かれる一篇「斑鳩物語」の正字正仮名初版形をブログに公開した。夜、秘かにブログ・カテゴリ『人見必大「本朝食鑑」より水族の部』を創始

4/23 ブログ・カテゴリ「耳嚢」にて志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注を完遂、これを以って「耳嚢」マイ・ブーム――延べ5年と213日――取り敢えず、大団円也! 午後、ブログに博物学古記録翻刻訳注第14弾『「本朝食鑑 第十二巻」に現われたる海月の記載』を公開。

4/20 ブログに
博物学古記録翻刻訳注第13弾『「本朝食鑑 第十二巻」に現われたる老海鼠(ほや)の記載』を公開。

4/19 ブログに
博物学古記録翻刻訳注第12弾『「本朝食鑑 第十二巻」に現われたる海鼠の記載』を公開。

4/16 ブログに博物学古記録翻刻訳注第11弾『 「尾張名所図会 附録巻四」に現われたる海鼠腸(このわた)の記載』を公開。
『私が女体に次いで愛したもの――樹木――そして建物――建築は音楽の代わりだ』

4/10 ブログ・カテゴリ「耳嚢」で完遂した「耳嚢」のサイト版(HTML横書版)の「自序」「自跋」を「心朽窩旧館」に公開。

4/7
 五年半かけた「耳嚢」全十巻1000話の原文電子化附オリジナル訳注ブログ・カテゴリ「耳嚢」完遂! 感慨無量!

4/4 「耳嚢 巻之十 精神に足痛も直る事」を公開。遂に「耳嚢」終盤に至って私の先祖に出逢った。

4/1
 藪野直史野人化4周年記念+ブログ・アクセス670000突破記念として火野葦平「海御前」をブログ公開。

3/25 
ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第十八章 講義と社交」を完遂。

3/19
 母聖子テレジア4周忌――4年目にして初めて多磨霊園の母と僕の墓――慶應義塾大学医学部納骨堂――に墓参りした――

3/11 ブログにて二日と半日かけた
耳嚢 巻之十「兄の敵を討し者の事」原文附訳注を公開。

3/5 
ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第十七章 南方の旅」を完遂。

3/3 
尾形龜之助の雑誌『月曜』第一卷第四号の「編輯後記」 を「心朽窩新館」に公開。

2/24 カテゴリ「柳田國男」を創始、「蝸牛考」電子化を始動。

2/18 ツイッターのFeldlein氏のドイツ語訳の御協力を受けて
『「いとめ」の生活と月齢との関係――附・「いとめ」精虫及び卵、并びに人類の精虫電気実験に就きて――   新田清三郎 (Ⅶ)』をブログ公開。午後、2006年5月18日のニフティのブログ・アクセス解析開始以来、8年9ヶ月で660000アクセスを突破した記念火野葦平「あひびき」をブログで公開。

2/11 「耳嚢 巻之九」100話の訳注を完結、
現在900話。残すところ、「巻之十」100話のみ。

2/9
 ブログ・カテゴリ津村淙庵「譚海」』を始動。

1/25 ブログ・カテゴリ『「澄江堂遺珠」という夢魔』に於いて、現在、公的(アカデミック)に「澄江堂遺珠」の原資料と呼ばれているものの総ての電子化を完了した。これより未踏の『■5 現在知られる芥川龍之介の詩歌及び手帳並びに未定稿断片の内に於いて「澄江堂遺珠」との親和性が極めて強いと私が判断するもの』に着手。

1/24 ブログ記事
「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 モースが発掘したのは「当尾貝塚」ではなく「大野貝塚」であった!を公開。

1/19 ブログ記事
「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 貝塚発掘 ――切に考古学者の見解を乞う! モースが発掘したのは「当尾貝塚」だったのか? それとも「大野貝塚」だったのか?――」にて疑義生ず。識者の御教授を乞う。

1/9 
ブログ・アクセス650000突破記念として「心朽窩旧館」に佐藤春夫「魔のもの Folk Tale」(PDF縦書版)堀辰雄「淨瑠璃寺の春」(正字正仮名PDF縦書版)を公開。

1/8
 ブログ・カテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」にて「第十六章 長崎と鹿児島とへ」を完遂、東洋文庫全三巻の内、二巻分を終えた。ブログ・カテゴリ「堀辰雄」を創始。

1/5 ブログで公開した
『やぶちゃん版「澄江堂遺珠」関係原資料集成Ⅵ ■4 推定「第二號册子」(Ⅲ) 頁3』の中に、今度は佐藤春夫による「澄江堂遺珠」に於ける捏造の痕跡を発見。夕刻、ブログ・カテゴリ「佐藤春夫」を始動。まずは「車塵集」から。

1/4 ブログで公開した
『やぶちゃん版「澄江堂遺珠」関係原資料集成Ⅴ ■4 推定「第三號册子」(Ⅰ) 頁1~2』の中に、遂に堀辰雄による旧岩波版全集「未定詩稿」内の全抹消詩の恣意的復元という捏造の痕跡を発見

1/2 ブログ・カテゴリ『「澄江堂遺珠」という夢魔』に於いて『やぶちゃん版「澄江堂遺珠」関係原資料集成』を開始

2015/1/1 謹賀新年 芥川龍之介遺著・佐藤春夫纂輯「澄江堂遺珠」PDF縦書版及び同「澄江堂遺珠」HTML縦横書版を「心朽窩新館」に公開、ブログ・カテゴリ『「澄江堂遺珠」という夢魔』でも「澄江堂遺珠」全テクストと画像を同時公開



2014年

12/30 ブログ・カテゴリ「橋本多佳子」にて生前の四冊の句集総ての電子化注を終了

12/28 「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句篇」に「杉田久女全句集 附やぶちゃん注」(PDF縦書版)を公開。

12/20 ブログ・カテゴリ『「澄江堂遺珠」という夢魔』を始動、手始めに
驚天動地の「澄江堂遺珠」の「麥秀」のとんでもない誤り」を公開。

12/18 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、「やぶちゃん版萩原朔太郎全歌集 附やぶちゃん注」(PDF縦書版)を公開。

12/15 心朽窩新館の「やぶちゃん版芥川龍之介詩集」を改訂し、注も増補、更に新たに同PDF縦書版も同時に公開。

12/4 萩原朔太郎青春歌集「ソライロノハナ 附やぶちゃん注」(PDF縦書版)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開、また、
ブログ・カテゴリ「北條九代記」は巻第七に突入。

12/2 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第十六章 長崎と鹿児島とへ」に突入。

12/1 
ブログ・カテゴリ「萩原朔太郎」に於いて、現在知られる限りの萩原朔太郎の全短歌の電子化を終了

11/28 
芭蕉忌及びブログ・アクセス640000突破記念として芥川龍之介「枯野抄」の私のオリジナル授業ノートをブラッシュ・アップして新版として大改稿、HTML横書版の他、芥川龍之介の「枯野抄」本文と合体させたPDF縦書版としても公開。

11/26 「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句篇」に「芭蕉臨終前後関連書」として、「前後日記」各務支考(「笈日記」より)「芭蕉翁終焉記」宝井其角(「枯尾花集」より)「芭蕉臨終記 花屋日記」文曉(偽書) の三篇を総てPDF縦書版で公開。――芭蕉が遺書を書いた日に――

11/24 ブログに『尾形龜之助「十一月の晴れた十一時頃」心朽窩主人・矢口七十七中文訳』を公開――
尾形龜之助の、この詩の最終行「室に」は「空に」の誤植としか思われない!――

11/15 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、萩原朔太郎「わがひとに與ふる哀歌 伊東靜雄君の詩について」附やぶちゃん注(HTML版)及び同PDF縦書版を公開。

11/8 「心朽窩 新館」のツルゲーネフ「猟人日記」より「ビェージンの野」(HTML版)を再校訂、併せてPDF縦書版を公開。

11/7 「心朽窩 新館」に、ツルゲーネフ「猟人日記」より「音がする!」を HTML横書版 及び PDF縦書版 の二種で公開。

11/6 「心朽窩 新館」に偏愛するガルシンの「信号」(神西清訳)を HTML横書版 及び PDF縦書版 の二種で公開。

11/5 「心朽窩 新館」にイワン・ツルゲーネフ「猟人日記」中山省三郎訳「生神様」のPDF縦書版を公開――母の思い出に――

11/4 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「短歌雜感」(附やぶちゃん注)を公開。

11/2 結果的に
今年最大の大仕事となった『二〇一四年「奥の細道」シンクロニティの記録 注・藪野唯至』(2.41MB・416頁・PDF縦書版)を「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句篇」に公開。

10/29 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の栗本丹洲「栗氏千蟲譜」巻十(全)――原色原画画像完備・やぶちゃん翻刻・訓読・詳細補注附――を強力リニューアル。

10/27 「芥川龍之介 私の創作の實際 《芥川龍之介未電子化掌品抄》(ブログ版)」を公開。

10/25 ブログに『「栗氏千蟲譜」巻十の「蟹甲」の十二点の円紋を持つ図は捏造である』を公開。

10/22 
ブログ・アクセス630000突破記念第一弾として「芭蕉、杜国を伊良湖に訪ねる(「笈の小文」より 藪野唯至附注)PDF版」を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開、また、ブログ・アクセス630000突破記念第二弾として、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の栗本丹洲「栗氏千蟲譜」巻九(全)――原色原画画像完備・やぶちゃん翻刻・訓読・詳細補注附――を強力リニューアル。

10/16 ブログ・カテゴリ「尾形亀之助」にて彼の詩の心朽窩主人・矢口七十七中文訳のプロジェクトを秘やかに始動。

10/14 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の博物学テクスト『蛙変魚 海馬 草鞋蟲 海老蟲 ワレカラ 蠲 丸薬ムシ 水蚤  栗本丹洲(「栗氏千蟲譜」巻七及び巻八より)』を全面改稿、国立国会図書館蔵の原色原画画像を添付。

10/13 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の博物学テクスト『海鼠 附録 雨虎(海鹿) 栗本丹洲(「栗氏千蟲譜」巻八より)』を全面改稿、国立国会図書館蔵の原色原画画像を添付。

10/8 トップ「道成寺鐘中
Doujyou-ji Chronicl 」にて鳥山石燕の妖怪画集「今昔百鬼拾遺」より「道成寺の鐘」を公開。

9/25 ブログにて『耳嚢 巻之九 上手の藝其氣自然に通る事――電子化始動記念 附 謡曲「葵上」全曲』を公開。

9/23 ブログ・カテゴリ「鎌倉紀行・地誌」にて『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 を始動。

9/22 ブログ・カテゴリ「耳嚢」にて巻之八までの800話原文電子化と訳注を完遂。但し、芭蕉の「奥の細道」シンクロニティに入れ込んだ結果、年初の抱負であった本年中の全1000話完結は来年に持ち越す。悪しからず。

9/16 
ブログ・アクセス620000突破記念として「定本 やぶちゃん版芥川龍之介全句集」全五巻のPDF縦書版の「一 発句」「二 発句拾遺」「三 書簡俳句」「四 続 書簡俳句 附 辞世」「五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開。

9/6 「尾崎放哉全句集 やぶちゃん版新版正字體PDF縦書版」をトップ(上欄)に公開。

9/2 「やぶちゃん版鈴木しづ子句集〈抄出217句〉」PDF版を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開。

8/29 藪野唯至選「橋本多佳子句抄」のPDF版を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開。

8/27 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の芥川龍之介「北京日記抄」附やぶちゃん注釈に、教え子のT.S.君の探勝になる文天祥祠の写真その他を注に追加した。芥川龍之介の誤認(「楡」ではなく「棗」)が彼によって発見された。

8/24  「母 聖子テレジア 歌集」及び私が選した選歌集「たらちね抄」のそれぞれのPDF版をトップ(上欄)に公開。

8/17 「アンソロジーの誘惑/奇形学の紋章」PDF縦書分割版(俳諧篇俳句篇近現代詩篇)を「心朽窩新館」に公開。

8/14 私の小説「こゝろ佚文」縦書PDF版及び「雪炎」縦書PDF版をトップ(上欄)に、「杉田久女句集やぶちゃん選」縦書PDF版を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」にそれぞれ公開。

8/13 
ブログ・アクセス610000突破記念として「篠原鳳作全句集」縦書PDFファイル版を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開、及び私の句集「鬼火」の縦書PDFファイル版をもトップ(上欄)に公開。

8/1 ブログ・カテゴリ『山之口貘』にて、
現在、知られる山之口貘の全詩篇(準定稿を含み、草稿は除く)の電子化注釈を完遂

7/25 ブログ・カテゴリ「飯田蛇笏」にて第三句集「山響集」の注釈附電子化を開始。

7/21 ブログで『芥川龍之介「或阿呆の一生」の「四十七 火あそび」の相手は平松麻素子ではなく片山廣子である』を公開。

7/16 
ブログ・アクセス600000突破記念として杉田久女の随筆「菊枕」をブログ公開。夜、ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)で「第十三章 アイヌ」を終了。

7/5 
ブログ「鬼火~日々の迷走」開設9周年記念として八木重吉処女詩集「秋の瞳」〈初版復刻サイト一括版〉を「心朽窩 新館」に公開。

6/26 本
サイト「鬼火」開設9周年記念として「鬼城句集」(+縦書版)を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開。

6/16 
ブログ・アクセス590000突破記念として火野葦平「名探偵」をブログ公開(6月2日の一日8839アクセスという特異点によって最短期間の14日で突破更新となる)。

6/5 
ブログ・アクセス580000突破記念として「橋本多佳子句集 藪野直史選 六十一句」(+縦書版)を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開。

5/25
 篠原鳳作の全句電子化ブログ・カテゴリ「篠原鳳作」にて終了。

5/23 ブログ・カテゴリ『山之口貘』にて旧全集全詩集の電子化を終了。

5/12 私の愛する義父慈覚禅喜居士(俗名長谷川世喜男)は今日、天に召されました――直史ルカ記
    
ブログ・アクセス570000突破記念として火野葦平「曲馬團」をブログ公開。

5/8 ブログ・カテゴリ『山之口貘』で「鮪と鰯」全詩電子化を終了。

5/5 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「酒蟲」附やぶちゃん注+原典+柴田天馬訳を公開。

5/4 ブログ・カテゴリ『柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」』を始動。まずは「続黄梁」

4/29 ブログで「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 36 錐の使い方 附注“Japanese Homes and Their Surroundings”より“CHAPTER I. THE HOUSE.”の“JAPANESE CARPENTEBS.”及び“CARPENTERS' TOOLS AND APPLIANCES.”」を公開、
注に自信あり

4/26 ブログに「中島敦 南洋日記」附録(帰国前後から現存する死の一ヶ月程前の最後の書簡)を注釈附で公開。

4/25 ブログ・カテゴリ「生物學講話 丘淺次郎」で、全二十章の「生物學講話」の第十章までの電子化評釈を完了。

4/22 芭蕉シンクロニティ「草の戸も住替る代ぞひなの家 」をブログ公開――
あなたと私だけの「奥の細道」の旅の始まり――である。

4/21 ブログ・カテゴリ『貝原益軒「大和本草」より水族の部』は「大和本草卷之十四 介類」に突入。

4/12 
ブログ・アクセス560000記念として火野葦平「邪戀」をブログに公開。

4/8 ブログにリキを入れた注を附した「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十一章 六ケ月後の東京 34 松浦佐用彦葬儀」を公開。

4/6 山之口貘の詩「告別式」
自筆原稿17枚オリジナル電子化評釈附きでブログ公開。

4/2 
藪野直史野人化3年目突入記念として、芥川龍之介「飯田蛇笏」附やぶちゃん注を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

3/31 「花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ 杉田久女 注リロード版(再掲)」及び「足袋つぐやノラともならず教師妻 杉田久女 附注版(再掲)」をブログ公開(再掲)。大野林火氏の鑑賞と批評に激しく噛みついた。

3/27 芭蕉シンクロニティ「かげろふの我が肩に立つ紙子哉 芭蕉 元禄2年2月7日=1689年3月27日 作」をブログ公開。ブログ・カテゴリ『八木重吉「秋の瞳』を完遂。

3/26 ブログ・カテゴリ『山之口貘』で「山之口貘詩集」新作分12篇全篇の電子化を終了。

3/19 母聖子テレジア四回忌

3/15 
ブログ・カテゴリ『栂尾明恵上人伝記』での本文電子化を終了。ブログ・カテゴリ『山之口貘』で「思弁の苑」全詩電子化を終了。

3/7 
ブログ・カテゴリ『芥川龍之介 手帳』を始動。芥川龍之介のプラーベートな秘跡であり、マジカルな作品群の種帖でもあるこれらは、まさに僕にとってのローチェ南壁そのものである。

3/3 
ブログ・アクセス550000記念として火野葦平「南と北」をブログに公開。

2/19 57歳を超えて
ブログ・カテゴリ『「第一版新迷怪国語辞典」(藪野直史編)』を始動。

2/14 ブログ・カテゴリ『山之口貘』を始動。また、過日、「日暮里富士見坂を守る会」の池本達雄氏より「新編鎌倉志卷之二」の「江亭記」の語注二箇所に附き、御指摘と資料を頂戴したものを以って追記・改訂した。池本氏に心より感謝申し上げるものである。さらに、夜、 ブログ・カテゴリ『飯田蛇笏』を始動。

2/13 ブログ・カテゴリ「鬼城句集」に於いて大正六(一九一七)年四月中央出版協会発行の「鬼城句集」の俳句の全注釈を完遂。

1/30 
ブログ・カテゴリ『篠原鳳作』を始動。

1/27 
ブログ・アクセス540000突破記念としてサイト完全版・大手拓次詩集「藍色の蟇」(やぶちゃん注附初版再現版)+縦書版を「心朽窩 新館」に公開。

1/24 
ブログ・アクセス540000記念として火野葦平「濁流」をブログに公開。

1/23 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第十一章 六ケ月後の東京」に入る。

1/21 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚」を終了。

1/15 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話 第八章 團體生活」HP版(+縦書版)を公開。

1/13 
ブログ・カテゴリ『杉田久女』を始動。

1/8 
博物学古記録翻刻訳注第10弾「博物学古記録翻刻訳注 ■10 鈴木経勲「南洋探検実記」に現われたるパロロ Palola siciliensis の記載」を公開。

1/2 ブログ・カテゴリ『貝原益軒「大和本草」より水族の部』を始動。

1/1 謹賀新年 今年もブログ「鬼火~日々の迷走」ともども宜しくお願い申し上げる。年頭の抱負はこちらを。ブログ・カテゴリ「橋本多佳子」を始動。


2013年

12/28 ブログ・カテゴリ『鎌倉紀行・地誌』明治三一(一八九八)年八月二十日発行『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より鵠沼・逗子・金澤の部に着手。

12/27 ブログ・アクセス530000突破記念として火野葦平「珊瑚礁」をブログに公開。また、ブログ・カテゴリ『鎌倉紀行・地誌』明治三一(一八九八)年八月二十日発行『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部の注釈附電子化を完遂。半年もかかってしまった。

12/12 シンクロニティ芭蕉「芭蕉、杜国を伊良湖に訪ねる」 ハマりにハマって16700字、分量膨大に附き、ご覚悟あれかし)を公開。八木重吉「大和行」暗愚にして迂闊迂遠なる注釈附で公開。

12/1 ブログ・カテゴリ『「ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ』で「4 休暇の始まり」を公開。

11/27 ブログ・カテゴリ『八木重吉「秋の瞳』を創始。

11/26 「耳嚢 巻之七」(全)サイト版を公開。

11/25 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第九章 大学の仕事」を終了、「第十章 大森に於る古代の陶器と貝塚」に突入。

11/22 今日にシンクロする芭蕉の句「振賣の雁あはれなりゑびす講」のオリジナル評釈をブログで公開。

11/17 ブログ520000アクセス突破記念として火野葦平の「河童曼陀羅」の「新月」をブログ公開。

11/11 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第九章 大学の仕事」に突入。

11/10 今日にシンクロする芭蕉の句「旅に病んで夢は枯野を駆け廻る」のオリジナル評釈をブログで公開。

11/9 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第四章 再び東京へ」を終了、既に終えた第五章から第八章と合わせて、東洋文庫版全三巻の内の一巻分相当本文をオリジナル注附きで電子化終了。

11/4 ブログ版『大手拓次詩集「藍色の蟇」オリジナル注附完全電子化プロジェクト』を完遂。

10/28 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第四章 再び東京へ」に突入。

10/19 ブログ・カテゴリ「松尾芭蕉」を創始。

10/15 昨日のブログ510000アクセス突破記念「やぶちゃん版中島敦短歌全集 附やぶちゃん注」にも大きく関わるところの「中島敦 昭和十一(一九三六)年 手帳 附やぶちゃん注」「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開、是非とも併せてお読み戴きたい。

10/14 ブログ510000アクセス突破記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、「やぶちゃん版中島敦短歌全集 附やぶちゃん注」(+同縦書版)を公開。

10/7 ブログ・カテゴリ「中島敦」にて「中島敦日記 昭和十六(一九四一)年九月十日至昭和十七年二月二十一日」を始動。

10/2 ブログ・カテゴリ「日本その日その日」E.S.モース(石川欣一訳)は「第三章 日光の諸寺院と山の村落」に突入。

9/29 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の芥川龍之介「江南游記」に教え子T.S.君の探勝になる白雲寺の写真を注に追加。

9/28 私は社会への通底器を失った訳ではない。ブログにそのための装置ブログ・カテゴリ「野人庵史元斎夜咄」を創始。また、「句集 鬼火」に一首追加。

9/26 渾身の劇評『平成25(2013)年9月文楽公演 竹本義太夫三〇〇回忌記念 通し狂言「伊賀越道中双六」劇評 或いは 「義死」の「死の舞踏」が絶対ルールとなる武士道スプラッター満載の究極の「人生ゲーム」の蠱惑 或いは 心朽窩主人謹製「伊賀越道中飛び双六」』をブログにて公開。

9/23 サイト版「耳嚢 巻之七」を作成、既にブログで公開した分を一括公開。

9/15 ブログにて「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京」の電子化注釈を終了。

9/12 博物学古記録翻刻訳注第9弾「 “JAPAN DAY BY DAY” BY EDWARD S. MORSE の “CHAPTER XII YEZO, THE NORTHERN ISLAND” に現われたるエラコの記載 / モース先生が小樽で大皿山盛り一杯ペロリと平らげたゴカイ(!)を同定する!」をブログに記載。

9/4 記念すべきブログ500000アクセス突破記念として、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「龝夜讀書の記」(附やぶちゃん注)及び萩原朔太郎「芭蕉私見」(昭和一〇(一九三五)年十一月号『コギト』掲載初出形復元版 附やぶちゃん注)を公開。

8/20 ブログ・カテゴリ「由比北洲股旅帖」を創始。

8/18 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「北條九代記」HP版「卷第二」(+縦書版)を公開。

8/16 昨夜来の山本幡男氏の驚愕の爆発的ワード検索アクセス(12時間で3600超)の中で(このホーム・ページの来訪者のために私のブログ・カテゴリ「山本幡男」及び「山本幡男遺稿抄 やぶちゃん編」同縦書版)へのリンクを示しておく)、あっという間に
ブログ490000アクセスが突破されたその記念として芥川龍之介の『「河童」決定稿原稿の全電子化と評釈 藪野直史』(+縦書版)及び通読用の『芥川龍之介「河童」決定稿原稿(電子化本文版)』(+縦書版)を公開。

8/15 「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に私の拙攷「イコンとしての杖――富田木歩偶感――」(+縦書版)を公開。――母に捧ぐ――。また、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の『中島敦「山月記」授業ノート 藪野直史』の「第二段 再会」の冒頭にT.S.君の考証になる「商於の同定について」を追加。

8/12 ブログに『教え子T.S.君の昨日の「山月記」の旅』を写真入りで掲載。李徴が虎になった汝墳訪問の記録

8/8 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の芥川龍之介「冬と手紙と」を再校訂リニューアルし、芥川龍之介と南方熊楠の接点を探る画期的な考察である metal_clarinet 氏のブログ記事「芥川龍之介と南方熊楠」を同氏の御許可を得て参考資料として追加させて戴いた。また、芥川龍之介「北京日記抄」に教え子T.S.君の探勝になる天寧寺及び東配殿の写真を注に追加。特に天寧寺のレリーフは慄っとするほど素晴らしい! 同じくT.S.君の探勝になる芥川龍之介「長江游記」の「一」の舞台である蕪湖の注にT.S.君の優れた紀行文と写真を追加。特にT.S.君のそれはすこぶる感慨深いものである。必読せずんばならず!
『眠りから覚醒すること――なんという不本意!』

8/6 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に國木田獨歩「忘れえぬ人々」の単行本「武藏野」版(ルビ完備)同縦書版を公開。

8/4 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の國木田獨歩「武藏野」の再校訂リニューアル版を作製、縦書版も公開。
『神は怒っている――人間というものが何時かは必ず死ぬ生き物であることを嫉んでね』

7/11 ブログで中島敦の中国旅行74首連作歌群「朱塔」を公開。

7/8 ブログ・カテゴリ「北條九代記」で巻第五を始動。

7/6 ブログ開設8周年記念としてブログに「遍歴五十五首 中島敦連作 附やぶちゃん注」及び『自敍傳(「ソライロノハナ」より) 萩原朔太郎』を公開。深夜、芥川龍之介「河童」決定稿原稿の完全電子化ブログにて完遂。

7/5 ブログ480000アクセス記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「猩々の養育院(Orangoutang's almshouse)」を公開。

7/2 ブログ・カテゴリ『鎌倉紀行・地誌』明治三一(一八九八)年八月二十日発行『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部の電子化を始動博物学古記録翻刻訳注第8弾「蛸水月烏賊類図巻」に表われたるアカクラゲの記載をブログに記載。

7/1 ブログに『芥川龍之介「河童」決定稿原稿 十四 附 芥川龍之介カット入自筆原稿画像』を公開。国立国会図書館の許可を受けた画像からはカシカシという龍之介のペンの音が聴こえてくるようだ……。

6/29 ブログに「日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所 5 附江の島臨海実験所の同定」を公開。

6/27 ブログ・カテゴリ『鎌倉紀行・地誌』で大橋左狂「現在の鎌倉」を完遂。

6/26 HP開設8周年記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介の初期文章「(我輩も犬である 名前は勿論ない……)」を公開、また同記念プロジェクトとしてブログにてカテゴリ「日本その日その日 E.S.モース 石川欣一訳」を創始し、「第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所」からオリジナル注を附して始動。

6/23 『芥川龍之介「河童」決定稿原稿 十』を公開。私は確かに我鬼になる

6/22 芥川龍之介「修學旅行の記」(ブログ版 芥川龍之介未電子化掌品抄)をブログ公開し、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」にもリンク。『芥川龍之介「河童」決定稿原稿 九』を公開、校正漏れの亡霊が無数に跳梁しているこの怪異を見よ!

6/21 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話 第七章 本能と智力」HP版(+縦書版)を公開。

6/19 ブログ・カテゴリ「中島敦」を創始。まずは夢歌群十二首。

6/18 『芥川龍之介「河童」決定稿原稿 七』を公開、殆んど我鬼の覚悟で取り組み続行中。乞御笑覧。

6/13 『芥川龍之介「河童」決定稿原稿 五』にて、『改造』初出(現行「河童」)の表記の勝手な変更を複数発見。

6/12 『芥川龍之介「河童」決定稿原稿 四』にて、『改造』初出(現行「河童」)の表記の勝手な変更及び岩波版芥川龍之介旧全集の校異の誤りを発見。

6/10 博物学古記録翻刻訳注第7弾「守貞謾稿」に表われたるナマコの記載をブログに記載。

6/9 ブログ・カテゴリ『芥川龍之介「河童」決定稿原稿』を始動する。まずは「序」。迂遠な独立峰へ、また孤独な登攀を開始する。

6/7 ブログ・カテゴリ「南方熊楠」での短編論文の電子化と評釈を開始。まずは南方先生の真骨頂たるセクソロジー縦横無尽の一篇「アイヌの珍譚」を公開。

6/4 博物学古記録翻刻訳注第6弾『喜多村信節「嬉遊笑覧」に表われたるナマコの記載』をブログに記載。


6/2 ブログ470000アクセス記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に萩原朔太郎「斷橋の嘆――芥川龍之介氏の死と新興文壇――」を公開。

5/29 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に中島敦「山月記」及び私藪野直史の「山月記」授業ノート
特別公開

5/26 ブログ・カテゴリ『鎌倉紀行・地誌』で大橋左狂「現在の鎌倉」を始動。

5/23 ブログ・カテゴリ「北條九代記」で巻第四を完遂。

5/18 博物学古記録翻刻訳注第5弾『広瀬旭荘「九桂草堂随筆」に表われたるホヤの記載』をブログに記載。

5/15 
博物学古記録翻刻訳注第4弾『後藤梨春「随観写真」に表われたるボウズボヤ及びホヤ類の記載』をブログに記載。

5/7 ブログにて「耳嚢 巻之七」を始動。

5/1 ブログ460000アクセス記念+私と妻との23回目の結婚記念日記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に萩原朔太郎「小泉八雲の家庭生活」を公開。

4/26 「耳嚢 巻之六」(全百話)ブログ・HP版ともに完遂。

4/25 博物学古記録翻刻訳注第3弾『「蒹葭堂雑録」に表われたるスカシカシパンの記載』をブログに記載。

4/24 『沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」』をブログにて完遂、新たにブログ・カテゴリ『鎌倉紀行・地誌』を創始、手始めは林道春(林羅山)の「丙辰紀行」。

4/19 博物学古記録翻刻訳注第2弾『「筠庭雑録」に表われたるホヤの記載』をブログに記載。

4/18 
博物学古記録翻刻訳注第1弾『「立路随筆」に表われたるカツオノエボシの記載』をブログに記載。


4/14 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話 第六章 詐欺」HP版(+縦書版)を公開。

4/12 ブログ・カテゴリ「栂尾明恵上人伝記」を創始。

4/9 ブログ・カテゴリ「明恵上人夢記」を創始。

4/8 ブログ・カテゴリ「一言芳談」で、注記附テクスト化を完了。

4/7 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話 第五章 食はれれぬ法」HP版(+縦書版)を公開。

4/4 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話 第四章 寄生と共棲」HP版(+縦書版)を公開。

4/2 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話 第三章 生活難」HP版(+縦書版)を公開。

4/1 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話 第二章 生物の起り」HP版(+縦書版)を公開。

3/31 
野人化一周年記念として、午前中に「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に丘淺次郎「生物學講話」HP版を起動、まずは、「はしがき」及び「第一章 生物の生涯」を公開。同記念第二弾として、午後に、やはり「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に「北條九代記」HP版を起動、まずは「序」及び「卷第一」(+縦書版)を公開。

3/25 
ブログ450000アクセス記念として「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に、「やぶちゃん正字化版西東三鬼句集 《西東三鬼全四句集『旗』・『夜の桃』・『今日』・『變身』(全)+「『變身』以後」(全)+やぶちゃん選拾遺抄Ⅰ~Ⅲ》」(+縦書版)、及び、室生犀星「あじゃり」を公開。

3/22 火野葦平「人魚」をブログ公開。

3/16 十返舎一九 箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋第二十三編をブログにて完遂。ブログ・カテゴリ『沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」』を始動。

3/19 母聖子テレジア三回忌

3/13 ブログ・カテゴリ「北條九代記」で巻第四を始動。

3/11 ブログ・カテゴリ「中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈」を創始。「芥川龍之介漢詩全集」に継ぐ、教え子のT.S.君との協働になる全くオリジナルな中島敦の漢詩評釈プロジェクトである。乞うご期待!
『一人の女を所有するただ一つの方法――それは彼女を苦しめることである』

3/5 ブログ・カテゴリ「鬼城句集」を創始。

3/1 「耳嚢 巻之六」のブログ公開分が50話を越えたので、HP版「耳嚢 巻之六」を公開。

2/21 ブログ・カテゴリ「大手拓次詩集 藍色の蟇」を創始。

2/19 火野葦平「金銀花」をブログ公開。

2/15 ブログ440000アクセス記念及び私の純粋野人初年56歳の記念として、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に正宗白鳥「芥川龍之介」を正字正仮名で公開。

2/6 ブログ・カテゴリ「萩原朔太郎」を創始。

2/1 ブログ・カテゴリ「北條九代記」で巻第三を始動。

1/25 「ひょっとこ太郎」氏より御指摘を頂き、「鎌倉日記(德川光圀歴覽記)」の「鹽嘗地藏」の「明道ノ石佛」の注を補正。ブログ・カテゴリ「北條九代記」で巻第二を終了。

1/22 「ひょっとこ太郎」氏より更なる情報を頂戴し、「鎌倉日記(德川光圀歴覽記)」の冒頭で未確定であった「旗立山」を同定。

1/20 「鎌倉日記(德川光圀歴覽記)」の冒頭で不詳としていた「燈寵崎」「海馬嶋」「旗立山」に近世史研究家「ひょっとこ太郎」氏の御教授により、同定情報を追記。

1/14 火野葦平「復讐」をブログ公開。

1/12 ブログ430000アクセス記念として、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に室生犀星「芥川龍之介の人と作」を正字正仮名で公開。

1/10 芥川龍之介の新発見句「尻立てゝ這ふ子思ふや雉子ぐるま」を「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に追加。

1/7 ブログ・カテゴリ「西東三鬼」を創始、『西東三鬼全四句集(「旗」・「夜の桃」・「今日」・「變身」)』を始動。

1/6 火野葦平「復讐」をブログ公開。

1/5 十返舎一九 箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋第二十三編を創始。ことも常に――結果は惨憺たるものに過ぎん』

1/4 ブログ・カテゴリ「鎌倉日記(德川光圀歴覽記)」にて同日記の全テクスト化を終了、 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に同一括版「鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 德川光圀 附やぶちゃん注」を公開。
]

1/1 “Here's looking at you, kid!”――君の瞳に乾杯! / “I wish I didn't love you so much.”――こんなにも貴方を愛さなければよかった。 ――新たな年をリックとイルザが言祝ぐ――
    ブログで根岸鎭衞「耳嚢 卷之六」の全注釈現代語訳を始動。


2012年

12/31 今年最後で最大の仕儀「芥川龍之介漢詩全集 附やぶちゃん訓読注+附やぶちゃんの教え子T・S・君による評釈」(+縦書版)を「心朽窩新館」に公開。これを以って一つの私の憂鬱は完成した。では、諸君、よい御年を。

12/29 ブログ・カテゴリ『「ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ』を創始。

12/20 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に根岸鎭衞「耳嚢 卷之五」全一〇〇話公開。これを以って「耳嚢」全十巻のターニング・ポイントに到達。

12/11 ブログ・カテゴリ「北條九代記」で巻第二を始動。

12/10 ブログ・カテゴリ「北條九代記」は巻第一を終了。

12/7 「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」畑耕一句集「蜘蛛うごく」(+同縦書版)を公開。

12/5 ブログ420000アクセス記念として、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に畑耕一「怪談」を公開。

11/28 火野葦平「靑法師赤法師」をブログ公開。

11/21 ブログ「芥川龍之介」で「芥川龍之介漢詩全集」を始動。

11/8 ブログ・カテゴリ「一言芳談」を創始、注記附テクスト化を始動。

11/7 芥川龍之介「江南游記」の「三 杭州の一夜(上)」の「新新旅館」注に、教え子のT.S.君撮って呉れた写真と彼の解説他を挿入、「上海游記」の「十三 鄭孝胥氏」の注に鄭孝胥自邸玄関前での鄭・芥川らのスナップ写真を追加。

11/4 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の芥川龍之介「江南游記」の「九 西湖(四)」の「樓外樓」注に、
驚天動地の「樓外樓」前共時写真及び教え子T.S.君の撮って呉れた検証写真と解説を挿入。

11/3 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「私が女に生れたら? どう男を遇するか?!」及び「洋裝と和裝と――壯烈の犧牲――」 (ブログ版 芥川龍之介未電子化掌品抄)を公開。

10/30 火野葦平「白い旗」をブログ公開、また、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「私の嫌ひな女」(ブログ版 芥川龍之介未電子化掌品抄)を公開。

10/29 
私の愛する義母長谷川喜久子の肖像三葉)をブログに公開。ブログ・アクセス410000突破記念ブログ・カテゴリ「北條九代記」を始動。

10/25 
私の愛する義母蓮臺淨喜大姉(俗名長谷川喜久子)は今朝、天に召されました――直史ルカ記

10/22 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「紅葉」(ブログ版 芥川龍之介未電子化掌品抄)を公開。

10/21 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「正直に書くことの困難」(ブログ版 芥川龍之介未電子化掌品抄)を公開、また、同所の「耳嚢 卷之四」に附け損なっていた目次を追加。

10/20 ブログで進行中の根岸鎭衞「耳嚢 卷之五」の全注釈現代語訳が半分の50話に達したので、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」にHP版一括版も中途公開を始動。

10/19 火野葦平「紅皿」をブログ公開。

10/16 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に我、我鬼となって、芥川龍之介「澄江堂日録」附やぶちゃんマニアック注釈+同縦書版を公開。

10/15 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に『新潮』掲載の俳文様作品芥川龍之介「澄江堂雜詠」(附やぶちゃん注)を公開


10/14 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に『文藝日本』掲載の韻文作品芥川龍之介「澄江堂雜詠」(附やぶちゃん注)を公開。

10/11 火野葦平「淸流」をブログ公開。

10/10 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「澄江堂日録」(附やぶちゃん注)を公開。

10/9 ブログ・カテゴリ「鎌倉日記(德川光圀歴覽記)」を創始、同日記のテクスト化を始動。

10/7 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に「鎌倉攬勝考總目録(やぶちゃん電子版)」を公開。検索の用に供するとともに、これを以って一年九ヶ月余を費やした「新編鎌倉志」「鎌倉攬勝考」本文の全テクスト化プロジェクトを完遂

10/6 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に「鎌倉攬勝考 敍 凡例 引用書目」を公開。

10/5 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之五」の全テクスト化と注釈を完了、以上を以って「鎌倉攬勝考」本文の全電子テクスト化を終了。

10/4  「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の芥川龍之介「子供の病氣」(附やぶちゃん詳細注)に現れた
謎の言葉「しほむき」を「TINA」様という未知の女性の方からの情報によって解明! 注を補塡した。六年の電子テクスト作業の中で、数少ないわくわくする体験の場を与えて下さった、TINAさんへ――ありがとう! “Here's looking at you, kid!”――君の瞳に乾杯!――

10/3 火野葦平「百日紅」をブログ公開。

9/29 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に正字正仮名で芥川龍之介「子供の病氣」(附やぶちゃん詳細注)を公開。

9/25 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「(無題〔教室の窓かけが、新しくなつた。――〕)」を公開。これは私が芥川龍之介「文藝雜話 饒舌」の掉尾の章の原素材(草稿)と考えるものである。

9/24 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「文藝雜話 饒舌」を公開。

9/20 ブログ400000アクセス記念として、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「我鬼窟日録」附やぶちゃんマニアック注釈+同縦書版を公開。

9/12 火野葦平「月かげ」をブログ公開。

9/1 火野葦平「胡瓜の戀」をブログ公開。

8/31 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之五」を始動。

8/30 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之四」の全テクスト化と注釈を完了。

8/23 ブログで根岸鎭衞「耳嚢 卷之五」の全注釈現代語訳を始動。

8/21 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に根岸鎭衞「耳嚢 卷之四」全一〇〇話公開。

8/18 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介『「我鬼窟日錄」より』(+同縦書版
を公開。

8/17 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に畑耕一の「恐ろしき電話」(+同縦書版)を公開。「北京日記抄 芥川龍之介 附やぶちゃん注釈」の「二 辜鴻銘先生」の辜鴻銘の注に私の教え子で中国在住のT.S.君が探査した詳細な写真附き報告を追加。

8/13 火野葦平「昇天記」をブログ公開。

8/12 ブログ390000アクセス記念として、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に“OF A PROMISE BROKEN BY LAFCADIO HEARN”及び「破られし約束 小泉八雲原作 藪野直史現代語訳」(+同縦書版)を公開。

8/7 芥川龍之介「芥川龍之介中国旅行関連書簡群(全53通) 附やぶちゃん注釈」の六一四号書簡の注に、芥川が北京で泊まった「扶桑館」について、私の教え子で中国在住のT.S.君が探査した詳細な写真附き報告を追加。火野葦平「詫び證文」をブログ公開。

8/5 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之四」を始動。

8/4 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之三」の全テクスト化と注釈を完了。

7/30 教え子T.S.君の上海追跡録の新情報を、芥川龍之介「上海游記」の「三 第一瞥(中)」のトーマス・ジョーンズ注、及び「十九 日本人」の「同文書院」、及び終章「二十一 最後の一瞥」に追加。

7/27 暴虎馮河――“OF A PROMISE BROKEN BY LAFCADIO HEARN”の現代語訳に突入した(内容見本:原文の「Ⅰ」及び同章「破られし約束 一 小泉八雲原作 藪野直史現代語訳」)。

7/25 火野葦平「川風」をブログ公開。

7/22 
ブログ・カテゴリ「畑耕一句集 蜘蛛うごく」
を創始、同句集のテクスト化を始動。火野葦平「李花」をブログ公開。

7/21 ブログ・カテゴリ「火野葦平 河童曼陀羅」を創始、同作品集のテクスト化を始動。「石と釘」をブログ公開。

7/20 私の教え子の手になる【二〇一二年T.S.君上海追跡録 第二】「上海游記 芥川龍之介 附やぶちゃん注釈」の「十三 鄭孝胥氏」及び「十八 李人傑氏」に追加した。是非、御覧あれ。

7/14 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之三」を始動。

7/13 私の教え子が芥川龍之介の「北京日記抄」に現れる幻の「三門閣」を遂に発見! それを含む新知見と画像を「北京日記抄 芥川龍之介 附やぶちゃん注釈」の「窑臺」及び「三門閣下」の注に追加した。また、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之二」全テクスト化と注釈を完了。

7/8
 私の教え子が芥川龍之介の「北京日記抄」とそこに附した私の注を読みながら、北京の芥川龍之介の現在を追跡して呉れた手記と写真「北京日記抄 芥川龍之介 附やぶちゃん注釈」の「謝文節公祠」及び「窑臺」の注に追加した。是非、御覧あれ。

7/6 ブログ開設7周年記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の泉鏡花「一葉の墓」をブログ記事からHPの正式ページ仕様に変更、総ルビ化してリニューアル、縦書版も附した。また、私の教え子が芥川龍之介の「上海游記」とそこに附した私の注を読みながら、上海の芥川龍之介の現在を追跡して呉れた手記と写真【二〇一二年T.S.君上海追跡録】「上海游記 芥川龍之介 附やぶちゃん注釈」に多量に追加した。是非、御覧あれ。

7/4 ブログ380000アクセス記念として、「心朽窩 新館」(「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の片山廣子にも)に「おき忘れた帽子 (全一幕) ロード・ダンセイニ 松村みね子(片山廣子)訳」(附縦書版)を公開。

7/1 ブログで進行中の根岸鎭衞「耳嚢 卷之四」の全注釈現代語訳が半分の50話を越えたので、HP版一括版も中途公開を始動。

6/26 HP開設7周年記念として「――道成寺鐘中――Doujyou-ji Chronicle」に『釈安珎(「元亨釋書 卷第十九 願雜十之四 靈怪六 安珎」より) 附やぶちゃん訳注』(+縦書版)を公開。

6/17 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之二」を始動。

6/13 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之一」詳細注補完作業を終了。

6/10 ブログ・カテゴリ「生物學講話 丘淺次郎」を創始、同書の電子テクスト化を始動。

6/8 egmont 様より「雜信一束」 の「三 黄鶴樓」及び「四 古琴臺」の注の誤りの御指摘を受け、訂正(egmont 様への「 深謝とお詫び」)。

6/1 「心朽窩 新館」(「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の片山廣子にも)に「光の門 (全一幕) ロード・ダンセイニ 松村みね子(片山廣子)訳」(附縦書版)を公開。

5/31 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の、注を殆んど附していなかった「新編鎌倉志卷之一」で、他巻同様の詳細注作業を始動。

5/30 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之一」全テクスト化と注釈を完了。

5/29 ブログ370000アクセス記念として、本トップからリンクの「――道成寺鐘中――Doujyou-ji Chronicle」を創始、既存の「謡曲 道成寺」の外、「紀伊國牟婁郡の惡しき女(「大日本國法華經驗記」より)」「紀伊國道成寺僧寫法花救蛇語第三 (「今昔物語集 第卷十四」より)」「紀州日高の女山伏をとり殺事(「古今辨惑實物語」より)」浄瑠璃「日高川入相花王 眞那古庄司館の段 渡し場の段」の4作品(各篇縦書版附き)を一挙公開。

5/16 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「鎌倉攬勝考卷之一」を本格始動。

5/12 ブログ記事4000記念として、本日作業を始動した「鎌倉攬勝考卷之一」の「鎌倉總説」をブログで公開。

5/11 ブログで根岸鎭衞「耳嚢 卷之四」の全注釈現代語訳を始動。かつてはここに各話公開を毎回表示していたが、ブログ・カテゴリ「耳嚢」があるので、向後は省略する。

5/10 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に藪野直史野人化記念として『宇野浩二「芥川龍之介」下巻附やぶちゃん注』及び同縦書版を公開。

5/1 本トップ・ページの尾崎放哉「入庵雜記」全(横書版)に「大空」初版本の背・箱・表紙画像を配す。

4/22 本トップ・ページに尾崎放哉「入庵雜記」全(「大空」初版版 附やぶちゃん注)及び同縦書版を公開。

4/21 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志」に「新編鎌倉志總目録(やぶちゃん電子版) 」及び同縦書版を配す。検索の用に供するとともに、これを以って一年三ヶ月余を費やした「新編鎌倉志」本文のテクスト化プロジェクトを完遂。夜、識者の御指摘を受けて、フイオナ・マクラオド・松村みね子訳「海豹」の底本編集者のミスによる脱落部分補正版をリニューアル公開。

4/17 既にあった『芥川龍之介「枯野抄」やぶちゃんの授業ノート』のブラウザ上の不具合(行間詰まり)を補正し、横書版を追加。

4/15 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に藪野直史野人化記念として『宇野浩二「芥川龍之介」上巻附やぶちゃん注』及び同縦書版を公開。

4/9 「心朽窩 新館」にブログ360000アクセス及び藪野直史野人再生記念として『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第四部』(ウィリアム・バトラー・イェイツ挿絵 附やぶちゃん注)を公開。これを以ってシングの「アラン島」は完結した。――これが、すべての始まりである――

3/31 早期退職して完全なる「野人」となる――御挨拶はこちら――歸去來兮 田園將蕪胡不歸――

3/25 「心朽窩 新館」に『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第三部』(ウィリアム・バトラー・イェイツ挿絵 附やぶちゃん注)を公開。ブログ・カテゴリ『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」』は「第四部」に突入。

3/19 母聖子テレジア一周忌
    「心朽窩 新館」に『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第二部』(ウィリアム・バトラー・イェイツ挿絵 附やぶちゃん注)を公開。ブログ・カテゴリ『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」』は「第三部」に突入。

3/10 「心朽窩 新館」に『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」第一部』(ウィリアム・バトラー・イェイツ挿絵 附やぶちゃん注)を公開。ブログ・カテゴリ『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」』は「第二部」に突入。

3/7 “Mise do chara go huan”

3/4 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志」冒頭に「新編鎌倉志 序三種 凡例 引用書目」を公開、更に最終巻「新編鎌倉志卷之八」に跋文を追加。

2/26 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で最終巻「新編鎌倉志卷之八」テクスト化を終了、これを以て「新編鎌倉志」本文全巻のテクスト化を完遂した。またブログで完成したしづ子の全句からのオリジナル選句鑑賞「鈴木しづ子句抄――雑誌発表句・未発表句を中心にしたやぶちゃん琴線句集」として、やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇同縦書版とともに公開。

2/22 ブログ・カテゴリ「鈴木しづ子」でのしづ子の全句からのオリジナル選句鑑賞を終了

2/18 ブログ350000アクセス記念として「心朽窩 新館」に「みんなの怪談集――私の最後の教え子の手になる都市伝説――」を公開。

1/22 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で最終巻「新編鎌倉志卷之八」テクスト化を開始。

1/21 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之七」、全テクスト化と注釈、完了。

1/7 ブログ340000アクセス記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に下島勲「芥川龍之介氏のこと」及び片岡鉄兵「作家としての芥川氏」を公開。

1/2 ブログ・カテゴリ『宇野浩二「芥川龍之介」』を創始、ブログにてテクスト化を始動。

2012/1/1 “Here's looking at you, kid!” ――君の瞳に乾杯!――あなたにとっても私にとっても――真実の時間を取り戻そう――
       ブログ・カテゴリ『ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」』を創始、ブログにて原文附テクスト化を始動。

2011年

12/31 喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます
     母 聖子テレジア藪野は筋萎縮性側索硬化症による呼吸器不全で三月十九日に七十八歳で永眠いたしました
     皆様にはどうぞよいお年をお迎えください
     寒さに向かう折柄ご自愛のほどお祈り申し上げます

12/26 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之七」の「崇壽寺舊跡」の注で「太平記」「長崎高重最期合戦の事」原文・語注・現代語訳を附して公開。

12/20 「心朽窩 新館」の『横光利一「蠅」の映像化に関わる覚書/シナリオ』の冒頭に、同作の「四」のシークエンスの、今年の私の教え子の手になる秀抜なる作品『横光利一「蠅」の「四」の生徒によるオリジナル・ピクトリアル・スケッチ』をリンク、公開。これは教師としての私の形見である。

12/17 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の芥川龍之介「ひよつとこ (■初出稿+□決定稿)」を再校訂し、注を附して「ひよつとこ (■初出稿+□決定稿附やぶちゃん注)」としてリニューアル、同縦書版も公開。

12/12 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「新編鎌倉志卷之七」テクスト化を開始。

12/10 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之六」、全テクスト化と注釈を完了。

11/17 ブログ330000アクセス記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に芥川龍之介「素描三題 附草稿(「仙人」)」を公開。

11/13 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「新編鎌倉志卷之六」テクスト化を開始。

11/12 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之五」、全テクスト化と注釈を完了。

11/6 句集「鬼火」に4月以降、ブログに書き散らした句屑を「母聖子テレジア連禱」として追加。

10/25 母「「聖子テレジア歌集」縦書版及び先にブログに公開した「母の歌集から」「同選歌集 たらちね抄」と改題し、同縦書版と一緒にトップ・ページに公開。

10/22 ブログに「母 聖子テレジア歌集」から私が撰した「母の歌集から」を掲載。

10/20 「母 聖子テレジア歌集」をトップ・ページに公開。

10/19 ブログ・カテゴリ「鈴木しづ子」を創始、しづ子の全句からのオリジナル選句鑑賞を開始。「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「新編鎌倉志卷之五」に着手。

10/18 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之四」、全テクスト化と注釈を完了。

10/16 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之四」のぶっ飛びの海蔵寺の「開山源翁禪師傳」の注釈附テクスト化を終了。
10/9 祖父藪野種雄選になる「啄木歌集」ブログに公開。

10/8 山本幡男遺稿抄――やぶちゃん編――」縦書版「心朽窩新館」に公開、「新編鎌倉志卷之四」は光圀所縁の英勝寺に突入。

10/6 ブログ320000アクセス記念として能「道成寺」の台本形式オリジナル・テクスト及び同縦書版を本トップ・ページに公開。

10/4 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之六」の全テクスト化を終了。

10/3 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「新編鎌倉志卷之四」に着手。

9/29 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「鎌倉攬勝考卷之六」のテクスト化に着手、取り敢えず「安養院」まで公開。

9/27 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之七」の全テクスト化を終了。

9/25 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之七」を「長楽寺廃跡」まで公開。巻七も残り、僅か。

9/16 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「鎌倉攬勝考卷之七」のテクスト化に着手、取り敢えず「新居閻魔堂」まで公開。

9/15 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之八」の全テクスト化を終了。

9/11 ブログ・カテゴリ「土岐仲男」での土岐仲男(考古学者酒詰仲男)の詩集「人」の全掲載を終了、同時に本トップ・ページ「父のアトリエ」の下に『土岐仲男(酒詰仲男)詩集「人」』を公開。

9/8 ブログ・カテゴリ「土岐仲男」を創始、私の父の考古学の師。

9/7 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「鎌倉攬勝考卷之八」のテクスト化に着手、取り敢えず「将軍家六代御所跡」まで公開。

9/4 ブログ公開を終えた祖父藪野種雄の遺稿集である「落葉籠」(全)を本トップ・ページに「祖父遺稿」を創始して公開。また、同じくブログ連載を終えた山本幡男遺稿抄――やぶちゃん編――」(全)「心朽窩新館」増田晃森川義信の前に公開。

9/3 祖父藪野種雄の遺稿集の全テクスト(注釈附)化をブログにて終了。

8/29 ブログ・カテゴリ「藪野種雄」を創始、私の祖父の遺稿日記を編年順年単位で順次公開。

8/28 山本幡男の、現在、私が知り得る遺稿を総てブログに公開

8/25 山本幡男

8/23 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に「新編鎌倉志卷之三」縦書版を公開。

8/22 ブログ310000アクセス記念として芥川龍之介「凶」縦書版と合わせて正字正仮名総ルビで「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

8/21 ブログ・カテゴリ「山本幡男」を創始。

8/20 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之三」の全テクスト化を完了。

8/19 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之三」を常楽寺の蘭渓道隆と竺仙梵僊の定規まで更新。

8/13 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之三」を円覚寺の仏光禅師塔銘まで更新、「鎌倉攬勝考巻之九」縦書版を作成。

8/12 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之九」の全テクスト化を完了。

8/6 ブログに8月1日~4日に旅した隠岐諸島の紀行「隠岐日記1 島後島」「隠岐日記2 西ノ島 中ノ島」「隠岐日記3 中ノ島 知夫里島」「隠岐日記4付録 ♪知夫里島のアメフラシの食べ方♪」を連続掲載。夜、同じくブログに「ハッピー・アクアリウム」への私的なオマージュ「ひとりだけの水族館 第1水槽 FLEURS DU MAL」「ひとりだけの水族館 第2水槽 瓔珞子之禁裏」「ひとりだけの水族館 第3水槽 エピクロスの園」「ひとりだけの水族館 第4水槽 金城哲夫沖繩水族館」「ひとりだけの水族館 第5水槽 死なない蛸」「ひとりだけの水族館 最終水槽 ひとりだけの部屋」の「ひとりだけの水族館」全6話を連続掲載。

7/24 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「やぶちゃん版編年体芥川龍之介歌集 附やぶちゃん注」 《縦書版》縦書完全版として公開、合わせて横書版改訂

7/17 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「鎌倉攬勝考卷之九」のテクスト化に着手、取り敢えず冒頭「三浦駿河前司義村第跡」を公開。

7/16 「鎌倉攬勝考卷之十附録」縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

7/14 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之十附録」のテクスト化を完遂。

7/12 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「鎌倉攬勝考卷之十附録」のテクスト化に着手、取り敢えず「七里が濱」まで公開。

7/10 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に「鎌倉攬勝考卷之十一附録」縦書版を公開。

7/2 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之十一附録」のテクスト化を完遂。

6/27 ブログ300000アクセス記念とHP開設6周年記念として「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「鎌倉攬勝考卷之十一附録」金沢八景の由来となった東皐心越の漢詩パートに私の書き下しと注を附して公開ブログにも掲載。――失意から未だ立ち直れずにいますが、今後とも本HP・ブログともに宜しくお願い申し上げます――

6/21 ブログに「龍之介よ、スマトラのわすれな草の花、見つけたよ」を記載。龍之介の漢詩に潜む彼の遺愛の異花――

6/13 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で「新編鎌倉志卷之三」のテクスト化に着手。

6/12 「新編鎌倉志卷之二」の影印本による校訂版の縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開、更に「新編鎌倉志」と並ぶ幕末の植田孟縉の編になる鎌倉地誌の名著「鎌倉攬勝考」の最終巻のテクスト化を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」で開始、江ノ島総説のパートを公開。

6/7 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之二」の影印本による校訂を終了。

5/28 「シュールレアリスト志賀丈二&或るイディオ・サパンの少年のコラボレーション」を本トップ・ページの「ART SHOT」に公開。

5/26 ブログ290000アクセス記念と僕の富田木歩論「イコンとしての杖」『俳句界』掲載記念としてやぶちゃんの電子テクスト:俳句篇富田木歩随筆「初秋日記」及び同縦書版を公開。

5/21 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の「新編鎌倉志卷之一」の影印本による厳密校訂を終了、同縦書版も公開。午後、「新編鎌倉志卷之二」の影印本による校訂に着手。

5/20 ブログにアフォリズム「母」記載。

5/14 インターネット即刻復活を記念して芥川龍之介「漢文漢詩の面白味」縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

5/8 芥川龍之介李賀第三種接近遭遇記念として芥川龍之介「漢文漢詩の面白味」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

5/7 ブログに「芥川龍之介と李賀の第三種接近遭遇を遂に発見した」を記載。――我々は遂に芥川龍之介の直筆のラインに李賀を見出した――

5/5 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」の水戸光圀纂録・河井恒久纂述・松村清之考訂・力石忠一参補「新編鎌倉志卷之一」の影印本による厳密なる校訂に着手。

5/3 僕の富田木歩論「イコンとしての杖」『俳句界』掲載記念としてやぶちゃんの電子テクスト:俳句篇『富田木歩心友土手波王哀傷小品「鷗鳴く頃」』及び同縦書版を公開。――まき子と波王のために――

4/30 向後、一部を除き、トップ・ページに残す私的な理由の部分を水色で特に示すこととする。
告――母の逝去後、精神的な持続力が著しく低下しており、今迄のようなペースのテクスト更新は残念ながらもう出来そうもない。今迄、毎日のように訪問して下さっておられる方には申し訳ないが、かくの如く月に一度ぐらいのペースでしか行えぬ。それでもお付き合い願えるとなれば、恩幸これに過ぎたるはない。深謝致します――

4/29 僕の富田木歩論「イコンとしての杖」『俳句界』掲載記念としてやぶちゃんの電子テクスト:俳句篇『富田木歩愛妹まき子哀傷小品二篇「おけら焚きつゝ」「臨終まで」 附 同哀傷句群』及び同縦書版を公開。――母に奉ぐ――

4/25 本日発売の文學の森刊『俳句界』五月号に僕(ペンネーム藪野唯至名義)の富田木歩論「イコンとしての杖」が掲載(文學の森社からの依頼原稿)。――母に奉ぐ――

4/9 ブログ280000アクセスの記念に――「縄文の母子像」――遠い昔の記憶の中の母と僕の写真をブログに飾った。――母の形見として――

4/8 ブログに『筋萎縮性側索硬化症の母に「これで終わりです」という医師の直接告知は妥当であったと言えるか?』を掲載。――インフォームド・コンセントの在り方への警鐘として――

3/31 心朽窩新館の「伊東静雄詩集 わがひとに與ふる哀歌 やぶちゃん版」(并びに同縦書版)を三校、注を更に補足、初版本(底本)画像を挿入。現在、ネット上で最も信頼するに足る「わがひとに與ふる哀歌」初版底本電子テクストであるという自負がある。母の逝った逝く三月に相応しい……「來るときのやうに去るだらう」……――母聖子テレジアに奉ぐ――
「ERIC DOLPHY-The Uppsala Concert Vol.2 の Interview with Eric Dolphy の邦訳」をブログに公開。

3/29 心朽窩新館の「伊東静雄詩集 わがひとに與ふる哀歌 やぶちゃん版」を再々度校訂し直し、ルビ化と注を全面改稿の上、縦書版をも公開。――母聖子テレジアに奉ぐ――

3/26 『二〇一〇年八月岩波書店刊「芥川竜之介句集」に採句されたる五十六句』を「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に追加。本仕儀を以って名実ともに私の「やぶちゃん版芥川龍之介句集」は如何なる現行の諸本よりも最多の芥川龍之介全句集となった。――これを一週間前に亡くなった愛する母聖子テレジアに奉ぐ――

3/19 私の愛する母聖子テレジアは今朝、天国に召されました――直史ルカ記

3/13 「心朽窩 新館」にイワン・ツルゲーネフ「猟人日記」の中山省三郎訳「生神様」縦書版を公開。――母に奉ぐ――

3/11 「やぶちゃん版編年体芥川龍之介歌集 附やぶちゃん注」 《暫定縦書版》を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

3/10 ブログ3000記事記載の記念に――れんげ畑の母と僕――。「やぶちゃん版芥川龍之介全句集」に岩波文庫加藤郁乎編「芥川龍之介句集」で原本書簡に当たって訂正された書簡俳句の二句のてにをはを訂正、年次も変更されているので位置も変更。片山廣子歌集「翡翠」縦書版及び『片山廣子歌集「翡翠」抄――やぶちゃん琴線抄五十九首――』縦書版及び「片山廣子集《昭和六(一九三一)年九月改造社刊行『現代短歌全集』第十九巻版》 全」縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

3/9 「やぶちゃん編 芥川龍之介片山廣子関連書簡16通 附やぶちゃん注」の縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

3/6 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計六通七種)のやぶちゃん推定不完全復元版」の縦書版及び「芥川龍之介関連昭和二(一九二七)年八月七日付片山廣子書簡(山川柳子宛)」の縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

3/5 芥川龍之介「神々の微笑」(『新小説』初出形) 附やぶちゃん注縦書版とともに正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

2/27 母のために――片山廣子歌集「野に住みて」」縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

2/26 トップ・ページの「父のアトリエ」の父の画集「夢判断 その一」に「NOTO 華」「SHANGHAI-1943 若者の死」「HIROSHIMA-19458-6-8-15 影」そして流木のオブジェ「能登の貌」を追加し、画集全作アップを完了。芥川龍之介「越びと 旋頭歌二十五首」縦書版及び片山廣子歌集「野に住みて」抄――やぶちゃん琴線抄七十九首――」縦書版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

2/25 トップ・ページの「父のアトリエ」の父の画集「夢判断 その一」に「NOTO-2 燃えるよな海」を追加。

2/23 トップ・ページの「父のアトリエ」の父の画集「夢判断 その一」に「ANDES-3 流氷域」及び「NOTO 詩人の肖像」を追加。

2/22 トップ・ページの「父のアトリエ」の父の画集「夢判断 その一」に「ANDES-2 そのときすでに」を追加。

2/21 トップ・ページの「父のアトリエ」の父の画集「夢判断 その一」に「VIETNAM ソンミの農道」を追加。

2/20 トップ・ページの「父のアトリエ」に父の画集「夢判断 その一」を創始、同じくトップ・ページに父の畏友志賀丈二作「藪野への護符」を公開。

2/19 ブログ270000アクセス突破記念としてやぶちゃんの電子テクスト:俳句篇の「芥川龍之介句集 全5巻」総ての縦書版を一挙公開。

2/13 本トップ・ページに「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版新版正字体版)縦書版」を公開。

2/11 やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇の「芥川龍之介句集」の「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」を大々的に補正増補、「霜のふる夜を菅笠のゆくへ哉」の原画像も挿入。夜、「芥川龍之介句集 全5巻」総てのルビ化を終了。

2/6 やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇の「芥川龍之介句集 全5巻」総てのHTML記述の不具合を補正。

2/5 恩師故猪瀬達郎先生の「猪瀬達郎句集」をルビ化し、縦書版を作製、また、「ブログ・リンク記載であった「尾形亀之助句集 九句 附 尾形蕪雨一句・尾形余十五句」縦書版とともに新規頁として作製、やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇に公開。

2/4 「定本芝不器男句集 縦書版」やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇に公開。

1/30 「原民喜句集(杞憂句集) 縦書正字版」及び「やぶちゃん版萩原朔太郎全句集 縦書版」やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇に公開。

1/29 「やぶちゃん版新版 冨田木歩句集 縦書版」やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇に公開。

1/22 「杉田久女集」及び「篠原鳳作句集」の読みをルビ化し、同時に「杉田久女集 縦書版」及び「篠原鳳作句集 縦書版」を作製、合わせて杉田久女句集 縦書版をも作製した。因みに、この最後の「杉田久女句集」は私が久女の全句から全くオリジナルに選句したものである。

1/21 ブログにカテゴリ「北原白秋」を創始。

1/16 私のフェイク「こゝろ佚文 縦書版」を作製、トップ・ページに追加。芥川龍之介「冬心 《新・旧全集併載版》」 及び縦書の性能を生かした「冬心 《新・旧全集併載・原稿用紙推定準拠縦書版》」 を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

1/15 初めての手探りの仕儀。『やぶちゃん版鈴木しづ子句集(旧「鈴木しづ子句集」改訂増補版) 抄出217句』の縦書版「芥川龍之介遺書全六通 他 関連資料一通――二〇〇八年に新たに見出されたる遺書原本 やぶちゃん翻刻版 附やぶちゃん注――縦書版」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、トップ・ページに「句集 鬼火 縦書版」の3ページを一挙公開。

1/13 僕との因縁のサイト「つくば原人」様のHPを追加(私の「アンソロジーの誘惑/奇形学の紋章」が、ここに美麗な縦書となっている)。

1/10 芥川龍之介「絹帽子(シルクハツト) 附別稿」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

1/9 未明、パソコンが死ぬ前に辛くも――「新編鎌倉志卷之二」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

1/8 ブログに「推理:芥川龍之介の死出の旅路の浴衣の背中の紋様は、これではないか?」を掲載。

1/3 新春らしい一篇を。芥川龍之介「比呂志との問答」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

1/2 水戸光圀纂録・河井恒久纂述・松村清之考訂・力石忠一参補「新編鎌倉志卷之一」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。これが今年の私の自己投企(アンガジュマン)だ――

2011/1/1 迎春 本年もブログ「鬼火~日々の迷走」とともに御愛顧の程相願い奉りまする――
書初めとして拙作『Homo animalis sapiens から Homo animus sapiens へ――太田豊太郎という進化 或いは 茨冠せる巫女エリス――「舞姫」小攷』を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。――これが今年『最初』の覚悟のテクストである――

2010年

12/31 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」の最終校訂と注を追加。梶井基次郎のテクスト群を再校訂。

12/30 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」注のメリメの書簡の項に「歯車」から引用、注を追加。

12/29 
Memorial to Andrei Tarkovsky南方熊楠忌
「歯車」など、初期に公開した芥川龍之介の後期作品の幾つかを再校訂。

12/27 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」注に片山廣子の「乾あんず」からソロモンとシバのエピソード部分を引用追記、注を追加。

12/26 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」注を補充、再補正。2007年月曜社刊の正字版の片山廣子「新編 燈火節」入手後、恣意的に正字に直してテクスト化し、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開済であった同作品集の中の数篇について、これによる校訂未了のものがその中に数篇あったが、総て、本日を以って完了。

12/25 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」注に細部補正、各種イコンを挿入した。

12/24 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」に不完全推定パートを増補。

12/23 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」を三訂、誤植を訂正、注その他を大幅に補足、Konrad Witz 作 “König Salomo und Königin von Saba” を龍之介と廣子のイコンとして挿入。

12/20 「心朽窩 新館」の『立ち尽くす少年――諸星大二郎「感情のある風景」小論』を2005年度版から本日授業で配布した2010年度版にリニューアルした。「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」を再校、誤植を訂正、注その他を大幅に補足した。

12/19 「未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。――これが今年『最後』の覚悟のテクストである――

12/18 ブログに片山廣子の短歌「動物、その他」五首を掲載。

12/16 ブログ260000アクセス記念として芥川龍之介「河童」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開、その『芥川龍之介「河童」やぶちゃんマニアック注釈』」も同じく「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

11/23 正字正仮名版森鷗外「舞姫」及び
完全オリジナル『森鷗外「舞姫」やぶちゃん現代語擬訳全篇』を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。「耳嚢 巻之三」に最終話「吉兆前證の事」を収載、以上を以って根岸鎭衞「耳嚢 卷之三」の全注釈現代語訳を完了した。

11/22 「耳嚢 巻之三」に「古へは武邊別段の事」を収載。

11/21 「耳嚢 巻之三」に「鈴森八幡烏石の事」「町家の者其利を求る工夫の事」の二篇を収載。

11/20 「耳嚢 巻之三」に「先祖傳來の封筐の事」を収載。

11/16 「耳嚢 巻之三」に「飢渇に望みて一飯を乞ひし事」を収載。

11/14 「耳嚢 巻之三」に「酒に命を捨し事」を収載。

11/13 「耳嚢 巻之三」に「酒宴の興も程有べき事」を収載。

11/10 「耳嚢 巻之三」に「先格を守り給ふ御愼の事」を収載。

11/8 「耳嚢 巻之三」に「僞も實と思ひ實も僞と思わる事」を収載。

11/7 芥川龍之介「河童」(やぶちゃんによる芥川龍之介真原稿恣意的推定版)(又は やぶちゃん恣意的副題――どうかPrototype“Kappa”と讀んで下さい――)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。これは知られた晩年の名作「河童」とは同名異作の未完作であるから注意されたい。更に、これは私の考えた現在、何処にも存在しないオリジナルな原稿推定版である点にも注意されたい。

11/6 「耳嚢 巻之三」に「狐獵師を欺し事」を収載。

11/5 「耳嚢 巻之三」に「武士道平日の事にも御吟味の事」を収載。

11/4 「耳嚢 巻之三」に「御中陰中人を殺害なせし者の事」を収載。

11/3 「耳嚢 巻之三」に「梶左兵衞が事」を収載。

11/2 「耳嚢 巻之三」に「太平の代に處して勤を苦む誤りの事」を収載。

11/1 「耳嚢 巻之三」に「門跡衣躰の事」を収載。

10/31 芥川龍之介「VITA SEXUALIS」及び芥川龍之介「VITA SODMITICUS」(やぶちゃん仮題)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、それに添える形で芥川龍之介「VITA SEXUALIS」やぶちゃん語注及び芥川龍之介「VITA SODMITICUS」やぶちゃん注(何れも別頁立て)を公開。「耳嚢 巻之三」に「一向宗信者の事」を収載。

10/30 「耳嚢 巻之三」に「長崎諏訪明神の事」を収載。

10/29 「耳嚢 巻之三」に「吉瑞の事に付奇談の事」を収載。

10/28 「耳嚢 巻之三」に「其職の上手心取格別成事」を収載。

10/27 「耳嚢 巻之三」に「明君儉素忘れ給はざる事」を収載。

10/26 「耳嚢 巻之三」に「蛇を祭りし長持の事」を収載。

10/25 「耳嚢 巻之三」に「年ふけても其業成就せずといふ事なき事」を収載。

10/24 「芥川龍之介輕井澤日録二種」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。「耳嚢 巻之三」に「精心にて出世をなせし事」を収載。

10/23 芥川龍之介「文部省の假名遣改定案について(初出形)」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開し、「やぶちゃん編 芥川龍之介片山廣子関連書簡16通 附やぶちゃん注」を大幅に増補。「耳嚢 巻之三」に「雷公は馬に乘り給ふといふ咄の事」を収載。

10/22 「耳嚢 巻之三」に「孝童自然に禍を免れし事」を収載。

10/21 「耳嚢 巻之三」に「楓茸喰ふべからざる事」を収載。

10/20 「耳嚢 巻之三」に「未熟の射藝に狐の落し事」を収載。

10/19 「耳嚢 巻之三」に「夢兆なしとも難申事」を収載。

10/18 「耳嚢 巻之三」に「盲人吉兆を感通する事」を収載。

10/17 ブログ250000アクセス突破記念として「やぶちゃん編 芥川龍之介片山廣子関連書簡16通 附やぶちゃん注」を、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

10/16 芥川龍之介「江南游記」の「二十八 南京(中)」に出る「高跳動(カオチヤオトン)」の正体を解明。「耳嚢 巻之三」に「賴母敷き家來の事」を収載。

10/15 「耳嚢 巻之三」に「橘氏狂歌の事」を収載。

10/14 「耳嚢 巻之三」に「老耄奇談の事」を収載。

10/13 「耳嚢 巻之三」に「稽古堪能人心を感動せし事」を収載。

10/12 「耳嚢 巻之三」に「時節ありて物事的中なす事」を収載。日付の変わる直前、ブログ250000アクセス突破。多忙疲弊に附き、記念テクストは暫くお待ちあれかし。

10/11 
村上昭夫忌

10/9 「耳嚢 巻之三」に「言語可愼事」「戲れ事にも了簡あるべき事」二篇を収載。

10/8 「耳嚢 巻之三」に「人の禁ずる事なすべからざる事」を収載。

10/7 「耳嚢 巻之三」に「風土氣性等一概に難極事」を収載。

10/6 「耳嚢 巻之三」に「金銀二論の事」を収載。

10/5 「耳嚢 巻之三」に「惡業その手段も一工夫ある事」を収載。

10/3 本トップ・ページに『父のアトリエ』を増築、父の書いた中でも出色の読物「落葉籠――昭和22(1947)年群馬県多野郡神流川流域縄文遺跡調査行ドキュメント――日本考古学の「種蒔く人」酒詰仲男先生の思い出に」をPDFファイルにて公開。欺されたと思って読んでみて戴きたい。文句なしに面白い。 「耳嚢 巻之三」に「大坂殿守廻祿番頭格言の事」を収載。

10/2 「耳嚢 巻之三」に「天成自然の事」を収載。

10/1 「耳嚢 巻之三」に「安藤家踊りの事」を収載。

9/30 三女 Alice の誕生日。6歳になった。
「耳嚢 巻之三」に「阿部川餠の事」を収載。

9/29 「耳嚢 巻之三」に「其分限に應じ其言葉も尤なる事」を収載。

9/28 「耳嚢 巻之三」に「大人の食味不尋常の事」を収載。

9/27 「耳嚢 巻之三」に「狐附奇異をかたりし事」を収載。

9/26 「やぶちゃん版編年体芥川龍之介歌集 附やぶちゃん注」の、「越し人」の注に片山廣子堀辰雄宛書簡の一部を引用し、解説を追加。「耳嚢 巻之三」に「信心に寄りて危難を免し由の事」を収載。

9/25 「耳嚢 巻之三」に「任俠人心取別段の事」を収載。

9/23 「耳嚢 巻之三」に「行脚の者異人の許に泊し事」及び「熊野浦鯨突の事」を収載。後者は私の好きな話柄で、本日の母の退院を記念して公開する。

9/22 「耳嚢 巻之三」に「鳥類其物合ひを考る事」を収載。

9/21 「耳嚢 巻之三」に「鴻巣をおろし危く害に逢し事」を収載。

9/20 「耳嚢 巻之三」に「海上にいくじといふものゝ事」を収載。「心朽窩 新館」の index を映画のエンド・タイトル風に変更、HP中特に私の著作権・編集権が強いテクストに「心朽窩主人」印影を新たに配した。

9/19 「耳嚢 巻之三」に「其業其法にあらざれば事不調事」を収載。

9/18 「耳嚢 巻之三」に「秋葉の魔火の事」を収載。

9/17 「耳嚢 巻之三」に「矢作川にて妖物を拾ひ難儀せし事」を収載。

9/16 「耳嚢 巻之三」に「米良山奥人民の事」を収載。

9/15 「耳嚢 巻之三」に「音物に心得あるべき事」を収載。

9/14 「耳嚢 巻之三」に「擬物志を失ひし事」を収載。

9/13 「耳嚢 巻之三」に「道灌歌の事」を収載。

9/12 「耳嚢 巻之三」に「本庄宿鳥居谷三右衞門が事」を収載。

9/11 「耳嚢 巻之三」に「守財の人手段別趣の事」を収載。

9/10 「耳嚢 巻之三」に「利を量りて損をなせし事」を収載。

9/9 「耳嚢 巻之三」に「樹木物によつて光曜ある事」を収載。

9/8 「耳嚢 巻之三」に「玉石の事」を収載。

9/6 「耳嚢 巻之三」に「生れ得て惡業なす者の事」を収載。

9/5 「耳嚢 巻之三」に「御門主明德の事」を収載。

9/4 ブログに「……小学校4年生の夏休みの自由研究……今から出そう……」を記載。44年前の城ヶ島土産の貝標本をご覧あれ。「耳嚢 巻之三」に「上野淸水の觀音額の事」を収載。

9/3 「耳嚢 巻之三」に「深切の祈誓其しるしある事」を収載。

9/2 「耳嚢 巻之三」に「博徒の妻其氣性の事」を収載。

9/1 「耳嚢 巻之三」に「一旦盜賊の仲間に入りし者咄の事」を収載。

8/31 「耳嚢 巻之三」に「明德の祈禱其依る所ある事」を収載。

8/30 「耳嚢 巻之三」に「三峯山にて犬をかりる事」を収載。

8/29 ブログに『芥川龍之介が永遠に最愛の「越し人」片山廣子に逢った――その最後の日を同定する試み』を掲載。「耳嚢 巻之三」に「神明淳直を基とし給ふ事」を収載。

8/28 「耳嚢 巻之三」に「前表なしとも難極事」を収載。

8/27 「耳嚢 巻之三」に「精心にて家業盛なる事」を収載。

8/26 「耳嚢 巻之三」に「靈氣殘れるといふ事」を収載。

8/25 「やぶちゃん版新版 冨田木歩句集」やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇に公開。「耳嚢 巻之三」に「天作其理を極し事」を収載。

8/24 長女Mariaの誕生日(トップ・ページの写真のアリスの上)。24歳になった。
「耳嚢 巻之三」に「佐州團三郎狸の事」を収載。

8/23 
やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇「杉田久女集」及び「杉田久女句集 全句集より やぶちゃん選」を再校訂及び正字リニューアルした。特に前者はHP初期の入力で誤植が致命的に多かったので、仕切り直しの新たな公開としたい。「耳嚢 巻之三」に「人の貧富人作に及ざる事」を収載。

8/22 「耳嚢 巻之三」に「無賴の者も自然と其首領に伏する事」を収載。

8/21 「耳嚢 巻之三」に「狂歌流行の事」を収載。

8/20 ブログに「僕が芥川龍之介の岩波版旧全集に拘る理由」を記載。「耳嚢 巻之三」に「強盜德にかたざる事」を収載。

8/19 「耳嚢 巻之三」に「老僕盜賊を殺す事」を収載。

8/18 幾つかの語句に不明点があった芥川龍之介「シング紹介 附未定稿二種」に私のオリジナルな語注を附した。「耳嚢 巻之三」に「目あかしといへる者の事」を収載。

8/17 早朝、聖女ベルナデットの夢を見た。「耳嚢 巻之三」に「その國風謂れある事」を収載。

8/16 240000アクセス記念テクストとして完全オリジナル編集によるオリジナル注を附した「やぶちゃん版編年体芥川龍之介歌集 附やぶちゃん注」を公開。本作は恐らく史上初の本格的な編年体芥川龍之介歌集である。「シリエトク日記 番外篇 知床の滝 或いは 亡き友人の母へのオード」をブログに掲載。シリエトクの滝を御堪能あれ。夜、「耳嚢 巻之三」に「高利を借すもの殘忍なる事」を収載。

8/15 旅した知床のブログ随想「シリエトク日記」全16回を終了。「耳嚢 巻之三」に「名によつて威嚴ありし事」を収載。

8/14 「耳嚢 巻之三」に「鬼神を信じ藥劑を捨る迷の事」を収載。

8/13 「耳嚢 巻之三」に「下賤の者は心ありて可召仕事」を収載。「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」に意識的に排除していた「輕井澤にて」の川柳二句を追加した。

8/12 「耳嚢 巻之三」に「奇物を得て富みし事」を収載。

8/11 連載「心」(百十)――ありがたう! これで總ては終る。――君への至上命令は唯一つ――「明治の精神」ヲ解キ明カセ!――今日は「心」連載完遂記念として多彩なテクストを公開する。「心」完全連載終了を受けて、知人が寿ぎの絵「Handcuffs」を贈って呉れた。さればこそ、満を持して朝日新聞連載 夏目漱石『心 先生の遺書(五十五)~ (百十)――(単行本「こゝろ」「上 先生と私」相当パート) 附♡やぶちゃんの摑み』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。この「やぶちゃんの摑み」は私のライフ・ワークであり、今後も増殖してゆくが、
現在只今、ネット上に存在する夏目漱石「こゝろ」の注釈としては最上の部類に属するものを提供出来たと自負するものである。次に、 『やぶちゃん版鈴木しづ子句集(旧「鈴木しづ子句集」改訂増補版) 抄出217句』を公開した。これはリニューアルではなく、厳密に校訂した新版である。旧の杜撰なバージョンを保存されている方は、必ず破棄し、こちらをダウンロードされたい。更に、芥川龍之介「彼」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。最後に「耳嚢 巻之三」に「不計の幸にて身を立し事」を収載。【以下、一部を除いて「心」連載のリンクは連載時のもので、各回ではなく、ブログ・カテゴリ「こゝろ」トップに繋がっている。当該日各回をブログ上で読まれる場合は、お手数乍ら、ブログ・カテゴリ「こゝろ」から当該回を更にお探し頂きたい。

8/10 連載「心」(百九)、明日「心」は遂に閉じられる――記憶して下さい。私は斯んな風にして生きて來たのです――

8/9 連載「心」(百八)、残すところ僅か2回――高校2年生の、これから「こゝろ」の感想文を書かんとする諸君――靜を――その母たる奥さんを大いに語られんことを!――それこそが先生や学生同様の神経症の袋小路に陥った「こゝろ」論争という精神の痙攣状態にカンフル剤を打ち込むことになる――

8/8 連載「心」(百七)、残すところ僅か3回となった――先生が自死を決意するのは――最早「たつた一人で」はなくなったから――だから――もう「淋(さむ)しく」はない――から――。ブログにて先週旅した知床の随想「シリエトク日記」を開始。

8/7 連載「心」(百六)、順調に進行中――妻を抱こうとする――と――白い靜の肌の向う側に――Kの姿が屹立する――バンクォーの亡霊を見るマクベスのように先生はKの亡霊を見るのだ――こんな先生が靜とコイツス出来るはずが――ない――

8/6 連載「心」(百五)、順調に進行中――「其新らしい墓と、新らしい私の妻と、それから地面の下に埋められたKの新らしい白骨とを思ひ比べて、運命の冷罵を感ぜずにはゐられなかつた」先生になってみよ。そうすれば先生の真の地獄が分かるはずだ――

8/5 連載「心」(百四)、順調に進行中――「若い美くしい人に恐ろしいものを見せると、折角の美くしさが、其爲に破壞されて仕舞ひさうで私は怖かつた」が――その「若い美くしい」君に敢えて私と云ふ「恐ろしいものを見せ」てゐるのです――

8/4 連載「心」(百三)、順調に進行中――間違つちやゐません、私のそれからの人生と云ふものは永久に暗い夜が續ゐたも同じでした――

8/3 連載「心」(百二)、順調にカタストロフを経て進行中――Kが自死する……設問:「もつと早く死ぬべきだのに何故今迄生きてゐたのだらうといふ意味の文句」はどのようなものであったか? 簡潔に答えよ――これが君への私の最終口頭試問です――

8/2 連載「心」(百一)、順調にカタストロフへ向けて進行中――「御目出たう御座います――結婚は何時ですか――何か御祝ひを上げたいが、私は金がないから上げる事が出來ません」――私は時々思ふのです、この臺詞を言ひ度いが爲だけにKの役を演つてみたいとね――

8/1 連載「心」(百)、順調にカタストロフへ向けて進行中――いびつな円の出現――私はこれを『第三象限上のデスティニィ曲線』(運命曲線)と呼称する――

7/31 Memorial to Bud Powell
連載「心」(九十九)、順調にカタストロフへ向けて進行中――「奥さん、御孃さんを私に下さい! 下さい! 是非下さい! 私の妻として是非下さい!――急にもらいくたくなったのです!――もらいたいと言い出したのは突然ですけれど……いいえ! もらいたいと望んでいたのはずっと先からのことで……決して昨日今日の突然などでは――ありません!」――――これは「心」の先生の言葉の中で唯一笑える台詞である――

7/30 連載「心」(九十八)、順調にカタストロフへ向けて進行中――――先生の抜け駆け(と思っているのは先生だけなのだが)のプロポーズの決意と実行行為へ着手――夏の暑い盛り――そうだ、今日は明治天皇の祥月命日でもあった――

7/29 連載「心」(九十七)、順調にカタストロフへ向けて進行中――先生にとって人生最後の「靜かな夢」を見た「穏やかな眠り」の一夜――

7/28 連載「心」(九十六)、順調にカタストロフへ向けて進行中――「覺悟、――覺悟ならない事もない」――

7/27 連載「心」(九十五)、順調にカタストロフへ向けて進行中――「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」――

7/26 「耳嚢 巻之三」に「窮借手段之事」を収載。連載「心」(九十四)、順調にカタストロフへ向けて進行中、遂にあの、先生のおぞましいKへの攻撃が始まる。

7/25 「耳嚢 巻之三」に「貒といへる妖獸の事」を収載。連載「心」(九十三)、順調に進行中

7/24 
84年遠忌河童忌記念として芥川龍之介「白」□旧全集版及び■作品集『三つの寶』版を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。「耳嚢 巻之三」に「神尾若狹守經濟手法の事」「水野和泉守經濟奇談の事」及び「丹波國高卒都婆村の事」の三篇を収載。連載「心」(九十二)、順調に進行中

7/23 Mamorial to Alan Leroy
連載「心」(九十一)、順調に進行中

7/22 連載「心」(九十)、順調に進行中、本日、遂にKが先生に告白をした。この暑い盛りに。正に熱中症に罹るようなこの時期に。聊か、当時の読者に御愁傷様と言いたい気もするのである。

7/19 連載「心」(八十七)、順調に進行中、本日、遂にあの雨上がりの富坂下のシーンとなった。今回、参謀本部陸軍部測量局五千分一東京図測量原図「東京府武蔵国小石川区小石川表町近傍」によって、あの場面の最後で、先生は富坂を下っていたのではなく富坂下から柳町交差点へと『上っていた』という私の発見した新事実を、是非、お確かめあれ!

7/12 「耳嚢 巻之三」に「人の詞によりて佛像流行出す事」を収載。「連載「心」(八十)、順調に進行中

7/11「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、「耳嚢 巻之三」の頁を創設、これより全10巻1000話全翻刻全訳注プロジェクト第3期を開始する。まずは第一話「聊の事より奇怪を談じそめる事」を収載した。「連載「心」(七十九)、順調に進行中、本日分では「先生=フランケンシュタイン」仮説を御披露した。

7/5 
ブログ開設5周年テクストとして「尾形亀之助就職時の仙台市役所提出に係るブッ飛ビの履歴書三通」をブログ及び「心朽窩 新館」に公開。「連載「心」(七十二)、順調に進行中、本日、遂にKが登場。

7/4 連載「心」(七十二)、順調に進行中、本日、最終章第(百十)回のテクストと摑みの自動更新登録を完了した。

7/3 連載「心」(七十一)、順調に進行中、本日、最後の2章、第(百九)回及び第(百十)回のテクスト化と摑みに入った。既に第(百八)回迄の自動更新登録は完了した。明日にでも私が死なない限り、プロジェクトの達成はほぼ間違いないところに辿り着いた。何人かの皆さんの暖かい御声援の御蔭であった。この場を借りて御礼申し上げる。

6/29 Mamorial to Eric Dolphy
連載「心」(六十七)、順調に進行中

6/26 HP開設5周年記念テクストとして「尾形龜之助歌集」を「心朽窩 新館」に公開。連載「心」(六十四)、順調に進行中、遂に先生が下宿に引き移った。

6/16 
ブログ230000アクセス記念として「雑誌『月曜』第一卷第一號 編輯後記 尾形龜之助」を「心朽窩 新館」に公開。連載「心」(五十五)、順調に進行、遂に「こゝろ」「下 先生と遺書」相当パートに入った

6/15 朝日新聞連載 夏目漱石『心 先生の遺書(三十七)~(五十四)――(単行本「こゝろ」「中 兩親と私」相当パート) 附♡やぶちゃんの摑み』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開、連載「心」(五十四)、順調に進行、遂に明日、「こゝろ」「下 先生と遺書」相当パートに入る

6/5 ブログに『「藪の中」最後のやぶちゃんの摑み』を掲載。連載「心」(四十四)、順調に進行中

6/4 「耳嚢 巻之二」に目次を附した。「心」同日掲載に専心する為、「耳嚢」の「卷之三」の始動は7月末か8月上旬まで延期。連載「心」(四十三)、順調に進行中

5/30 芥川龍之介「ひよつとこ (■初出稿及び□決定稿)」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。「耳嚢 巻之二」に「福を授る福を植るといふ事」を収載、本話を以って「耳嚢 卷之二」全訳注を完成した。連載「心」(三十八)、順調に進行中

5/29 朝日新聞連載 夏目漱石『心 先生の遺書(一)~(三十六)――(単行本「こゝろ」「上 先生と私」相当パート) 附♡やぶちゃんの摑み』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開、連載「心」(三十七)、順調に進行、「こゝろ」「兩親と私」相当パートに入る。更に「心」連載終了直後に書かれた芥川龍之介の「青年と死と」を正字正仮名で、同じく「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開(「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」のページのエンコードをUnicode (UTF-8) に変更したので、表示されない場合はエンコード変更をされたし)。「耳嚢 巻之二」に「鼬の呪の事」及び「一休和尚道歌の事」を収載。

5/27 「耳嚢 巻之二」に「寺をかたり金をとりし者の事」を収載。連載「心」(三十五)、順調に進行中

5/26 「耳嚢 巻之二」に「義は命より重き事」を収載。

5/25 「耳嚢 巻之二」に「志す所不思議に屆し事」を収載。

5/24 「耳嚢 巻之二」に「好む所左も有べき事」を収載。

5/23 「耳嚢 巻之二」に「不受不施宗門の事」を収載。連載「心」(三十四)、順調に進行中。但し、明日五月二十四日自同二十六日至三箇日の間、過日大正三年四月九日に崩御せられし明治天皇皇后昭憲皇太后御大葬之儀二十四日代々木葬場殿之御儀二十五自二十六日至兩日伏見桃山東陵斂葬之御儀が爲本部録具「鬼火日々之迷走」連載中なる「心」連載は本年同日中同じく休止とせることを報知す。

5/22 「耳嚢 巻之二」に「其法に精心をゆだねしるしある事」を収載。連載「心」(三十三)、順調に進行中

5/19 「耳嚢 巻之二」に「上州池村石文の事」を収載。連載「心」(三十)、順調に進行中

5/18 「耳嚢 巻之二」に「國によりて其風俗かわる事」を収載。連載「心」(二十九)、順調に進行中

5/17 「耳嚢 巻之二」に「貧窮神の事」を収載。連載「心」(二十八)、順調に進行中

5/14 「耳嚢 巻之二」に「妙鏡庵起立の事」を収載。連載「心」(二十五)、順調に進行中

5/13 「耳嚢 巻之二」に「池尻村の女召使ふ間敷事」を収載し、関連して南方熊楠「池袋の石打ち」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。連載「心」(二十四)、順調に進行中

5/11 「耳嚢 巻之二」に「奸智永續にあらざる事」を収載。連載「心」(二十二)、順調に進行中

5/10 「耳嚢 巻之二」に「思はず幸を得し人の事」を収載。連載「心」(二十一)、順調に進行中

5/9 「耳嚢 巻之二」に「非情の者恩を報ずる事」を収載。連載「心」(二十)、順調に進行中

5/8 「心」同日連載を記念して『「こゝろ」マニアックス』のページをリニューアルした。「耳嚢 巻之二」に「畜類仇をなせし事」を収載。連載「心」(十九)、順調に進行中

5/6 「耳嚢 巻之二」に「公家衆狂歌の事」を収載。連載「心」(十七)、順調に進行中

5/5 「耳嚢 巻之二」に「忠死歸するが如き事」を収載。連載「心」(十六)、順調に進行中

5/2 「耳嚢 巻之二」に「奇病の事」を収載。連載「心」(十三)、順調に進行中

5/1 私と妻の磁器婚式。
「耳嚢 巻之二」に「水に清濁輕重ある事」を収載。連載「心」(十二)、順調に進行中

4/29 「耳嚢 巻之二」に「猥に人命を斷し業報の事」を収載。連載「心」(十)、順調に進行中

4/25 「やぶちゃん版芥川龍之介全句集」に類型句2句及び新発見句2句を追加。「耳嚢 巻之二」に「強氣勇猛自然の事」を収載。「僕と因縁のサイト」に夢幻実験室 エスプレッソ横濱 The Unlimited Dream Laboratoryをリンク。連載「心」(六)、順調に進行中

4/24 ブログ「夕顔へ――極私的通信」に「こゝろ」について、今までに公言したことのない見解を記したのでこちらにもリンクを張る。「こゝろ」は、「靜」を除く総て――先生・K・奥さん・学生の「私」そして筆者夏目漱石――が大きなPTSD(心的外傷後ストレス障害)を受けているために他者と乖離しているという見解である。御関心ある向きはお読みあれ。「耳嚢 巻之二」に「強勇の者御仕置を遁れし事」を収載。連載「心」(五)、順調に進行中

4/22 
ブログ220000アクセス記念として「芥川龍之介関連昭和2(1927)年8月7日付片山廣子書簡(山川柳子宛)」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。「耳嚢 巻之二」に「明君其情惡を咎給ふ事」を収載。連載「心」(三)、順調に進行中

4/20 ブログ・カテゴリ「こゝろ」『東京朝日新聞』大正3(1914)年4月20日(月曜日)掲載の夏目漱石作「心」「先生の遺書」第一回を掲載、
念願であった大正3年と同月同日の「心」ブログ連載(附「やぶちゃんの摑み」)を開始。計画通りに行けば8月11日に全篇を終了する。長いプロジェクトとなる。

4/19 「耳嚢 巻之二」に「茶事物語の事」を収載。

4/18 「耳嚢 巻之二」に「供押の足輕袴を着す古實の事」を収載。

4/17 「耳嚢 巻之二」に「兩頭蟲の事」を収載。

4/16 「耳嚢 巻之二」に「覺悟過て恥を得し事」を収載。

4/15 「耳嚢 巻之二」に「才女手段發明の事」を収載。

4/14 「耳嚢 巻之二」に「其家業に身命を失ひし事」を収載。

4/13 「耳嚢 巻之二」に「會下村次助が事」を収載。

4/12 「耳嚢 巻之二」に「佛道に猫を禁じ給ふといふ事」を収載。

4/11 「耳嚢 巻之二」に「藝道其心志を用る事」を収載。

4/10 初MRI診断記念(同画像はブログでここからここまでにアップしてある。萎縮した前頭葉は見ものだ)として「耳嚢 巻之二」に「聊の心がけにて立身をなせし事」「手段にて權家へ取入りし事」「狂歌にて咎をまぬがれし事」「火災に感通占ひの事」四篇を一挙収載。

4/9 「耳嚢 巻之二」に「瀨名傳右衞門御役に成候に付咄しの事」を収載。

4/8 「耳嚢 巻之二」に「事に望みてはいかにも靜に考べき事」を収載。

4/7 放哉忌/Atom Birthday
「耳嚢 巻之二」
に「小兒手打手段の事」を収載。

4/6 「耳嚢 巻之二」に「村井何某祖母武勇の事」を収載。

4/5 「耳嚢 巻之二」に「いわれざる事なして禍を招く事」を収載。

4/3 「耳嚢 巻之二」に「強氣の者召仕へ物を申付し事」及び「本妙寺火防札の事」二篇を収載。

4/2 「耳嚢 巻之二」に「賣僧を辱しめ母の愁を解し事」を収載。

4/1 「耳嚢 巻之二」に「人の心取にて其行衞も押はからるゝ事」を収載。

3/31 「耳嚢 巻之二」に「外科不具を治せし事」を収載。

3/30 「耳嚢 巻之二」に「畜類又恩愛深き事」を収載。

3/29 「耳嚢 巻之二」に「好色者京都にて欺れし事」を収載。

3/28 「耳嚢 巻之二」に「公家衆其賢德ある事」及び「位階に付さも有るべきことながら可笑しき噺の事」の二篇を収載。

3/27 「耳嚢 巻之二」に「村政の刀御當家にて禁じ給ふ事」及び「利欲應報の事」の二篇を収載。

3/26 「耳嚢 巻之二」に「猫の人に化し事」及び「猫人に付し事」の二篇を収載。

3/25 「耳嚢 巻之二」に「異變に臨み熟計の事」を収載。

3/24 「耳嚢 巻之二」に「藝道手段の事」(二篇)を収載。

3/23 「耳嚢 巻之二」に「賤者又氣性ある事」を収載。

3/22 「耳嚢 巻之二」に「臨死不死運の事」を収載。

3/21 「耳嚢 巻之二」に「妖術勇気に不勝事」を収載。

3/20 片山廣子のアイルランド伝説集訳から「カッパのクー」――これは芥川龍之介の「河童」への密やかなオードである――を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。また、「耳嚢 巻之二」に「神道不思議の事」を収載。

3/19 「耳嚢 巻之二」に「仁慈輙くなせし事」を収載。

3/18 「耳嚢 巻之二」に「人の血油藥となる事」を収載。

3/17 「耳嚢 巻之二」に「人の命を救ひし物語の事」を収載。

3/16 「耳嚢 巻之二」に「鄙姥冥途へ至り立歸りし事」を収載。

3/15 「耳嚢 巻之二」に「小堀家稻荷の事」を収載。

3/14 「耳嚢 巻之二」に「鎌原村異變の節奇特の取計致候者の事」を収載。

3/10 Seki氏という未知の方から御教授を戴き、芥川龍之介「骨董羹」の「聊齋志異」の項に現れる「崑崙外史」の私の注及び『芥川龍之介「骨董羹―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文―」に基づくやぶちゃんという仮名のもとに勝手自在に現代語に翻案した「骨董羹(中華風ごった煮)―寿陵余子という仮名のもと筆を執った戯れごと―」という無謀不遜な試み やぶちゃん(copyright 2009 Yabtyan)』の注及び現代語訳を全面補正した(改訂した注に関わる部分のみをブログ『芥川龍之介「骨董羹」の「聊齋志異」に現れたる諸注『不詳』とせる「崑崙外史」は蒲松齡友人張篤慶なり!』にも置いた)。
これは旧来の筑摩全集類聚版の脚注も、最新の岩波新芥川龍之介全集の注も伴に『不詳。』としているものである。芥川龍之介が言った「崑崙外史」に関わるこの部分を、僕等の多くが、訳も分からず読んでいた、私のように誤魔化して分かった積りでいた、という事実がはっきりした。必読せずんばあらず。Seki氏に心から感謝の意を表します。更に、南方熊楠「武辺手段の事」の「韃靼帝の子カッサン」の注を補正した。夕刻、「耳嚢 巻之二」に「孝子そのしるしを顯す事」及びその二である「又」を併載。

3/6 「耳嚢 巻之二」に「百姓その心得尤成事」を収載。

3/5 「耳嚢 巻之二」に「淺草觀音にて鷄を盜し者の事」を収載。

3/3 「耳嚢 巻之二」に「人の不思議を語るも信ずべからざる事」を収載。

3/2 
ブログ210000アクセス記念として「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」を完成、公開した。また、「耳嚢 巻之二」に「戲藝侮るべからざる事」を収載し、ブログ・カテゴリ芸術・文学」から新たに「Art」を分離した。

3/1 「耳嚢 巻之二」に「兵庫屋彌兵衞松屋四郎兵衞起立の事」を収載。

2/28 「耳嚢 巻之二」に「實心可感事」を収載。

2/27 「耳嚢 巻之二」に「又(かたり致せし出家の事 その二)」を収載。

2/24 「耳嚢 巻之二」に「品川にてかたり致せし出家の事」を収載。

2/23 「耳嚢 巻之二」に「浪華任俠の事」を収載。

2/22 「耳嚢 巻之二」に「非人にも賢者ある事」を収載。

2/21 「耳嚢 巻之二」に「怪我をせぬ呪札の事」を収載。

2/20 「耳嚢 巻之二」に「賤妓家福を得し事」を収載。

2/19 「耳嚢 巻之二」に「賤妓發明加護ある事」を収載。

2/18 「耳嚢 巻之二」に「正直に加護ある事 附豪家其氣性の事」を収載。

2/17 「耳嚢 巻之二」に「藝道上手心取の事」を収載。

2/15 53歳の誕生日。「耳嚢 巻之二」に「古物不思議に出る事」を収載。

2/14 「耳嚢 巻之二」に「信心に奇特ある事」を収載。

2/13 「耳嚢 巻之二」に「無思掛悟道の沙汰有し事」を収載。

2/11 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「魍魎」を収載。「耳嚢 巻之二」に「日の御崎神事の事」を収載。

2/10 「耳嚢 巻之二」に「吉比津宮釜鳴の事」を収載。

2/9 「耳嚢 巻之二」に「執心殘りし事」を収載。

2/8 「耳嚢 巻之二」に「幽靈なしとも難極事」を収載。

2/7 上海在住の未知の方F様の御教授により、芥川龍之介「上海游記」の「二十 徐家匯」の「十字聖架萬世瞻依」の注を追加補正し、許可を得て、その方の撮影された現在の徐光啓記念館の写真5葉を掲載させて頂いた。昼、「耳嚢 巻之二」に「堀部彌兵衞養子の事」を、「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「魃」を収載。

2/6 井上英作忌

2/3 「耳嚢 巻之二」に「解毒の法可承置事」を収載。

2/2 「耳嚢 巻之二」に「蕎麥を解す奇法の事」を収載。

2/1 「耳嚢 巻之二」に「蟲齒痛を去る奇法の事」を収載。

1/31 「耳嚢 巻之二」に「小兒に異物ある事」を収載。

1/30 「耳嚢」に「怪僧墨蹟の事」を収載、本話を以て「耳嚢 卷之一」全訳注、完成。これを受けて「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、「耳嚢 巻之二」の頁を創設、これより全10巻1000話全翻刻全訳注プロジェクト第2期を開始する。まずは第一話「蛇を養ひし人の事」を収載した。

1/28 南方熊楠「武辺手段のこと」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開、同時に、その素材となった「耳嚢」の「武邊手段ある事」を収載。

1/27 「耳嚢」に「異物又奇偶ある事」を収載。

1/26 「耳嚢」に「名君世の助を捨給はざる事」を収載。

1/25 「耳嚢」に「一心の決處願ひ成就する事」を収載。

1/24 「耳嚢」に「尊崇する所奇瑞の事」を収載。

1/23 「耳嚢」に「不思議なしとも難極事」を収載。

1/22 「耳嚢」に「前生なきとも難極事」を収載。

1/21 「耳嚢」に「土屋相模守御加増ありし事」及び「時代うつりかはる事」の二件を併載。

1/19 「耳嚢」に「有德院樣御鷹野先の事 附羅漢寺御請殊勝の事」を収載。

1/18 浅川マキ悼(ブログ「浅川マキへ」)。

1/17 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「山精」を、「耳嚢」に「奇病并鍼術の事」を収載。

1/16 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「やまわろ」を、「耳嚢」に「舊室風狂の事」を収載。

1/14 「耳嚢」に「天命自然の事」を収載。

1/13 「耳嚢」に「人性忌嫌ふものある事」を収載。

1/12 「耳嚢」に「蜂の巣を取捨る呪の事」を収載。

1/11 「耳嚢」に「實母散起立の事」を収載。

1/10 「耳嚢」に「雷を嫌ふ事あるまじき事」及び「碁所道智御答の事」の二件を収載。

1/9 「耳嚢」に「信念に奇特有し事」を収載。昨夜来よりHPの殆んどのページの行間を2倍に改造した。幾分は読み易くなったものと思う。今後ともHPテクスト御用達の程。

1/8 「耳嚢」に「人の運不可計事」及び同系話「又」の二件を連続収載。

1/7 「耳嚢」に「足利聖像の事」を収載。

1/6 「耳嚢」に「藥研堀不動起立の事」を収載。

1/4 「耳嚢」に「金春太夫藝評を申上し事」を収載。

1/3 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「さんくわい」及び「木客」を収載。

1/2 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「山都」を収載。

2010/1/1 迎春 今年もブログ「鬼火~日々の迷走」ともどもよろしく御鞭撻の程。クラークさん、2010年になっちゃいましたが、ソヴィエトはもうありんせんよ。
「耳嚢」に「京都風の神送りの事」を収載。

2009年

2009/12/31 「耳嚢」に「兩國橋幾世餠起立の事」を収載。

12/30 「耳嚢」に「大木口哲大坂屋平六五十嵐狐膏藥江戸鄽最初の事」を収載。

12/29 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「狒狒」を収載。

12/24 ブログ200000アクセス記念として「芥川龍之介遺書全6通 他 関連資料1通 ≪2008年に新たに見出されたる遺書原本やぶちゃん翻刻版 附やぶちゃん注≫」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

12/23 「耳嚢」に「山中鹿之助武邊評判段の事」及び「澤庵壁書の事」を収載。

12/21 「耳嚢」に「物は一途に無候ては成就なき事」を収載。

12/19 「耳嚢」に「鬼谷子心取物語の事」を収載。

12/18 『片山廣子「五月と六月」を主題とした藪野唯至による七つの変奏曲』を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

12/16 「耳嚢」に「松平康福公狂歌の事」を収載。

12/15 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「野女」を収載。

12/14 「耳嚢」に「井伊家質素の事」を収載。

12/12 「耳嚢」に「頓智不可議事」を収載。

12/10 「耳嚢」に「戲書鄙言の事」を収載。

12/9 「耳嚢」に「江戸武氣自然の事」を収載。

12/6 「耳嚢」に「天道の論諭の事」を収載。

12/5 「耳嚢」に「下賤の者にも規矩見識のある事」を収載。

12/4 「耳嚢」に「弓術故實の事」を収載。

12/1 「耳嚢」に「江戸贔屓發句の事」を収載。

11/29 「耳嚢」に「水野家士岩崎彦右衞門が事」を収載。

11/28 ブログに片山廣子の実質的な辞世の歌に関わる記載を三件続けて記載(ブログ・カテゴリ片山廣子)。カテゴリ「耳嚢」に「小刀銘の事」を収載。

11/27 「耳嚢」に「酒井忠實儉約を守る事」を収載。

11/24 「耳嚢」に「紀州治貞公賢德の事」を収載。

11/23 「耳嚢」に「儉約を守る歌の事」を収載。

11/22 ブログに「片山廣子 しろき猫 或いは 「――廣子さん、狐になって、彼のところへお行きなさい――」を掲載。 「耳嚢」に「犬に位を給はりし事」を収載。

11/21 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「猩猩」を収載。「耳嚢」に「河童の事」を収載。

11/20 「耳嚢」に「惡女歌の事」及び「女をいましめし歌の事」を収載。

11/19 「耳嚢」に「諺歌の事」を収載。

11/18 「耳嚢」に「大通人の事。并圖」を収載。

11/17 「耳嚢」に「烏丸光榮入道卜山の事」を収載。

11/16 「耳嚢」に「池田多治見が妻和歌の事」を収載。

11/15 「耳嚢」に「相學奇談の事」を収載。

11/14 「耳嚢」に「狂歌の事」を収載。

11/13 「耳嚢」に「下わらびの事」を収載。

11/12 「耳嚢」に「妖怪なしとも極難申事」を収載。

11/11 「耳嚢」に「大岡越前守金言の事」を収載。

11/10 「耳嚢」に「柳生家門番の事」を収載。

11/9 「耳嚢」に「柳生但馬守心法は澤庵の弟子たる事」を収載。

11/8 「耳嚢」に「爲廣塚の事」を収載。

11/7 「耳嚢」に「傾城奸計の事」を収載。

11/5 「耳嚢」に「不義には不義の禍ある事」を収載。

11/4 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「ざんこ」を収載。

11/3 「耳嚢」に「山事の手段は人の非に乘ずる事」を収載。

10/30 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「果然」を収載。

10/29 ブログ190000アクセス記念として、Иван Сергеевич Тургенев“Лес и степь”ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「森と曠野」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。また、「耳嚢」に「金精神の事」及び「陽物を祭り富を得る事」を収載。

10/26 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「猨」を収載。

10/24 「耳嚢」に「怨念無之共極がたき事」を収載。

10/23 「耳嚢」に「微物奇術ある事」を収載。

10/22 「耳嚢」に「藝は智鈍に寄らざる事」を収載。

10/21 「耳嚢」に「鼻金剛の事」を収載。

10/20 「耳嚢」に「金春太夫の事」を収載。

10/18 「耳嚢」に「耳嚢 燒床呪の事」及び「蠟燭の流れを留る事」二篇を収載。

10/17 「耳嚢」に「羽蟻を止る呪の事」を収載。ブログ・カテゴリ「耳嚢を創成し、ブログでの閲覧も可能な同時公開方式に変更、既公開分も総てそのように改造した。

10/15 「耳嚢」に「石谷淡州狂歌の事」を収載。

10/14 「耳嚢」に「大陰の人因果の事」を収載。

10/13 「耳嚢」に「御力量の事」を収載。

10/12 「耳嚢」に「人の精力しるしある事」を収載。

10/11 「耳嚢」に「奇術の事」を収載。

10/10 「耳嚢」に「貨殖工夫の事」を収載。

10/9 「耳嚢」に「長尾全庵が家起立の事」を収載。

10/8 「耳嚢」に「妖氣不勝強勇に事」を収載。

10/7 「耳嚢」に「和國醫師僧官起立の事」及び「南光坊書記を寫せる由の事」を収載。

10/5 「耳嚢」に「淨圓院樣御賢德の事」を収載。

10/4 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「むくげざる」を収載。「耳嚢」に「仁君御慈愛の事」を収載。

10/3 ブログ・カテゴリに「こゝろ」を創成。勿論、夏目漱石の「こゝろ」である。「耳嚢」に「やろかつといふ物の事」及び「ちかぼしの事」を収載。「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「玃」を収載。

10/1 「耳嚢」に「萬年石の事」を収載。

9/30 「耳嚢」に「觀世新九部修行自然の事」を収載。

9/29 「耳嚢」に「惡敷戲れ致間敷事 附惡事に頓智の事」を収載。

9/27 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」に「獼猴(サル)」を完全収載。「耳嚢」に「兩國橋懸替の事」及び「盲人かたり事いたす事」を収載。

9/26 「和漢三才圖會」の「巻第四十 寓類 恠類」の電子化プロジェクトを始動。「耳嚢」に「有德院樣御射留御格言の事 附 御仁心の事」及び「積聚の事」を収載。

9/24 「耳嚢」に「小野次郎右衛門遠流の事 附御免にて被召歸事」を収載。

9/23 「耳嚢」に「小野次郎右衛門出世の事 附伊藤一刀斎の事」を収載。

9/22 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に、正字正仮名に基づく根岸鎭衛の「耳嚢」の「巻之一」の頁を創設、これより10巻1000話のプロジェクトを開始する。勿論、オリジナルのやぶちゃん注及びやぶちゃんの現代語訳附きである。本日はまずは冒頭の「禪氣狂歌の事」と「下風道二齋が事」の二篇を公開。――しかし、余りに路は遠い――

9/21 芥川龍之介「誘惑――或シナリオ――」に注を附し、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

9/20 芥川龍之介「湖南の扇」に注を附し、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。ブログに『無知も甚だしいエッセイ池内紀「作家の生きかた」への義憤が芥川龍之介の真理を導くというパラドクス』を掲載。

9/17 尾形亀之助 詩集 「色ガラスの街」 〈初版本バーチャル復刻版〉を「心朽窩 新館」に公開。これは、9/6で示した通りの現状にあって、
現在、望み得る最良の『色ガラスの街』テクストであるという自負はある。

9/14 芥川龍之介「桃太郎」(初出版)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

9/13 芥川龍之介『支那游記』参考資料として、芥川龍之介「岩見重太郎」(「僻見」より)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

9/6 
ブログに思潮社増補改訂版「尾形亀之助全集」及びそれを元にした尾形亀之助の詩集『色ガラスの街』についての18件に及ぶ疑義を連載した。ブログ・カテゴリ「尾形亀之助」でお読み戴きたい。これは全集の当該『色ガラスの街』詩集部分の再校訂が望まれる程の、重大な疑義である。

9/2 ブログ180000アクセス記念として「尾形亀之助拾遺 附やぶちゃん注」を「心朽窩 新館」に公開。

8/30 夏の終わりに。芥川龍之介『支那游記』参考資料として、「芥川龍之介中国旅行関連書簡群(全53通) 附やぶちゃん注釈」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

8/11 芥川龍之介『支那游記』参考資料として、「芥川龍之介中国旅行関連(『支那游記』関連)手帳(計2冊)」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

8/9 ブログ記載2000記念として芥川龍之介「北京日記抄」やぶちゃん注釈附き完全版を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。これを以てHPにやぶちゃん注釈附き芥川龍之介中国紀行文集『支那游記』の全篇を公開したこととなる。

8/3 ブログに芥川龍之介「北京日記抄 五 名勝」を公開。これを以ってやぶちゃん注釈版の芥川龍之介「北京日記抄」ブログ公開を終了した。ブログ及びHPを合わせると、芥川龍之介の『支那游記』はこれで総て漏れなく公開したことになる。

8/2 ブログに芥川龍之介「北京日記抄 四 胡蝶夢」を公開。

7/31 Memorial to Bud Powell
ブログに芥川龍之介「北京日記抄 三 十刹海」を公開。

7/30 ブログに芥川龍之介「北京日記抄 二 辜鴻銘先生」を公開。

7/29 芥川龍之介の単行本『支那游記』自序(附やぶちゃん注釈)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。夕刻、芥川龍之介「長江游記」やぶちゃん注釈附き完全版を正字正仮名で同じく「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。更にブログ・カテゴリ『芥川龍之介「北京日記抄」』を創始、まずは冒頭芥川龍之介「北京日記抄 一 雍和宮」を公開。

7/28 ブログに芥川龍之介「長江游記 三 廬山(下)」を公開。これを以ってやぶちゃん注釈版の芥川龍之介「長江游記」ブログ公開を終了した。

7/27 ブログに芥川龍之介「長江游記 三 廬山(上)」を公開。

7/26 ブログに芥川龍之介「長江游記 二 溯江」を公開。

7/25 ブログに芥川龍之介「長江游記 一 蕪湖」を公開。

7/24 82年遠忌河童忌記念として芥川龍之介「江南游記」やぶちゃん注釈附き完全版を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。続いて、ブログ・カテゴリ『芥川龍之介「長江游記」』を創始、まずは冒頭に芥川龍之介「長江游記 前置き」を公開。

7/23 Mamorial to Alan Leroy
ブログに芥川龍之介「江南游記 二十七 南京(上)」「江南游記 二十七 南京(中)」「江南游記 二十七 南京(下)」を公開。これを以ってやはり丁度一ヶ月に及んだやぶちゃん注釈版の芥川龍之介「江南游記」ブログ公開を終了した。

7/22 ブログに芥川龍之介「江南游記 二十四 古揚州(中)」「江南游記 二十五 古揚州(下)」及び「江南游記 二十六 金山寺」を公開。

7/21 ブログに芥川龍之介「江南游記 二十三 古揚州(上)」を公開。

7/20 ブログに芥川龍之介「江南游記 二十二 大運河」を公開。

7/19 ブログに芥川龍之介「江南游記 二十一 客棧と酒棧」を公開。

7/18 ブログに芥川龍之介「江南游記 二十 蘇州の水」を公開。

7/17 ブログに芥川龍之介「江南游記 十九 寒山寺と虎邱と」を公開。

7/16 ブログに芥川龍之介「江南游記 十八 天平と靈巖と(下)」を公開。

7/15 ブログに芥川龍之介「江南游記 十七 天平と靈巖と(中)」を公開。

7/14 ブログに芥川龍之介「江南游記 十六 天平と靈巖と(上)」を公開。

7/13 ブログに芥川龍之介「江南游記 十五 蘇州城内(下)」を公開。

7/12 ブログに芥川龍之介「江南游記 十四 蘇州城内(中)」を公開。特に僕の好きな章である。

7/11 ブログに芥川龍之介「江南游記 十三 蘇州城内(上)」を公開。

7/10 ブログに芥川龍之介「江南游記 十二 西湖(六)」を公開。

7/9 ブログに芥川龍之介「江南游記 十一 西湖(五)」を公開。

7/8 ブログに『プルートゥ又は「史上最大のロボット」とは誰か?』を記載し、今までの「プルートゥ」関連記事を纏めるためにブログ・カテゴリ「プルートゥ」を創始。同じく、ブログに芥川龍之介「江南游記 十 西湖(五)」を公開。

7/7 ブログに芥川龍之介「江南游記 九 西湖(四)」を公開。

7/6 ブログ170000アクセス記念として、芥川龍之介「雜信一束」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。また、ブログに芥川龍之介「江南游記 八 西湖(三)」を公開。

7/5 本日、ブログ 「blog鬼火~日々の迷走」開設4周年。ブログに芥川龍之介「江南游記 七 西湖(二)」を公開。

7/3 ブログに芥川龍之介「江南游記 六 西湖(一)」を公開。

7/1 ブログに芥川龍之介「江南游記 五 杭州の一夜(下)」を公開。

6/29 Mamorial to Eric Dolphy
ブログに芥川龍之介「江南游記 四 杭州の一夜(中)」を公開。

6/28 ブログに芥川龍之介「江南游記 三 杭州の一夜(上)」を公開。

6/27 ブログに芥川龍之介「江南游記 二 車中(承前)」を公開。

6/26 HP開設4周年。現在、HPディスク容量は108MBを超過、今後とも「鬼火」をよろしく。瑣事多忙に附、記念テクストは近時到来するブログ170000アクセスに譲りたい。

6/25 ブログに芥川龍之介「江南游記 一 車中」を公開。

6/23 
ブログ・カテゴリに『芥川龍之介「江南游記」』を創始、まずは冒頭に芥川龍之介「江南游記 前置き」を公開。また……始めてしまった……。

6/17 芥川龍之介「上海游記」やぶちゃん注釈附き完全版を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

6/16 ブログに芥川龍之介「上海游記 二十 徐家匯」及び「上海游記 二十一 最後の一瞥」を公開、これを以って丁度一ヶ月に及んだやぶちゃん注釈版の芥川龍之介「上海游記」ブログ公開を終了した。

6/15 ブログに芥川龍之介「上海游記 十九 日本人」を公開。

6/14 ブログに芥川龍之介「上海游記 十七 南國の美人(下)」及び「上海游記 十八 李人傑氏」を公開。

6/13 ブログに芥川龍之介「上海游記 十六 南國の美人(中)」を公開。

6/12 ブログに芥川龍之介「上海游記 十五 南國の美人(上)」を公開。

6/10 芥川龍之介談「新藝術家の眼に映じた支那の印象」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

6/9 ブログに「上海游記 十四 罪」を公開。

6/6 ブログに芥川龍之介「上海游記 十三 鄭孝胥氏」を公開。

6/5 ブログに芥川龍之介「上海游記 十二 西洋」を公開。

6/3 ブログに芥川龍之介「上海游記 十一 章炳麟氏」を公開。

6/2 ブログに芥川龍之介「上海游記 十 戲臺(下)」を公開。更に昨日の「上海游記 九 戲臺(上)」本文注の内容と今回のものについて、ブログに「緑牡丹は白牡丹なり!――芥川龍之介「上海游記」の芸名の誤り」を掲載。

6/1 ブログに芥川龍之介「上海游記 九 戲臺(上)」を公開。
本注に記した如く、文中の京劇俳優「緑牡丹」は別人の「白牡丹」であることが判明した。向後、「上海游記」のテクストの該当部分は総て初出通り、「白牡丹」に訂正されるべきである。

5/30 ブログに芥川龍之介「上海游記 八 城内(下)」を公開。

5/28 ブログに芥川龍之介「上海游記 七 城内(中)」を公開。

5/27 ブログに芥川龍之介「上海游記 六 城内(上)」を公開。

5/26 ブログに芥川龍之介「上海游記 五 病院」を公開。

5/25 ブログに芥川龍之介「上海游記 四 第一瞥(下)」を公開。

5/24 友人トーマス・ジョーンズへのオードたる芥川龍之介の「彼 第二」を、強力な注を附して正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開した。また、ブログに芥川龍之介「上海游記 三 第一瞥(中)」を公開。

5/18 ブログに芥川龍之介「上海游記 二 第一瞥(上)」を公開。

5/17 ブログ・カテゴリに『芥川龍之介「上海游記」』を創始、まずは冒頭芥川龍之介「上海游記 一 海上」を公開。

5/16 『片山廣子歌集「野に住みて」 全 附やぶちゃん注 』を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

5/10 『マツグ著「阿呆の言葉」(抄)――芥川龍之介「河童」に現われたる芥川龍之介のアフォリズム』を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

5/7 本ページの「心朽窩 旧館」コンテンツのレイアウト・呼称の一部を変更。

5/6 『片山廣子集《昭和6(1931)年9月改造社刊行『現代短歌全集』第十九巻版》 全 』を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

5/5 
無門關 全 淵藪野狐禪師訳注版」を本トップページに公開。更に昭和6(1931)年9月刊の改造社版『現代短歌全集』第十九巻「片山広子集」の披見により、「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》」の補正を行い、3首を追加、計234首とした。

5/4 ブログに「無門關 十三 徳山托鉢」及び「無門關 一 趙州狗子」の二篇を公開。これをもって「無門關」訳の総ての公開を終了。

5/3 ブログに「無門關 三十九 雲門話墮」「無門關 十七 國師三喚」「無門關 二十四 離却語言」の三篇を公開。

5/2 ブログに「無門關 三十一 趙州勘婆」を公開。

5/1 ブログに「無門關 十五 洞山三頓」を公開。

4/30 ブログに「無門關 十 清税弧貧」「無門關 四十二 女子出定」の二篇を公開。

4/29 ブログ160000アクセス記念として、『片山廣子第一歌集 「翡翠」 全 』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。ブログに「無門關 二十三 不思善惡」及び「無門關 四十七 兜率三關」の二篇を公開。

4/28 ブログに「無門關 十九 平常是道」を公開。

4/27 ブログに「無門關 二十八 久嚮龍潭」を公開。

4/26 『片山廣子歌集「野に住みて」抄――やぶちゃん琴線抄79首――』を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》」に編集作業中に脱落させてしまった一首があることを発見、計231首とした。ブログに「無門關 四 胡子無髭」を公開。

4/25 ブログに「無門關 四十八 乾峰一路」及び「無門關 三十五 倩女離魂」の二篇を公開。

4/24 ブログに「無門關 十六 鐘聲七條」を公開。

4/23 ブログに「無門關 八 奚仲造車」を公開。

4/22 ブログに「無門關 十二 巖喚主人」及び「無門關 三十六 路逢達道」の二篇を公開。

4/21 ブログに「無門關 三十 非心非佛」及び「無門關 三十四 智不是道」の二篇を公開。

4/20 ブログに「無門關 三十 即心即佛」を公開。

4/19 ブログに「無門關 二 百丈野狐」及び「無門關 二十七 不是心佛 」の二篇を公開。

4/18 『片山廣子「翡翠」抄――やぶちゃん琴線抄59首――』を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。ブログに「無門關 黄龍三關(無量宗壽偈)」「無門關 禪箴」「無門關 無門慧開後序」 /・「無門關 孟珙跋」の四篇を公開。夜、更にブログに「無門關 安晩跋 + 第四十九則語(安晩作)」をカップリングして公開。

4/17 ブログに「無門關 四十四 芭蕉拄杖」を公開。

4/16 ブログに「無門關 七 趙州洗鉢 」及び「無門關 十四 南泉斬猫」の二篇を公開。

4/15 ブログに「無門關 四十 趯倒淨瓶 」を公開。

4/14 ブログに「無門關 二十 大力量人」を公開。

4/13 ブログに「無門關 六 世尊拈花」を公開。

4/12 ブログに「無門關 禪宗無門關(無門慧開自序)」と 「無門關 三十二 外道問佛」の二篇を公開。

4/11 片山廣子「乾あんず」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。更に、第一歌集『翡翠』の披見により、「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》」の『翡翠』パートの順列を整序、新首を追加し、計230首とした。また、ブログに「無門關 二十五 三座説法」及び同書の冒頭に記される習庵陳塤(ちんけん)なる人物になる「習庵序」、及びそれに続く、慧開が記した「表文」(ひょうもん)を公開。

4/10 ブログに「無門關 三十八 牛過窓櫺」を公開。

4/9 ブログに「無門關 三十七 庭前栢樹」を公開。

4/8 ブログに「無門關 四十五 他是阿誰」を公開。

4/7 第二歌集『野に住みて』の入手により、「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》」に47首を追加、計220首とした。年代推定・注記等も多くをやり直した。またブログ・カテゴリに「片山廣子」を創始。

4/5 ブログに「無門關 四十六 竿頭進歩」及び「無門關 二十六 二僧卷簾」の二篇を公開。

4/4 ブログに「無門關 四十三 首山竹篦」及び「無門關 二十九 非風非幡」の二篇を公開。 後者に関わって、「やぶちゃん版芥川龍之介句全集二 発句拾遺」の「刹竿に動くは旗か木枯か」の句の注を補正。

4/3 ブログに「無門關 十一 州勘庵主」を公開。

4/2 片山廣子「最初のペイジ」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》」に、9首を追加し、更に全体改訂を行った。また、ブログに「無門關 五 香嚴上樹」を公開。

4/1 「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》」に14首を追加、計164首となる。また、ブログに「無門關 三 倶胝竪指」を公開。

3/17 南方熊楠「奇異の神罰」を強力な注を附して「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開。

3/31 「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》」に18首を追加、その前の追加2首と合わせて計150首となる。また、ブログに「無門關 十八 洞山三斤」を公開。

3/27 ブログに「無門關 二十二 迦葉刹竿」を公開。

3/25 ブログに「無門關 二十一 雲門屎橛」を公開。

3/24 ブログ・カテゴリに「無門關」を開門。手始めに「四十一 達磨安心」を公開。淵藪野狐禪師訳だ。危険がアブナイよ。

3/23 「片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集首補注版》」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

3/18 小幡宗左衛門「定より出てふたゝび世に交はりし事」附やぶちゃん訳注を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

3/17 南方熊楠「奇異の神罰」を強力な注を附して「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

3/14 幻の芥川龍之介の評論「シング紹介」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。更に岩波新全集最終巻第二十四巻縦覧により、新発見句5句を含む連句等を、柱「2008年12月刊行の岩波版新全集第二十四巻〔第二次版〕に現れたる俳句(書簡を除く)」で追加。その他にも注を追加した。また、同書補遺の書簡から新発見句3句他を追加し、これをもって新全集縦覧による改訂を全て終了した。
現在只今、私のこの「やぶちゃん版芥川龍之介全句集」は、如何なる著作、如何なるウェブ・ページよりも最多の芥川龍之介の俳句を公開しているという自負がある。

3/13 
花幻忌
 『高校生による「藪の中」殺人事件の一推理~「藪の中」殺人事件を推理する R.H.生(copyright 2009 Yabtyan-osiego)』「やぶちゃんのオリジナル授業ノート『「藪の中」殺人事件公判記録』」に別リンクで公開。僕の教え子の驚天動地の推理力をお楽しみあれ!

3/12 
菜の花忌
岩波新全集の縦覧により、「やぶちゃん版芥川龍之介句集四 続 書簡俳句 附辞世」に新発見句3句を掲載、十数箇所に及ぶ注の追加を行った。これをもって書簡の新全集縦覧による改訂を全て終了した。

3/11 芥川龍之介「點心」附やぶちゃん注を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、岩波新全集の縦覧により、「やぶちゃん版芥川龍之介句集三 書簡俳句」に朝鮮での嘱目吟六句他一句、計7句の新発見句を掲載、十数箇所に及ぶ注の追加を行った。これをもって「やぶちゃん版芥川龍之介句集三 書簡俳句」頁分の新全集縦覧による改訂を終了した。

3/8 パソコン復活。岩波新全集の縦覧により、「やぶちゃん版芥川龍之介句集三 書簡俳句」に新発見句「桃煙る中や筧の水洩るゝ」及び20数箇所に及ぶ注追加及びミス・タイプ訂正を行った。新全集によって発見された旧全集書簡配置の誤りに従い、入れ替えも行った。

3/4 瀕死のパソコンから、岩波新全集の縦覧により、「やぶちゃん版芥川龍之介句集三 書簡俳句」に新発見句16句及び注追加及びミス・タイプ訂正。

3/1 瀕死のパソコンから、ブログに「プルートゥ」論覚書として『さりながら「プルートゥ」のボラーとはあの「巨人」なり 又は エプシロンの魂(フォトン)は死にかけた僕のパソコンの夢を見る』を記載。

2/28 瀕死のパソコンから、芥川龍之介「侏儒の言葉――病牀雜記――」及び「野人生計事」のアフォリズム二篇を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、岩波新全集の縦覧により、「やぶちゃん版芥川龍之介句集三 書簡俳句」に新発見句「裏山の竹伐る音や春寒し」及び注追加及びミス・タイプ訂正。

2/27 瀕死のパソコンから「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に新全集縦覧による新発見句「凧三角、四角、六角、空、硝子」一句の追加他、「発句」ページへの注記を追加。

2/26 瀕死のパソコンから正式に上田秋成著「春雨物語」の「二世の縁」附やぶちゃん訳注(ブログ公開版の現代語訳を更にブラッシュ・アップしてある)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開し、「やぶちゃん版芥川龍之介句集」に新全集縦覧による追加補正。

2/24 死にかけたパソコンから辛くもブログに上田秋成著「春雨物語」から「二世の縁」附やぶちゃん訳注を公開。

2/21 章花堂著「金玉ねじぶくさ」から「讃州雨鐘の事」附やぶちゃん訳注三坂春編(はるよし)著「老媼茶話」から「乳定の執念」附やぶちゃん訳注(ブログ版のリニューアル増補版)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/15 僕の52歳の朝に尾形亀之助作品集『短編集』(未公刊作品集推定復元版 全22篇)・附やぶちゃん注を「心朽窩 新館」に公開。

2/14 芥川龍之介「藝術その他」とそれへの批評に対する反駁文「一批評家に答ふ」をカップリングして、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、「やぶちゃん版芥川龍之介全句集」に「蒲の穗はなびきそめつつ蓮の花」に河童の添えられた同句の画像と注記及び「更くる夜を上ぬるみけり泥鰌汁」の自筆原稿画像及び注記を追加。夜、芥川龍之介の座談録「我鬼氏の座談のうちから」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/11 
ブログ150000アクセス記念として、ジョン・M・シング著松村みね子訳「聖者の泉」(三幕)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、芥川龍之介「動物園」を削除部分補完・注追加をして大幅に改訂。

2/8 「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に岩波版旧全集月報9に示された疑義句(新発見句と称して良いと思う)12句と注記を追加。

2/6 井上英作忌

2/7 「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」にホトトギス「雜詠」欄(大正七年五月『ホトトギス』)二句を追加(但し、既に全く同じ句が後掲する「我鬼窟句抄」に有り)し、芥川龍之介の若き日の俳号「椒圖」に関わる注記を追加。

1/31 『芥川龍之介「骨董羹―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文―」に基づくやぶちゃんという仮名のもとに勝手自在に現代語に翻案した「骨董羹(中華風ごった煮)―寿陵余子という仮名のもと筆を執った戯れごと―」という無謀不遜な試み やぶちゃん翻案』を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/27 ブログに「尾形亀之助の不明の詩11篇について」及び「尾形亀之助「羽子板」「毒薬」について」を記載。

1/18 「尾形龜之助拾遺詩集 附やぶちゃん注」に、底本の末尾にある「異稿対照表」により、詩集「雨になる朝」及び「障子のある家」所載の詩の内、の初出形の分かる詩篇17篇を復元、該当時期の位置に追加(昨日1/17にも一篇追加)。

1/16 「やぶちゃん版芥川龍之介句集一 発句」末に岩波版新全集第七巻に所収する「文壇眞珠抄」(編者仮題)の異型句「殘雪や墓をめぐれば龍の髯」一句を含む8句、「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」に「花葛のからみ合ひたる夜明かな」(「會ひたる」の表記違い)を追加。

1/12 ブログ・カテゴリに蒲原有明を創始。

1/11 芥川龍之介「雜筆」附やぶちゃん注を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/10 芥川龍之介筆漢詩「不見萬里道 唯見萬里天」及び芥川龍之介の句「木の枝の瓦にさはる暑さ哉」萩原朔太郎揮毫「我れはもと虚無の鴉」の画像を心朽窩旧館の俳句・篇と小説・評論・随筆篇のトップページにサムネイル・リンク。

1/3 春らしい一篇、芥川龍之介17歳の折の「墨陀の櫻」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、ツルゲーネフ「散文詩」の残っていた挿絵全てをアップ。

2009/1/1 迎春 今年もブログ「鬼火~日々の迷走」ともどもよろしく御鞭撻の程。今年の僕のテクスト自己拘束はこちらを。「エロアの控え帳」ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 附やぶちゃん注を「心朽窩 新館」に公開。

2008年

2008/12/29 芥川龍之介「骨董羹―壽陵余子の假名のもとに筆を執れる戲文―」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

12/23 パソコン奇蹟の復活記念として「尾形龜之助拾遺詩集 附やぶちゃん注」を「心朽窩 新館」に公開。

12/13 「ぶどう畑のぶどう作り ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 附やぶちゃん注」を「心朽窩 新館」に公開。

12/6 ブログに『ユン・ドンジュ(尹東柱)「ツルゲーネフの丘」』を公開、Иван Сергеевич Тургенев“Стихотворение в прозе”ツルゲーネフ作中山省三郎訳「散文詩」の「乞食」にも同詩についての注を附した。芥川龍之介による抄訳「レオナルド・ダ・ヴインチの手記」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

11/29 
ブログ140000アクセス記念として、Иван Сергеевич Тургенев“Стихотворение в прозе”ツルゲーネフ作中山省三郎訳「散文詩」(全83篇)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。

11/24 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」は「海人草」(マクリ)を以って完結、「和漢三才圖會」水族の部、遂に完成せり。

11/22 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「玉柏」(マンネンスギ)・「艾納」(ゼニゴケ)・「馬勃」(オニフスベ・ホコリタケ類)を追加。

11/20 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「屋遊」(菌類・蘚苔類・地衣類・シダ類等)・「烏韭」(蘚類〈シノブ?・オドントソリア?・ホウオウゴケ?〉)・「百蘂草」(カナビキソウ?)・「卷柏」(イワヒバ)・「地柏」(イワヒバ科セラギネラ・クラウシアーナ)5項目を追加。

11/18 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「垣衣」(コケ植物・地衣類・シダ植物)及び「瓦松」(イワレンゲ?・ツメレンゲ?)を追加。

11/16 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「井中苔」(ミドロ類他)・「船底苔」(海産藻類)・「地衣」(蘚苔類・地衣類)・「石蕊」(地衣類〈ハナゴケ?・ウメノキゴケ?・ムシゴケ?〉)を追加。

11/15 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「陟釐」(ミドロ類)及び「乾苔」(アオノリ)を追加。

11/8 石橋思案・蒲原有明・田山花袋・石橋忍月・吉江孤雁・小栗風葉他による『二葉亭四迷訳「あひゞき」「めぐりあひ」(奇遇)「片戀」の反響(全八篇)』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」及び「心朽窩 新館」に公開。

11/7 『あひゞき 明治二十九(1896)年十月春陽堂刊「片戀」所収改稿版 イワン・ツルゲーネフ原作 二葉亭四迷譯』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」及び「心朽窩 新館」に公開。寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「苔類」(コケ植物総論)を追加。

11/3 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「水松」(ミル/刺胞動物のツノサンゴ類又はヤギ類)及び「海索麺」(ウミゾウメン)を追加。

11/1 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「鹿尾菜」(ヒジキ)を追加。

10/31 芥川龍之介「大川の水」を注釈を附して正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/26 「松江一中20期WEB同窓会・別館」を運営されている知人の情報提供を得て、「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」の「松江連句」に注を追加した。

10/25 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「昆布」(コンブ)を追加。

10/19 「尾形亀之助句集(附 尾形蕪雨一句・尾形余十五句)」をブログに掲載。ブログに「老媼茶話」より 「入定の執念」の現代語訳を掲載、加えて過去のこうしたブログ掲載テクストの幾つかについて、HPの各パートからもリンクして訪問者の便宜を図った。

10/18 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「海帯 末滑海藻」(アラメ/カジメ/サガラメ)を追加。

10/13 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「石蓴」(ワカメ)を追加。ブログに「老媼茶話」より 「入定の執念」のテクストを掲載。

10/12 Всеволод Михайлович Гаршин“То, чего не было”ガルシン作・神西清訳「夢がたり」を「心朽窩 新館」に公開。

10/11 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「紫菜」(アサクサノリ/カワノリ/スイゼンジノリ)を追加。

10/4 
ブログ130000アクセス記念として、Иван Сергеевич Тургенев“Касьян с Красивой мечи”ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「クラシーワヤ・カーチャのカシヤン」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。また、寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「龍鬚菜」(シラモ/コナハダ)及び「櫻苔」(サクラノリ/マツノリ)を追加。

10/2 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「十六島苔」(ウルップイノリ/アマノリ)を追加。

9/27 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「於期菜」(オゴノリ)及び「鹿角菜」(フノリ)を追加。

9/25 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「海蘊」(モズク)を追加。

9/20 8回目の授業を経て、芥川龍之介「藪の中」オリジナル授業案『「藪の中」殺人事件公判記録』を改訂。

9/16 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「鷄冠菜」(トサカノリ)を追加。

9/14 Всеволод Михайлович Гаршин“Красный цветок”ガルシン作・神西清訳「あかい花」を「心朽窩 新館」に公開。

9/12 ブログ・カテゴリに「Иван Сергеевич Тургенев」(イワン・セルゲーエヴィッチ・ツルゲーネフ)を創始し、新企画としてツルゲーネフ作・中山省三郎訳「散文詩」のブログでの逐次公開を開始。夕刻、寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「石花菜」(テングサ)を追加。

9/7 新企画テクストとしてВсеволод Михайлович Гаршин“Четыре дня”ガルシン作・神西清訳「四日間」を「心朽窩 新館」に公開。

9/6 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「海髪」(イギス)を追加。

9/3 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」に「莫鳴藻」(ホンダワラ)を追加。

8/31 寺島良安「和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に始動、目録及び「藻」(淡水藻)・「海藻」(海藻類及び海草類を例の通り翻刻、注記。

8/24 Иван Сергеевич Тургенев“Петр Петрович Каратаев”ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「ピョートル・ペトローヰッチ・カラターエフ」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。

8/22 Иван Сергеевич Тургенев“Уездный лекарь”ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「郡の医者」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。

8/21 ブログに「氷國絶佳瀧篇 其壱 Seljalandsfoss セリャランスフォス怒濤の9連写」(8/19)に始まり、本日の「氷國絶佳大切 地篇 其貳 Geysir ゲイシール」に終る11篇のアイスランド紀行(2008/8/9~8/18)を連続掲載。

8/19 Иван Сергеевич Тургенев“Хорь и Калиныч” ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「ホーリとカリーヌィチ」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開し、既公開の「猟人日記」の「死」のテクストに幾つかの僕の補注を追加した。

8/18  Иван Сергеевич Тургенев“Записки охотника”のindex配列を発表順に変更した。

8/8 Иван Сергеевич Тургенев“Бирюк” ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「狼(ビリューク)」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。アイスランドへ旅立つため、10日程更新は休止とする。悪しからず。

8/7 
ブログ120000アクセス記念として、江川書房昭和7(1932)年刊行の堀辰雄「聖家族」限定版の〈限定初版本バーチャル復刻版〉を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

8/6 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版新版正字體版)」を公開。

8/4 「僕との因縁のサイト」を補筆、小さいながら故井上英作氏のミクシィの氏の画像と焼身した場所のニュース画像を挿入した。

8/3 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版新版)」に異形の句を大幅に補充し、注釈を施した。

8/2 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」の再編成・改造を終了し、「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版新版)」と名を改めた。

8/1 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」の改造を始動。

7/31 Memorial to Bud Powell
Иван Сергеевич Тургенев“Свидание” ツルゲーネフ作・二葉亭四迷訳「あひゞき」及び中山省三郎訳「あひびき」の同一原作翻訳二種を正字正仮名で「心朽窩 新館」及び「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」(双方から閲覧可能)に公開。

7/30 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」に春秋社2007年刊の「増補決定版 尾崎放哉全句集」所収の新発見句22句を追加。

7/24 ブログにフリードリヒ「海辺の月の出」をアップ。

7/23 Mamorial to Alan Leroy
「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」に「沢芳衛宛書簡中に現れる句」を追加。ブログ・カテゴリにCapar David Friedrich」及びブログ・アルバムに僕の視線の中のCaspar David Friedrichを作成、「樫の森の中の修道院」及び「リーゼンゲビルゲの朝」「朝の田園風景(孤独な木)」をアップ。

7/22 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」に「拾遺句稿」を追加。

7/21 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」全篇を完全再校訂。

7/20 Иван Сергеевич Тургенев“Гамлет Щигровского уезда” ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「シチーグロフ郡のハムレット」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。

7/19 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「天蛇」(ヤマビル)及び「蛇皮」を追加し、遂に「卷第四十五」を完成した。また、「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」の誤植を訂正、ルビを排除。

7/16 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「両頭蛇」(シナヒメヘビ/結合両頭個体)を追加。

7/14 ブログ・カテゴリに「尾形亀之助」を作成。

7/13 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「蝮蛇」(ニホンマムシ)・「千歳蝮」・「野槌蛇」・(ツチノコ)「青蛇」(ジムグリ)・「螣蛇」を5項を追加。

7/12 Иван Сергеевич Тургенев“Смерть” ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「死」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。

7/6 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「熇尾蛇」(ヒバカリ)を追加。

7/5 ブログ 「
blog鬼火~日々の迷走」開設3周年及びHP開設3周年(失念していた6/26)を記念して、僕の愛読書から、プエル・エテルヌスたちの面影、Иван Сергеевич Тургенев“Бежин луг” ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「ビェージンの草原」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。

7/2 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「麥※蛇」[※=「絹」-「糸」+「禾」](アオダイショウ)を追加。句集「鬼火」に「捨猫や紫陽花腐たす聲の夜」を入集。

6/29 Mamorial to Eric Dolphy

6/27 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「黄頷蛇」(シュウダ又はアオダイショウ)を追加。

6/26 HP「鬼火」3周年。

6/22 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「水蛇」(シナミズヘビ又はヤマカガシ)を追加。

6/21 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「金蛇」(ハーティアシナシトカゲ)を追加。

6/18 Иван Сергеевич Тургенев“Живые мощи”、ツルゲーネフ原作・中山省三郎訳「生神様」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開。

6/17 芥川龍之介「袈裟と盛遠」の作品集『傀儡師』版テクストを正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開し、更に、遂に芥川龍之介作品集『傀儡師』やぶちゃん版(バーチャル・ウェブ版)の同所への公開に漕ぎ着けた。また、寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に白花蛇(アマガサヘビ又はヒャッポダ)及び「烏蛇」(シマヘビ黒化型)を追加。

6/14 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「巨蠎」(アミメニシキヘビ)を追加。

6/10 芥川龍之介「蜘蛛の糸」の作品集『傀儡師』版テクストを正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。これには、岩波版旧全集との多岐に亙る校異を別立てで注記。

6/8 芥川龍之介「枯野抄」の作品集『傀儡師』版テクストを正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。岩波版旧全集及び初出との校異を注記。釜石キャビア株式会社の方から頂いた「和漢三才圖會 卷第五十一 魚類 江海無鱗魚」のチョウザメ関係記事を「チョウザメノこと」としてブログに掲載し、更に「和漢三才圖會 卷第五十一 魚類 江海無鱗魚」本文の「鱘」・「鮫」注追加補正。

6/5 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「※蛇」[※=「虫」+「冉」](ビルマニシキヘビ又はナンダ)を追加。

6/2 芥川龍之介「地獄變」やぶちゃん注の古文引用箇所すべての注を補充し、更にすべてにオリジナルな現代語訳を附した。また、寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「蛤蚧」(トッケイヤモリ/ニホントカゲ)を追加。

5/31 芥川龍之介「奉教人の死」の作品集『傀儡師』版テクストを正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。岩波版旧全集との校異を注記。句集「鬼火」に戯句「直立す猿蓑着けて後影」を入集。

5/28 芥川龍之介「地獄變」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。これには、更にやぶちゃんのオリジナル注ページ(別立)が附帯。

5/20 芥川龍之介「毛利先生」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

5/17 芥川龍之介「首が落ちた話」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

5/15 芥川龍之介「或日の大石内蔵助」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

5/14 芥川龍之介「開化の殺人」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。これには、更にやぶちゃんのオリジナル注ページ(別立)が附帯。

5/11 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「避役」(インドシナウォータードラゴン)を追加。

5/10 芥川龍之介「るしへる」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。これには、更にやぶちゃんのオリジナル注ページ(別立)が附帯。

5/6 芥川龍之介「戯作三昧」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。これには、更にやぶちゃんのオリジナル注ページ(別立)が附帯。また、寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「守宮」(ヤモリ)を追加。

5/4 南方熊楠「守宮もて女の貞を試む」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

5/3 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「蜥蜴」(トカゲ)及び「蠑螈」(イモリ)を追加。

4/30 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「虬龍」及び「鯪鯉」(センザンコウ)を追加。

4/29 島崎藤村「芥川龍之介君のこと」を正字正仮名でブログに掲載。

4/27 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「蜃」及び「鼉龍」を追加。

4/22 知人の無償の好意を得て、「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン」の誤字脱字等の全篇校訂を完了した。

4/21 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「應龍」を追加。

4/20 芥川龍之介の「侏儒の言葉」に遥かに先行するパロディ型アフォリズム『「Lies in Scarlet」の言――Arthur Hallwell Donovan――』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「螭龍」を追加。

4/19 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「蛟龍」を追加。「僕との因縁のサイト」にTK氏のサイト「侏儒の言葉(もう一つの完全版)」を追加。

4/13 芥川龍之介「現代十作家の生活振り」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「吉弔」を追加。

4/12 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」に「龍」(これは狭義の龍)を追加。

4/10 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」を始動。「龍」(これは総論部)を公開。 

4/7 「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン」の「にんじんとルナアルについて」に注を追加。

4/5 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」の「鱟」(カブトガニ)の注を全面的に補正・追加。

3/31 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」を完結。「和漢三才図会」水族の部翻刻プロジェクトを遂に完遂した。

3/30 
ブログ・アクセス100000突破記念としての「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン」の完全版を「心朽窩 新館」に公開。また、寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「蝤蛑」(ガザミ/タカアシガニ)を追加。

3/29 
ブログ・アクセス100000突破記念として「にんじん ジュウル・ルナアル作 岸田国士訳 挿絵 フェリックス・ヴァロトン」《作業中――「釣針」まで》を「心朽窩 新館」に公開。また、寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「擁劔蟹」(同定不能)を追加。

3/26 昨夜来、自律的に疑問を感じ、既に昨日公開した寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「※1蜞」(モクズガニ/チュウゴクモクズガニ)を同定を含め大幅な加筆訂正、前項の「蟹」の同定も(カニ)から(カニ/モクズガニ/チュウゴクモクズガニ)として加筆訂正。更に、「望潮蟹」(ヤマトオサガニ)・「石蟹」(サワガニ)を追加。

3/25 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「※1蜞」(モクズガニ)を追加。

3/22 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「蟹」(カニ)・「※1※2」[※1=「虫」+「彭」・※2=「虫」+「骨」](アシハラガニ) を追加。

3/20 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「珠鼈」(同定不能)・「黿」(マルスッポン)・「和尚魚」(鰭脚亜目の水棲哺乳類)を追加。

3/18 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「能鼈」(スッポンの欠損個体・奇形個体)を追加。

3/16 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「鼈」(シナスッポン/ニホンスッポン)・「納鼈」(同定不能)を追加。

3/13 『高校生による「こゝろ」講義後小論文』に2006年度分一篇を追加。「トゥワイス・ボーン」という題を持つ、戦争論的視点に新鮮さを覚える、僕の秘蔵っ子の「こゝろ」論である。『「こゝろ」マニアックス』の最後尾からどうぞ。また、寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「賁龜」(欠損個体・奇形個体/アルビノ/ビルマムツアシガメ等)を追加。

3/11 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「瑇瑁」(タイマイ)・「緑毛龜」(クサガメ?)・「攝龜」(ノコヘリマルガメ?)を追加。

3/3 寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部」に「蠵龜」(アカウミガメ・アオウミガメ)を追加。

3/2 僕からの水族の巻最終配本となる寺島良安「和漢三才圖會 卷第四十六 介甲部 龜類 鼈類 蟹類」を始動。「水龜」(ハナガメ)及び「秦龜」(イシガメ)を公開。

2/25 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚」を完結。

2/23 フィオナ・マクラオド作・松村みね子訳「精」を、また同じく「魚と蠅の祝日」を(やぶちゃんによる合冊版)として「海豹」の前に追加し、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/20 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚」に「泥鰌」(ドジョウ/シマドジョウ)を追加。

2/17 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚」に「鱓」(タウナギ)を追加。

2/16 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚」に「鱧」(ヤツメウナギ)を追加。

2/15 51歳の誕生日。
アランよ、僕は未だに現世に対して君のように言い放つことが出来ないでいる――
僕は死ぬ、君達が僕を愛さなかったから……
 同様に僕が君達を愛さなかったから――
 僕は死ぬ、僕達の関係がだらしないから……
 それを締め直すために――
 僕は君達に拭い難い汚点を残してゆく。
』(映画のラストアランの死のストップモーションに被る遺言《原文》。)

2/14 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚」に「鰻※」[※=「魚」+「麗」](ウナギ)を追加。

2/11 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚」に「鯢」(オオサンショウウオ)を追加。

2/10 亡き我が師への追悼として猪瀨達郎句集「叢蟾集」「蘭秋」を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に、師の好きだった梶井基次郎「冬の蠅」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/9 フィオナ・マクラオド作・松村みね子訳「女王スカァアの笑い + かなしき女王」(やぶちゃんによる合冊版)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/6
 井上英作忌
寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚」に「※絲魚」[※=「鰪」-「去」+「央」](ギギ)を追加。

2/5 寺島良安「和漢三才圖會 卷第五十 魚類 河湖無鱗魚」に「黄顙魚」(ウツセミカジカ/アユカケ/ギギ)を追加。

2/3 寺島良安「和漢三才圖會 卷第五十 魚類 河湖無鱗魚」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に始動、目録及び冒頭の「鮎」(ナマズ)を公開。
また、片山廣子「アラン島」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/2 
ブログ90000アクセス記念として寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「魚虎」(シャチ)・「人魚」(ジュゴン)・「勒魚」(ネンブツダイ?)を追加して本巻を完結した。ついては、4巻全ての記号統一を図った。
夜、フイオナ・マクラオド作・松村みね子訳の「海豹」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/31 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鰯」(カタクチイワシ/イワシ)・「潤眼鰯」(ウルメイワシ)・「※」[※=「魚」+「兆」]を追加。

1/27 片山廣子「その他もろもろ」(初出復元版)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鱮」(ウミタナゴ)・「伊佐木」(イサキ)・「※1魚」[※1=「口」(上)+「大」(下)](タラ)・「阿羅」(アラ)・「鰤」(ブリ)・「鰤※2」[※2=「魚」+「王」](カンパチ)の6項目を追加。

1/26 芥川龍之介「變遷その他」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鰶」(コノシロ)を追加。

1/23 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鯖」(サバ)を追加。

1/20 芥川龍之介『Gaity座の「サロメ」――「僕等」の一人久米正雄に――』と片山廣子「花屋の窓」を『ペアのものとして』正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/19 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鱸」を追加。

1/18 片山廣子「大へび小へび」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/17 片山廣子「L氏殺人事件」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鯔」(ボラ)を追加。

1/14 芥川龍之介「人を殺したかしら?――或畫家の話―― 附 別稿「夢」及び別稿断片」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/13 松村みね子「五月と六月」についての補注『松村みね子「五月と六月」から読み取れるある事実』及び松村みね子「芥川さんの囘想(わたくしのルカ傳)」についての補注『松村みね子「芥川さんの囘想(わたくしのルカ傳)」イニシャル同定及び聊かの注記』をブログに記載。寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鰣」(ヒラ)を追加。夜、みね子と龍之介のために芥川龍之介「越びと 旋頭歌二十五首」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/12 松村みね子「芥川さんの囘想(わたくしのルカ傳)」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鱰」(シイラ)を追加。

1/10 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「墨頭魚」(Garra lamta)」及び「佐伊羅魚」(サンマ)を追加。

1/9 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鮸」(シログチ/ニベ)を追加。

1/8 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「幾須吾」(シロギス)を追加。

1/7 松村みね子「新年」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/4 松村みね子「黑猫」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「惠曾魚」(エソ)を追加。

1/3 松村みね子「五月と六月」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鯒」(コチ)を追加。

1/2 昨日と今日でブログに2007/12/23~30のタスマニアの旅の紀行『タスマニア紀行1《タスマニアで聴く1》「森の声」』を初めとして連続全8篇を記す。最下部に「ブログ・アルバム」をリンク。

2008/1/1 また生き永らえてしまったな……また一年をよろしく。

2007年

2007/12/31 芥川龍之介「機關車を見ながら」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

12/23 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「啄長魚」(ダツ)及び「簳魚」(ヤガラ)を追加。

12/22 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「藻伏魚」(コブダイ)・「榮螺破魚」(ネコザメ)・「鰭白魚」(コショウダイ)・「鰷身魚」(アイナメ)・「油身魚」(イタチウオ)・「梭子魚」(カマス)・「鱵」(サヨリ)を追加。

12/19 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「藻魚」(メバル)・「銅頭魚」(カナガシラ)・「保宇婆宇」(ホウボウ)を追加。

12/18 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「緋魚」(アコウダイ)・「血引魚」(ハチビキ)・「眼張魚」(メバル)を追加。

12/17 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「錦鯛」(キンメダイ)を追加。

12/16 「やぶちゃん版芥川龍之介詩集」に未定詩稿三十数篇を追加。

12/13 「やぶちゃん版芥川龍之介詩集」に「未定詩稿」を追加し、同じく芥川龍之介「東北・北海道・新潟」を「心朽窩旧館 やぶちゃんの電子テクスト集:小説・評論・随筆篇」に公開した。更に、芥川龍之介「或阿呆の一生」を再校訂補正及び注追記を行った。加えて、寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「鷹羽魚」(タカノハダイ)・「方頭魚」(アマダイ)・「金線魚」(イトヨリダイ)を追加。

12/9 「やぶちゃん版芥川龍之介詩集」を「心朽窩 新館」に公開した。

12/8 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「海鯽」(クロダイ)を追加。

12/6 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」に「黄檣魚」(キダイ)及び「烏頰魚」(オオクチイシナギ)を追加。

12/4 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚」を「心朽窩旧館 やぶちゃんの電子テクスト集:小説・評論・随筆篇」に始動、「鯛」(タイ)を記載。

12/2 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」を完結。

12/1 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「金魚」(キンギョ)を追加。

11/29 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「彈塗魚」(海産及び汽水産ハゼ)及び「牟豆」(カワムツ・ヌマムツ)を追加。

11/28 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「番代」(メダカ)を追加。

11/26 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「渡父魚」(ドンコ)を追加。

11/25 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「鯊」(ヨシノボリ)及び「石斑魚」(ウキゴリ?)を追加。

11/24 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「鰷」(アユ)・「黄鯝魚」(ワタカ or タモロコ)・「石鮅魚」(オイカワ)・「※」[※=「魚」+「成」。](ウグイ)・「※」[※=「魚」+「軰」](オイカワ♀)を追加。ブログに生田春月の〔一生は他愛もなく過ぎるのだ。〕 を掲載。ブログでの公開が多くなってきたため、HP訪問者の便宜を考え、本頁下部にブログ・カテゴリのリンクを追加。

11/23 ブログに生田春月の「忘却」、絶筆である「海図」及び略年譜、遺稿詩集「象徴の烏賊」末尾の「断章」を、また、佐藤春夫の春月追悼詩「流水歌」を掲載。更に、カテゴリに「生田春月」を作成。夜、ブログに、芥川多加志の詩「舞踏會と怖ろしい犬」を掲載。

11/17 芥川多加志の詩「蒼白」(附 芥川多加志略年譜)をブログに掲載。寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「鱒」(マス)・「鯇」(ビワマス)・「波須」(ハス)を追加。

11/12 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「鮭」(サケ)を追加。

11/7 芥川多加志の詩「墓地」をブログに掲載。

11/6 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「※」(ニゴイ)及び「嘉魚」(イワナ)を追加[やぶちゃん字注:※=「魚」+「蚤」]。

11/5 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「※」(タビラ)を追加[やぶちゃん字注:※=「魚」+「節」]。

11/4 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」に「鯉」(コイ)・「鮒」(フナ)・「波長魚」(ワタカ)を追加。

10/27 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十八 魚類 河湖有鱗魚」の魚類総論部を「心朽窩旧館 やぶちゃんの電子テクスト集:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/22 「四季・コギト・詩集ホームぺージ」を「僕との因縁のサイト」に登録。

10/20 
ブログ記載1000を記念して、増田晃詩集「白鳥」全篇を「心朽窩 新館」に公開した。

10/17 増田晃「日光尊者再讃」「日輪の語れる」「覺書」をブログに掲載。これを以て増田晃詩集「白鳥」のブログ内全文テクスト化を終了した。

10/16 増田晃を「長詩 飛鳥寧樂のための序歌(一)(二)」「城山燃ゆ」をブログに掲載。

10/14 増田晃「ゴツホ」・「創る」「牧野のダビデ」「母の需めにより光明皇后のおおどをなさんとして作りたる小さきおおど」(二箇所の「おおど」は底本では傍点)をブログに掲載。

10/13 「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句編」に「やぶちゃん版萩原朔太郎全句集」を公開、増田晃「西田明史に與ふ」「日光尊者」「赤光」「雪の山」をブログに掲載。

10/12 増田晃「南佐久の夜の壽歌」「月光の幻影」をブログに掲載。

10/11 
村上昭夫忌 彼の「愛」を、そうして増田晃「夜曲」「伽藍」「鎭魂歌」 をブログに掲載。

10/10 増田晃「火の鳥」をブログに掲載。

10/9 増田晃「爪を染める」「汝は活ける水の井」をブログに掲載。

10/8 増田晃「野にいでて」をブログに掲載。

10/7 増田晃「冬近し」「雪」「ばら」「杉木立」「かげろふ」「パイプ」「春」「海の鳴る春」「山の少女」「つゆのはれま」「巴旦杏」「われは知る」「口占」「笛歌」「息」「法隆寺金堂天蓋天女に寄す」「こひびと」をブログに掲載。

10/6 増田晃「哀歌拾遺」「哀歌」「公園の哀歌」「孤涯の許嫁が戰死せる夫に殉ぜしをききて歌へるばらあど」をブログに掲載。

10/3 増田晃「おもひで」をブログに掲載。

10/2 増田晃「田園讃歌二篇」「淺草」をブログに掲載。

10/1 増田晃「虹」「こひびと」「雪國のクリスマス」「手」「水の反映」「ゆめ」をブログに掲載。

9/30 増田晃「新緑の誘惑」「安息」「セレナーデ」「春の雲」「その日」「雲」「バルコン」「春」「炎暑を待つ」「宣敍調」「彈曲」「鷄肋集」「碑銘三章」をブログに掲載。

9/29 ブログで増田晃詩集「白鳥」電子テクスト化を始動「白鳥」及び「桃の樹のうたへる」を掲載。

9/27 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」完結。

9/26 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」の「鮓」及び「蒲鉾」の注を完成。

9/24 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「魚之用」の調理法の総てを翻刻、「炙」(焼き物)から「魚軒」(刺身)までの注を完成。

9/23 「松江一中20期WEB同窓会・別館」を運営されている知人の情報提供によって「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」の「松江連句」に注を追加。特に久しく謎であった「灘門」を解明し得た。

9/18 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「魚之用」の魚体各部の総てを追加。

9/17 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「海馬」(タツノオトシゴ)及び「舩留魚」(コバンザメ)及び「※」[やぶちゃん字注:※=「魚」+「齊」。](トゲウナギ/タチウオ)を追加。

9/16 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鰕姑」(シャコ)を追加。

9/15 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鰕」(エビ)及び「紅鰕」(イセエビ)及び「海糠魚」(アミ)を、同「巻第四十七 介貝部」に「海螄」(バイ)の注に同「巻第十七 嬉戯」の「海螺弄」(ばいまわし)を、「寶螺」の注に同「巻第十九 神祭 佛器」の「寶螺」(ほらのかい)を追加。

9/13 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「綳魚」(ハリセンボン・ウミスズメ)を追加。

9/9 尾崎放哉「鉦たたき」を正字正仮名でブログに掲載。

9/8 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「海※」(クラゲ)を追加[やぶちゃん字注:※=「虫+「宅」]。

9/7 
鏡花忌 泉鏡花「一葉の墓」を正字正仮名でブログに掲載。

9/3 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「海鼠」(ナマコ)を追加。半端ねえぜ!

8/31 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「柔魚」(スルメイカ)を追加。

8/29 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「烏賊魚」(イカ)を追加。

8/26 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「望潮魚」(イイダコ)を追加し、冒頭に目次を附した。

8/25 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「石鮔」(テナガタコ)を追加。

8/18 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「章魚」(タコ)を追加。

8/17 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」の公開分を全改訂した。

8/15 敗戦記念日 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝部」の全面改訂終了。

8/9 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鱊」(チリメンジャコ)を追加。

8/8 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「玉筯魚」(イカナゴ)・「鱠殘魚」(シラウオ)を追加。

8/6 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「阿名呉」(アナゴ)を追加。「松江一中20期WEB同窓会・別館」を運営されている知人の重要な情報提供によって「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」の「松江連句」に注を追加。また、「松江連句」の本文を校訂、訂正を施した。

8/5 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「海鰻」(ハモ)を追加。

8/4 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鰈」(カレイ)・「牛舌魚」(ウシノシタ)・「鰺」(アジ)・「楂魚」(マンボウ)を追加。

8/2 「淵藪志異」に沖繩物二篇を追加し、その口語原話「沖繩の怪異」を公開。また、「松江一中20期WEB同窓会・別館」を運営されている知人の情報提供によって「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」の「松江連句」に注を追加。

7/31 
Memorial to Bud Powell

7/26 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「魴」(イトヒキアジ)・「嫗背魚」(イボダイ)・「仁良岐魚」(ヒイラギ)を追加。

7/24 
河童忌

7/23 
Mamorial to Alan Leroy
寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鯧」(マナガツオ)を追加。

7/22 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「海鷂魚」(エイ)を追加。また、「松江一中20期WEB同窓会・別館」を運営されている知人の重要な情報提供によって「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」の「松江連句」に注を大幅に追加。

7/21 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「華臍魚」(アンコウ)を追加。また、「松江一中20期WEB同窓会・別館」を運営されている知人の指摘で「やぶちゃん版芥川龍之介句集二 発句拾遺」の「松江連句」に注を追加した。特に「直山」の詞書を持つ井川の句の問題は新全集校訂に関わる重要な新事実であると思われる。

7/20 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「文鰩」(トビウオ)を追加。また、「僕との因縁のサイト」に「やぶちゃん版芥川龍之介句集」をリンクして下さった「松江一中20期WEB同窓会・別館」を追加。

7/18 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「馬鮫」(サワラ)を追加。

7/17 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「皮剥魚」(カワハギ)を追加。

7/16 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鮫」(サメ)を追加。

7/15 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鰐」(ワニ)を追加。

7/14 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「河豚」(フグ)を追加。

7/13 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「海豚魚」(イルカ)を追加。

7/11 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鰹」(カツオ)及び「鮠」(スナメリ)を追加。

7/10 ブログに「ノース2号論ノート 教え子の疑問に答える」を記す。

7/7 「心朽窩 新館 詩集と惑溺の電子テクスト」に伊良子清白詩集「孔雀船」全篇を「blog鬼火~日々の迷走」2周年記念として公開。更に、寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鮪」(マグロ)を追加。

7/6 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鱘」(カジキ)を追加。また、ブログに伊良子清白「初陣」「駿馬問答」を記す。

7/5 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」に「鱣(フカ)」を追加。また、ブログに伊良子清白「戲れに」を記す。
blog鬼火~日々の迷走」2周年……しかし、僕の憂鬱は未だに完成していない……

7/4 ブログに伊良子清白「鬼の語」を記す。

7/3 ブログに伊良子清白「不開の間」及び「安乘の稚兒」を記す。

7/2 ブログに伊良子清白「五月野」及び「花柑子」を記す。

7/1 ブログに伊良子清白「華燭賦」を記す。

6/30 ブログに伊良子清白「月光日光」を記す。

6/29 
Mamorial to Eric Dolphy
ブログに伊良子清白「花賣」を記す。

6/28 ブログに伊良子清白「夏日孔雀賦」を記す。寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」の「鯨」の注を完了。

6/26 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」の「鯨」(注未完)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。
HP「鬼火」2周年……失われた陶酔の日々に別れを告げ、果てしない孤独の淵へ散るのは、一体、何時なんだろう、アラン?

6/24 ブログに伊良子清白「海の聲」を記す。

6/23 ブログに「ノース2号論ノート2 作品構造分析(完全版)」を記す。

6/20 ブログに伊良子清白「島」を記す。

6/19 教え子の写真作品をブログに公開。『山田麻李安「羅漢」』、是非ご覧あれ! また、2年前にある別な教え子と約束していた浦沢直樹×手塚治虫「プルートゥ」の中の「Act.4-6 ノース2号の巻」についての論考のメモ「ノース2号はダンカンの夢に共感できるか?――ノース2号試論のための初期化注釈」「ノース2号論ノート1 ダンカンの疾患及び特別出演ブラックジャックについての注釈」をブログに記す。

6/17 ブログに伊良子清白「旅行く人に」を記す。

6/10 ブログに於いて伊良子清白「孔雀船」のテクスト化を始動。まずは冒頭から順次「漂泊」「淡路にて」「秋和の里」の三篇を記す。

6/9 芥川龍之介「文學好きの家庭から」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、教え子の指摘からトップページの4箇所の隠し頁の不具合を補正した。アランが……エヴァが……あなたを見つめる……。

6/2 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝類」の最後に残っていた「牡蠣」(カキ)の注を終えた。これで、遂に四十七巻目は完成。

5/27 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝類」の電子テクスト(原文・訓読)化完成。

5/26 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝部」に「蚌」(ドブガイ)及び「馬刀」(カラスガイ)を追加。

5/20 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝部」に「玉珧」(タイラギ)を追加。

5/19 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝部」に「海鏡」(カガミガイまたはマドガイ?)・「蟶」(マテガイ)・「※1※2」[やぶちゃん字注::※1=「虫」+「咸」。※2=「虫」+「進」。]](アコヤガイ)を追加。

5/18 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝部」に「蜆」(シジミ)を追加。

5/13 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝部」に「蛤蜊」(シオフキ)・「文蛤」(ハマグリ)を追加。

5/12 寺島良安「和漢三才圖會 巻第四十七 介貝部」に「淺蜊」(アサリ)・「阿座貝」(シャコガイ)・「鳥蛤」(トリガイ)・「蚶」(アカガイ)を追加。

5/6 芥川龍之介「疑惑」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。寺島良安「和漢三才圖會 巻四十七 介貝部」に「車渠」(イタヤガイ類)・「車螫」(オオハマグリ?)を追加。

5/5 ブログに『芥川龍之介の幻の「佐野さん」についての一考察 最終章』を掲載。

5/4 西尾正の「骸骨」をより信頼のできる別底本で再校了、その異同の多さに鑑み、新規作品として公開。

5/3 寺島良安「和漢三才圖會 巻四十七 介貝部」に「貝子」(タカラガイ類)・「紫貝」(ホシダカラ?)・「珂」(タカラガイ?)・「貽貝」(ムラサキガイ)・「馬鹿蛤」(バカガイ)・「海※[※=「陛」の(こざとへん)を「虫」に換える。]」(ミルクイ)を追加。

4/28 新たな自己拘束の始まりとして寺島良安の「和漢三才圖會」から「巻第四十七 介貝部」の一部を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。これに伴い、内容見本は削除した。

4/22 芥川龍之介「新緑の庭」及び「春の日のさした往來をぶらぶら一人歩いてゐる」のニ作品を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

4/18 「armchair aquarium [アームチェア・アクアリウム]」を「僕との因縁のサイト」に登録。

4/15 『やぶちゃん版「和漢三才図会」電子テクスト化プロジェクト 内容見本』に「郎君子」(スガイ)・「海燕」(ヒトデとカシパン)・「霊螺子」(ウニ)・「石蜐」(カメノテ)・「寄居蟲」(ヤドカリ)・「貝鮹」(タコブネ)の6項目を追加した。見本としては読み応えがあるものになったと思う。

4/10 『やぶちゃん版「和漢三才図会」電子テクスト化プロジェクト 内容見本』に画像を挿入し、前書に追加。

4/8 芥川龍之介「少年」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

4/7 南方熊楠「大きな蟹の話」及び「安宅関の弁慶」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

3/28 3月23日以来、ピエール・ボナールのジュール・ルナール「博物誌」挿絵をブログ左「Pierre Bonnard“Histoires Naturelles”」で順次公開している(3/31に完成した)。特に僕の気に入っている絵については、本文の中に大画像で挿入してある。その絶妙のハーモニーをお楽しみあれ!

3/23 ジュール・ルナール「博物誌」岸田国士訳(附 Jules Renard “Histoires Naturelles”原文+やぶちゃん補注版)を心朽窩 新館」に公開。

3/18 栗本丹洲「千蟲譜」巻十を原典からの復刻で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

3/17 井上英作「フィリピーナ・ラプソディー」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

3/16 教え子の美術秀作をブログに公開。『相野谷由起「ゆきねえが来た!」』「本間珠実 ゆき兎」。是非、御覧あれ!

3/5 本ページ内の4つあった隠しページの3つのパスワードを変更(1つはパスワードなしに変更)。

3/3 僕の緑の子らよ! 卒業、おめでとう! ささやかに村上昭夫の詩を送別に贈る。「緑の子らへ1 村上昭夫 愛さねばならない」そして「緑の子らへ2 村上昭夫 航海を祈る」。最後はいつも僕が卒業アルバムに記す言葉を「卒業する僕の教え子たちへ」に書いた。この言葉は、僕の好きなキューバのシュールレアリスト Wilfredo Lam の作品に与えられた題名の主格を「私」から「あなた」に変えたものである。

2/26 
金城哲夫

2/25 芥川龍之介「本所兩國」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/18 芥川龍之介「西方の人」(正續完全版)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/15 おぞましき五十歳。「句集 鬼火」に「冬日冴えゆめまぼろしの後は何」一句を追加。

2/14 芥川龍之介「文藝的な、餘りに文藝的な」(やぶちゃん恣意的時系列補正完全版)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/12 芥川龍之介「創作」「私の創作の實際」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/11 「句集 鬼火」に井上英作氏への追悼句「捨身して濁世を怒る業火かな」他三句を追加。また、「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版)に『(「侏儒の言葉」続篇 草稿 「一 ある鞭」及び「二 唾」』を、『「保吉の手帳」(「保吉の手帳から」初出形)』に『「保吉の手帳から」(草稿)』を正字正仮名で追補、同芥川の「文壇小言」「明治文藝に就いて」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/6 ブログに今日自身の節に殉じた我が兄への追悼「僕の兄は静岡空港建設反対に殉じた」「井上英作兄へスメルジャコフの末裔より」を総身の現実世界への怒りと共に記す。

2/3 芥川龍之介「僕の好きな女」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

2/1 ブログに『芥川龍之介の幻の「佐野さん」についての一考察』及び『芥川龍之介「或阿呆の一生」の「二十八 殺人」のロケ地同定その他についての一考察』を記載。

1/30 芥川龍之介「保吉の手帳」(「保吉の手帳から」初出形)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/29 芥川龍之介「寒さ」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/27 芥川龍之介「奉教人の死」参考資料として、斯定筌( Michael Steichen 1857-1929 )著「聖人伝」より「聖マリナ」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/24 西尾正「骸骨」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/21 芥川龍之介「三つのなぜ」「漱石先生の話」「夏目先生」の他、芥川龍之介「槐」に芥川龍之介「久米との舊交囘復のくさびに」を附して正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。後者の一見異なったテクストを同一ページとしたことについては注を参照されたい。「槐」の収録に合わせて、「芥川龍之介句集」の「二 発句拾遺」の注を一部追加し、訂正も加えた。

1/18 『梶井基次郎遺稿小説集』に最後の「温泉」を正字正仮名で追加し、『梶井基次郎遺稿全小説集』とする。

1/17 『梶井基次郎遺稿小説集』として「雲」「籔熊亭」」の二篇を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/16 『梶井基次郎遺稿小説集』として「海」「藥」「交尾」の三篇を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/14 『梶井基次郎遺稿小説集』として「栗鼠は籠にはいつてゐる」「闇の書」「夕燒雲」「奇妙な手品師」「猫」「琴を持つた乞食と舞踏人形」の六篇を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/13 南方熊楠「人柱の話」を二種(全集未収録・初出稿・正字正仮名版)・(改訂増補された一般的に知られている版・新字新仮名版)、及び後者の注記という形で南方熊楠の「徳川家と外国医者」の、都合、三作品を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/11 南方熊楠「女性における猥褻の文身」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/10 南方熊楠「屍愛について」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/6 芥川龍之介「風變りな作品二點に就て」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/5 芥川龍之介「飜譯小品」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/4 芥川龍之介「近頃の幽靈」及び「英米の文學に現はれた怪異」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

1/3 今年最初の電子テクスト、芥川龍之介『病中雜記――「侏儒の言葉」の代りに――』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。しっかり、オリジナリティは守っている。

2007/1/1 迎春 今年もブログ共々宜しくお付き合いの程。


2006年

2006/12/22 おぞましきこの国をしばし離れんとす。

12/21 公開済みの栗本丹洲「千蟲譜」三本の電子テクストすべてについて、判読不能字の翻刻、注の追加を行った。

12/17 栗本丹洲「千蟲譜」巻九を原典からの復刻で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。これが今年の僕のクリスマス・プレゼント。

12/3 電子テクスト『栗本丹洲「千蟲譜」巻八よりの「海鼠 附録 雨虎(海鹿)」』の注を大幅に改訂し、洩れていたナマコとアメフラシの同定を行った。

11/23 南方熊楠の「マンモスに関する旧説」及びそれに関わって後に記された「鯤鵬の伝説」のニ作品を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。

11/19 太宰治の「右大臣實朝」の「やぶちゃん恣意的原稿推定版」及び同作品の関連作品「鐵面皮」「赤心」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。「右大臣實朝」については何処にもない特異なテクストであるという自信がある。

11/12 南方熊楠の「イスノキに関する里伝」「睡眠中に霊魂抜け出づとの迷信」「通り魔の俗説」「睡人および死人の魂入れ替わりし譚」「臨死の病人の魂、寺に行く話」「睡中の人を起こす法」「魂空中に倒懸すること」の全七篇を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

11/6 今日より金曜まで、海外に渡航、更新できない。最後に、芥川龍之介の「南瓜」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開し、また、一部の方から読みにくいとの指摘を受けた「メタファーとしてのゴジラ」をシンプルにリニューアルした。これらを暫らくの形見とはする。

11/5 栗本丹洲「栗氏千蟲譜」巻七及び巻八より「蛙変魚 海馬 草鞋蟲 海老蟲 ワレカラ ホタルムシ 丸薬ムシ 水蚤」を原典からの復刻で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

11/3 『彌生書房増補版村山槐多全集「感想」所収村山槐多作品』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、村山槐多「鐵の童子」及び「繪馬堂を仰ぎて」の注記を改訂。

11/2 「やぶちゃん版村山槐多散文詩集」を「心朽窩 新館」にアップ。

10/30 村山槐多の「繪馬堂を仰ぎて」(彌生書房改訂版全集未収録作品)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/29 栗本丹洲「千蟲譜」巻八より「海鼠 附録 雨虎(海鹿)」を原典からの復刻で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/28 ナマコの一種であるキンコについて書かれた江戸時代の博物書、大槻玄澤(磐水)の「仙臺 きんこの記」を原典からの翻刻で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/25 村山槐多の「魔童子傳」(+★藪薇獸辭團★)(彌生書房改訂版全集未収録作品)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/23 村山槐多の「魔猿傳」「孔雀の涙」、そして、彼の遺書ニ通を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/22 村山槐多の「鐵の童子」「居合拔き」「美少年サライノの首」「殺人行者」「惡魔の舌」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/21 村山槐多の「癈色の少女」及び芥川龍之介の『「槐多の歌へる」推賞文』(広告全文+★藪薇獸辭團★)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、「心朽窩 新館」に“LIST of BUD POWELL'S SESSIONS I DON'T HAVE”&“LIST of ERIC DOLPHY'S RECORDS I DON'T HAVE”を追加掲載。未入手のリストという裏技ではあるが、これで、2000年までの僕のジャズのリストは一応、揃うことになる。

10/15 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」の芥川龍之介「袈裟と盛遠」、「澄江堂雜記」(2)、「貝殻」の三篇に草稿を追加した。

10/14 芥川龍之介の「俊寛」及び「袈裟と盛遠」を、「源平盛衰記」及び「平家物語」の原典資料を附して、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/9 芥川龍之介の「澄江堂雜記」分散している同題三篇、及び、最終的に作品集『梅・馬・鶯』に所収された「澄江堂雜記」の拾遺として、『「昔」』「袈裟と盛遠の情交」「放屁」「德川末期の文藝」の四篇を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/8 萩原朔太郎の芥川龍之介関連作品「芥川龍之介の追憶」「芥川君との交際について」「小説家の俳句――俳人としての芥川龍之介と室生犀星」「芥川龍之介の小斷想」、及び萩原朔太郎の梶井関連作品「本質的な文學者」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/7 昨日のアップ分のテクストに誤植多く、先の「猫町」も含め、再度全七作品に改訂を施した。

10/6 萩原朔太郎の「魚と人と幼兒」「櫻の花が咲くころ」「魔法使ひ」「ぬけ穴」「ウオーソン夫人の黑猫」「日清戰爭異聞(原田重吉の夢)」の六篇を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。また、「僕との因縁のサイト」に「inoden商会」を追加。

10/4 萩原朔太郎の「猫町」(+★藪薇獸辭團★×6)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

10/2 『「末法燈明記」やぶちゃん訳に対する読者からの要請によるやぶちゃんの語釈』を現代語訳ページからリンクしてアップ。

10/1 國木田獨歩の「武藏野」「號外」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。特に最愛の「武藏野」のテクストは「やぶちゃん校訂版」(+★藪薇獸辭團★×2)として、満を持してオリジナリティを追求した。併せて、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」のコンテンツのレイアウトを改変。

9/24 芥川龍之介の「萩原朔太郎君」、「その頃の赤門生活」及び昨日に引き続き、芥川龍之介のアフォリズム風の諸作、『澄江堂雜記――「侏儒の言葉」の代りに――』「身のまはり」「文章と言葉と」「横須賀小景」「囈語」「都會で――或は千九百十六年の東京――」「耳目記」「(無題)」の全十篇を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

9/23 芥川龍之介の静謐な回想録「追憶」及びアフォリズム風の諸作、「拊掌談」「貝殻」「僕は」「春の夜は」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

9/22 
宮澤賢治忌 古い記事であるが「Blog鬼火~日々の迷走」の「宮澤トシについての忌々しき誤謬」は是非、多くの方に読んで頂きたい。賢治の妹トシの為に。芥川龍之介の「海のほとり」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

9/18 南方熊楠の「山神オコゼ魚を好むということ」(+★藪薇獸辭團★)を、また正字正仮名で芥川龍之介の「雪」及び「ピアノ」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

9/17 「ART SHOT」として志賀丈二の絵をそれぞれ、「超浮世絵百鬼夜行」「地平に屹立する藁 又は 思惟を脱したる弥勒」「密室の鳥影 又は 鳥類絶滅種 学名 Siganturellus Jyojipus Yabuno 」と名づけてトップに公開。また、殺風景だった三つの「心朽窩」に敦煌で篆刻してもらった「心朽窩主人」を印す。

9/16 南方熊楠の「平家蟹の話」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に画像付きで公開。また、「人魚の話」の注を大幅に改訂。

9/10 南方熊楠の「人魚の話」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

9/8 南方熊楠の「情事を好く植物」(+★藪薇獸辭團★)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開。

9/7 
鏡花忌
HP中に秘密結社『藪薇獸辭團』を創始。

9/6 南方熊楠の「牛王の名義と烏の俗信」の注に熊野本宮神社の八咫烏牛王宝印の画像リンクを追加。これはもう、エッシャー!

9/5 南方熊楠の「ウガという魚のこと」(+★藪薇獸辭團★)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に画像付きで公開。

9/4 南方熊楠の「(Phalloideae の一品)」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に画像付きで公開。ハドリアヌス茸だ!

9/3 南方熊楠の「牛王の名義と烏の俗信」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」(名称変更)に公開。

8/31 「僕との因縁のサイト」に、僕のミクシィの5000人目の訪問者であるアーティスト、そうして最初期の僕の教え子の「あいのやゆき ホームページ」を追加。

8/29 「句集 鬼火」に一句追加。

8/24 長女Maria二十歳の誕生日。

8/23 芥川龍之介の「わが散文詩」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

8/21 「句集 鬼火」に七句追加。

8/17 芥川龍之介の「小説作法十則」を、原稿復元版で正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

8/15 『高校生による「こゝろ」講義後小論文』に1999年度分一編を追加。女性による鮮やかな「静」論である。『「こゝろ」マニアックス』の最後尾からどうぞ。

8/13 芥川龍之介の「冬と手紙と」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

8/6 芥川龍之介の「松江印象記」の初出形「日記より(一)(二)(三)」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

7/31 
Memorial to Bud Powell

7/30 芥川龍之介の「杜子春」の原典「杜子春傳」の「語註」及び「やぶちゃん訳」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」にアップ。これも緑の三年生の僕の子供達への約束、その古典篇と思ってもらいたい。

7/28 芥川龍之介の「杜子春」の李復言の原典「杜子春傳」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」にアップ。また、「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」新発見句断片1句を追加し、芥川龍之介「遺書(五通)」の注釈に新知見を追加。

7/27 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」の芥川龍之介「尾生の信」に同名の題の詩稿を追加した。

7/26 芥川龍之介「枯野抄」のオリジナル授業案及び語句説明を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」にアップした。これは緑の三年生の僕の子供達への約束だ。

7/24 
河童忌

7/23 
Mamorial to Alan Leroy=一年前の僕の右腕の失敗した最初の手術の日

7/21 右橈骨遠位端骨折一周忌。芥川龍之介の「父」「沼」「發句私見」の三作品に、草稿を追加。「或阿呆の一生」の未定稿(草稿)に一部追加した。山岳部八ヶ岳山行の為、暫く、御機嫌よう。

7/16 芥川龍之介の「明日の道徳」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。また、「心朽窩旧館 やぶちゃんの電子テクスト集:小説・随筆篇」に公開済みの芥川龍之介の作品の内、「翡翠 片山廣子氏著」「玄鶴山房」「今昔物語鑑賞」「齒車」の四作品について、草稿を追加した。

7/15 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」の芥川龍之介「侏儒の言葉」に未定稿「〔アフオリズム〕」及び『「侏儒の言葉」草稿』を追補し、新全集を底本に加えたので、名称を『「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版)』と変更。また、芥川龍之介「或阿呆の一生」に未定稿(草稿)を追加。

7/13 芥川龍之介の未定稿未完の小説、「遺書」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

7/12 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」の芥川龍之介「沼地」に、念願の Marcel Duchamp “Pharmacie”(「薬局」:修正レディ・メイド。絵葉書に加筆)を挿入。

7/9 芥川龍之介「翡翠 片山廣子氏著」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

7/5 「
blog鬼火~日々の迷走」開設一周年。

7/4 「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に1句を追加。

7/2 芥川龍之介「六の宮の姫君」を正字正仮名「今昔物語集」原典付きで、「産屋」を正字正仮名で、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

7/1 「心朽窩」に「藪だこのひとりごと――蛸考」を公開。芥川龍之介「悠々荘」を正字正仮名補注付きで「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

6/30 「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」新発見句1句を追加。

6/29 Mamorial to Eric Dolphy

6/26 HP「
鬼火」開設一周年。

6/24 「僕との因縁のサイト」に「ふくらしや自然体験塾」を追加。恥ずかしながら、ここで琉球放送で放映された僕へのインタビュー映像が公開されている。

6/20 「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に1句を追加。その他、「芥川龍之介句集」「末法燈明記」等の凡ミスを訂正。

6/16 「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に純然たる新発見句6句を含む、15句を追加。ブログに芥川龍之介の探求作品に関わる「月光の女」を記載。

6/15 「末法燈明記 やぶちゃん訳」夜、9:40、訳出完了。

6/3 「末法燈明記 やぶちゃん訳」の1/3弱を公開。同訓読ページの読みを一部追加。

5/31 「ART SHOT」として「郵便局窓口のシュールレアリスト――志賀丈二」をトップに公開。

5/28 「ART SHOT」として「扉に羽音――瀧口修造」と「夜の森の夜――藪野豊昭」をトップに公開。

5/20 『高校生による「こゝろ」講義後小論文』を公開。『「こゝろ」マニアックス』の最後尾にリンクを張ってある。

5/15 「末法燈明記」訓読終了。誤読多きを憂う。是非、ご指摘を。

5/9 「僕との因縁のサイト」に『青空文庫倶楽部「みんなの輪」』を追加した。

5/8 「末法燈明記」訓読続行、同時進行で公開。同様に訓読中に誤りを発見、原文及び注を訂正。構文エラーで不具合だった「心朽窩 新館」を完全リニューアルした。『「檸檬」授業ノート』に追加。

5/7 「末法燈明記」の訓読を2/3まで終了。訓読中に判読の誤りを発見、原文及び注を訂正。

5/6 「末法燈明記」の訓読開始。原文(白文)ページから別ページにリンクさせた。

5/5 「末法燈明記」の原文打ち込みを終了、公開した。小穴隆一著「芥川龍之介遺墨」を入手、そこから「芥川龍之介句集」に新発見句を二句追加。芥川龍之介の「芭蕉雜記・續芭蕉雜記」及び「大導寺信輔の半生」にそれぞれの草稿を追加し、更に全体を改訂した。

5/4 巻頭言の一部の訳を訂正。

5/3 巻頭言を交換し、トップのコンテンツの一部を「心朽窩」に移動し、すっきりさせた。芥川龍之介の「父」及び「今昔物語鑑賞」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。「海洋生物分類表(やぶちゃん版)」の階層の不具合を整序した。

4/29 伝最澄撰「末法燈明記」の電子テクスト化に着手、打ち込み分をとりあえず公開した。遂に見上げるに頂の見えない巨峰への登攀を始めた。他に、芥川龍之介の「O君の新秋」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

4/27 芥川龍之介の「三つの窓」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

4/24 小穴隆一の「鯨のお詣り」入手により、芥川龍之介の「(遺書五通)」の注記に、再々々度、追加。

4/21 芥川龍之介の「(遺書五通)」の注記に、再々度、追加。「芥川龍之介句集」の新発見句及び注記を大幅に追加。

4/20 芥川龍之介の「(遺書五通)」の注記に、更に重大な新知見を追加。「芥川龍之介句集」の新発見句及び注記を追加。

4/18 ブログ「亡き友へ」に「木蔭で――永野広務に」。

4/16 芥川龍之介の「尾生の信」及び「死後」、最晩年の作である「闇中問答」「十本の針」(草稿付)を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。芥川龍之介の「(遺書五通)」の注記に重大な新知見を追加。

4/15 芥川龍之介の「或阿呆の一生」の注記に追加。ブログに「芥川龍之介の出生の秘密」を記載。

4/9 芥川龍之介「蜘蛛の糸」、「杜子春」、『輕井澤で――「追憶」の代はりに――』の三作品を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。夏目漱石の和辻哲郎宛「先生」風書簡をブログに公開。『「こゝろ」マニアックス』からのリンクも張った。2006年1月1日以前の更新履歴を整除。

4/8 新たな日常の彼方へ。「句集 鬼火」に二句。「やぶちゃん版芥川龍之介句集五」に遺漏句一句を追加。

4/2 ブログ「教え子達へ」を読まれたい。これが、僕の悲しみだ。

3/30 明日から暫く旅に出るので、更新が出来ない。また、その間にあることが起るが、それは『僕』の、悲しみだ、君の、では、ない。

3/29 芥川龍之介「大導寺信輔の半生」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

3/28 芥川龍之介の「(遺書五通)」の注記を一部追加した。

3/26 遅れてきた
菜の花忌への追悼として、「心朽窩 新館」の「伊東靜雄全詩集(やぶちゃん版)」に、伊東靜雄全集の詩篇以外の散文・日記・書簡から拾い出した詩篇を「やぶちゃん版伊東靜雄全詩集補遺」として公開。これで、テクストとして僕の一つの独自性を獲得できたと考えている。その、遅れてきた菜の花忌に合わせて、巻頭詩を靜雄の詩に交換。夜、芥川龍之介「奉教人の死」正字正仮名版を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

3/19 「句集 鬼火」に「木蓮を我が送り火とせし夜かな」一句追加。

3/18 「やぶちゃんと行く江戸のトワイライト・ゾーン」の「うつろ舟の蛮女」に原典画像を追加、同時にレイアウト及び第三夜も同一ページに改組、これで完璧!「メタファーとしてのゴジラ」も「総括的論考」と同一ページに改組し、一部表記を改訂。「Андрей Тарковский 断章」のレイアウトも変更。

3/15 「やぶちゃんの創作」の「こゝろ佚文」と「雪炎」を分離し、特に読み難かった「こゝろ佚文」の本文レイアウトを改良した(写真には拘りがあってこの大きさを維持する)。これで残存していた自動生成システムの残滓を一掃し切った。

3/13 
花幻忌

3/12 
菜の花忌 「心朽窩 新館」の「伊東靜雄全詩集」の一篇でも如何ですか。梶井基次郎の「路上」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。巻頭詩を花幻忌に向けて交換。

3/11 もう時期、花幻忌がやってくる。「原民喜句集(杞憂句集)」を「やぶちゃんの電子テクスト:俳句篇」に公開。(従来の「原民喜原爆句集」の句は最後に全て所収してある)。

3/9 「やぶちゃん版芥川龍之介句集」に四句追加。

3/8 「心朽窩 新館」の芥川龍之介「椒圖志異」に注記及び画像を完全追加!

3/7 「心朽窩 新館」の芥川龍之介「椒圖志異」に注記及び画像を追加。

3/6 芥川龍之介「トロツコ」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。また、同所の國木田獨歩「忘れえぬ人々」の初めに読み排除版を新たに追加してある(今日やった仕儀ではないのだが、ここでの記載を忘れていた)。

3/2 芥川龍之介「魔術」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

3/1 芥川龍之介「南京の基督」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

2/28 芥川龍之介「玄鶴山房」を、正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

2/26 本日、金城哲夫忌またはウルトラマン追悼。ブログをご覧あれ。OCR導入記念に、芥川龍之介「寫生論」「發句私見」「庭」と、「動物園」高校生読書会用新字新仮名表記加工版を正字正仮名版の後に追加した。

2/25 芥川龍之介「動物園」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開した。

2/19 「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」全作及び「椒圖志異」の注記に初出等を補足。

2/18 芥川龍之介「後世」を正字正仮名注釈付で、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

2/15 巻頭詩交換。今日で49歳。

2/12 僕の梶井基次郎「檸檬」の授業が受けられなかった教え子たちへ、オリジナル授業ノートを「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」からリンクさせた。ブログに僕の譲れないポリシーを記載。

2/11 芥川龍之介「椒圖志異」に追加。

2/10 三木清「旅について」のオリジナル授業ノートを「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」からリンク。

2/9 唯今零時5分、「やぶちゃん版芥川龍之介句集」注記追加作業すべて完了。暫くは心静かに休ませて下さい。

2/7 懐かしいがった教え子のために三木清「旅について」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。但し、正字正仮名ですぞ。

2/5 殆ど丸一日、「やぶちゃん版芥川龍之介句集」の注記追加作業に費やす。残すところ1割。そこを以て暫く憩いたい。

2/4 脱漏していた齋藤茂吉宛一五八八書簡を「四 続 書簡俳句」に追加。注記への大々的追加を更に続行中。いちいち注しないが、芥川の他作品への注記も併せて行っている。

2/2 芥川龍之介「年末の一日」に注記追加。「芥川龍之介句集」の注記への大々的追加を続行中。

1/29 芥川龍之介「鵠沼雜記」及び「點鬼簿」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

1/28 芥川龍之介「芭蕉雜記・續芭蕉雜記」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

1/25 今日の日の最後に、「やぶちゃん版芥川龍之介句集」の「我鬼全句」による校訂を完了、これをもってとりあえず完全版とする。応援してくれた方々に感謝する。

1/22 「やぶちゃん版芥川龍之介句集」のすべての再校と大改訂を終了。「我鬼全句」による校訂も、冬の部「初時雨」迄終了。これで少しは、興味を持った人に安心して使ってもらえるものになったとは思う。

1/21 書斎から白銀の山を眺めつつ、「やぶちゃん版芥川龍之介句集 一 発句」及び「二 発句拾遺」を再校、大改訂。「一 発句」の暫定版表示を遂に下ろす。

1/15 「やぶちゃん版芥川龍之介句集」、村山古郷編「芥川龍之介句集 我鬼全句」による校訂、夏の部「桐の花」迄終了、また、それとは全く別個に「遺漏句」に追加。

1/14 深更に至り、遂に村山古郷編「芥川龍之介句集 我鬼全句」による「やぶちゃん版芥川龍之介句集」の迂遠な校訂作業に入る。

1/13 また一つ。「原民喜全詩集」を「心朽窩」に公開。

1/12 『檸檬に関わる「瀨山の話」の草稿断片(やぶちゃん版)』を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。まず約束一つ。

1/10 村山古郷編「芥川龍之介句集 我鬼全句」入手、まず当該書解題から「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」の非芥川句を注表記記載に変更した。以後、ここでいちいち更新を報告しないが、これによって漸次校訂作業を続けてゆく。「發句」冒頭の進捗状況の日時で確認を。

1/9 梶井基次郎「檸檬」に草稿原稿断片を追加。

1/8 梶井基次郎の「檸檬」の先駆習作「瀨山の話」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

1/7 「森川義信詩集」を「心朽窩」に公開。梶井基次郎の「檸檬 附 秘やかな樂しみ」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」にアップ。昨年の丸善閉店の折、檸檬を置きに行けなかった教え子に送る。

1/6 梶井基次郎の「櫻の樹の下には」と「愛撫」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。僕が最も多く朗読した作品。

1/5 本日付「Blog鬼火~日々の迷走」に「宮澤トシについての忌々しき誤謬」を記載。これは多くの方に、是非読んで頂きたい。賢治の妹トシの為に。

1/2 坂口安吾「ふるさとに寄する讃歌」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

2006/1/1 謹賀新年。今年も「鬼火」をよろしく。「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏」に「遺漏・作品内俳句・疑義句」を作成。「続 書簡俳句」に落としていた「未定稿集」書簡からの二句を追加。これで一段落着いた。


2005年

2005/12/31 「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・作品内俳句」の「手帳」部分を完了。「発句」部分を「澄江堂句集」で校閲。topに長女 Maria と新しい三女Alice で2006年への衣替え。これを以って2005年の更新を終わる。

12/30 「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・作品内俳句」の「手帳」からの拾い出しを完了、公開。「書簡俳句」大正五年に一六四八書簡を追加。新全集との校合的増殖を深更に終了。一番新しいこのページが皮肉にも真っ先に、再校版となる。年の最後に「句集 鬼火」に四月に逝った友への悼亡句を一句を追加した。

12/29  Memorial to Andrei Tarkovsky/「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」に「やぶちゃん版芥川龍之介句集五 手帳及びノート・断片・日録・作品内俳句」を新ページとして追加、「手帳(六)」まで拾い出し完了、公開。「続 書簡俳句」の最後に「辞世」を追加、死に至る昭和二年分に注記を大幅に付け加えた。夜、top詩を交換。

12/28 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」の冒頭の「發句」部分の注記を大幅に追加したのと、「書簡俳句」のページ容量超過による一部非表示の発覚によって、芥川龍之介句集は4ページとなった。トップページのアドレスが変更されているので、注意されたい。この更新情報も「過去のAlain Leroy」を別に作って、残しておきたい更新情報のみを残した。夜、遂に「やぶちゃん版芥川龍之介句集四 書簡俳句(暫定版)」完成、全書簡の拾い出しをとりあえず終え、公開した。

12/24 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」書簡俳句大正十四・昭和元年分まで公開。暫らく湯治のため更新できないが、ほとんど終わりに近づいた。

12/23 top詩句を交換。「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」書簡俳句大正十年分まで公開。

12/19 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」書簡俳句大正九年分まで公開。疑問が多く、注記・注釈が俄然増えてきた。

12/18 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」で書簡俳句の拾い出しを開始。本日中に、旧全集第十巻分、明治三十九(1906)年から大正八(1919)年までの書簡を終えた。打ち込み分を漸次公開中。年時単位、且つ補正更新も時間刻みなので、最新版をページトップの注の赤字表記の日時時刻で常にチェックされたし。なお、ページ容量が超過したため、「書簡俳句」以降は別ページで「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)続」とした。

12/17 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」に岩波版未定稿集俳句部分ほかを追加。俳句集絡みで、芥川龍之介の「わが俳諧修業」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

12/15 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」に岩波版新全集俳句部分を追加。

12/14 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」の岩波版旧全集俳句部分完成。

12/13 「やぶちゃん版芥川龍之介句集(暫定版)」を公開。

12/11 芥川龍之介「蜃氣樓――或は「續海のほとり」――」を正字正仮名で公開。また、今まで無軌道に一ページに詰め込んでいた芥川龍之介の小品を全て独立させた。

12/10 芥川龍之介「枯野抄」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

12/9 テクスト更新、ブログ記事でも最も多い「芥川龍之介」をブログのカテゴリに新設。「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」の芥川にリンクをつけた。

12/6 ブログのカテゴリに「伊東静雄」「富永太郎」「村上昭夫」を新設、前二者は「心朽窩」のトップにリンクをつけた。

12/5 「淵藪志異」十四末に、八より十四話の口語原話『文化祭「藪之屋敷」に捧げる横浜×××高校の怪談』をリンクする。

12/4 芥川龍之介「或旧友へ送る手記」及び遺書五通を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。午後、やぶちゃん版「侏儒の言葉」(岩波版旧全集準拠完全版)を同所に公開。夜、
このページの何処か……少々の、毒を?……。それは Alan のあの日を示す数字に0を付けて……。Eva、Alan、そして最後のAlan

12/3 芥川龍之介「或阿呆の一生」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

11/30 top詩句を交換。電子テクストの主だったものに、公開時にコメントしたブログとのリンクを付したほか、その他、topや「僕との因縁のサイト」等にもリンクの便宜を施した。また、POETICA IPSENON様にお創り頂いたバナーを最下部にレイアウト。よろしかったらお使い下さい。

11/28 「僕との因縁のサイト」に「POETICA IPSENON 〔Club LARA〕」を追加し、各サイトをバナー等で少しド派手に改装した。

11/27 「雨月物語 青頭巾」のやぶちゃん訳を公開。各電子テクスト及び「雨月物語 青頭巾 講義」からリンクさせた。

11/26 芥川龍之介「歯車」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。簡単な注釈を付けた。

11/20 萩原朔太郎「芥川龍之介の死」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。だらだらと続く更新情報を骨折時(奇しくもMamorial to Alan )を境に、HP開設初日を除いて削除。

11/19 芥川龍之介の卓抜なシナリオ、「淺草公園――或シナリオ――」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開。

11/18 今日来た僕の三女、新しいAlice をtopにお披露目。

11/16 「立ち尽くす少年――諸星大二郎「感情のある風景」小論」を公開。

11/13 「食人鬼 小泉八雲 やぶちゃん訳」を公開。各電子テクスト及び「雨月物語 青頭巾 講義」からリンクさせた。

11/10 「雨月物語 青頭巾 講義」に“JIKININKI”原拠とされる「『通俗 彿教百科全書』中巻」の該当部分を追加。現在、“JIKININKI”翻訳鋭意進行中。「句集 鬼火」に選句歴メモを追加。この程度のものが、こんな評価を受けるのだと笑い飛ばされたし。

11/7 「雨月物語 青頭巾 講義」の最後に、「小泉八雲 “JIKININKI” 原文 及び やぶちゃんによる原注の訳及びそれへの補注」を同ページリンク及び「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」へ公開。

11/6 僕のオリジナル授業ノート「雨月物語 青頭巾 講義」を暫定公開。同時に、同ページリンク及び「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」より、やぶちゃん版「雨月物語 青頭巾」原文もアップした。夜、思い立って、芥川龍之介「年末の一日」を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」へ公開。

11/5 僕の遺愛の小品、芥川龍之介の「蜜柑」と、本来はそれと一連の作であった「沼地」を正字歴史的仮名遣で「やぶちゃんの電子テクスト集:小説・随筆篇」に置く。

11/1 芥川龍之介「藪の中」(旧字旧仮名)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」にアップ。

10/30 『「藪の中」殺人事件公判記録』を公開。昔の教え子達よ、あの頃の授業より、かなりグレードアップしているはず。御笑覧あれ!

10/25 オリジナル写真からのスキャン画像を試みる。僕が撮影した Caspar David Friedrich の「海辺の僧侶」の部分を新設「ART SHOT」に「あの頃フリードリヒがいた」と題して、公開。また、亡き僕の次女、Alice をtopと新設「少女アリス」(サムネイル・クリックで拡大)にお披露目、何人かの教え子達には懐かしい姿であろう。

10/22 「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」冒頭に僕が非常に気になっている事柄を追記記載した。

10/17 「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句編」に筑摩版現代日本文学全集版を底本とした「杉田久女集」を、やぶちゃん選と並べて暫定up。

10/16 トップにある存在理由を失った詩歌の引用集を、「アンソロジーの誘惑/奇形学の紋章(俳諧・俳句・近現代詩篇)」と改題して「心朽窩」に移行し、トップ・コンテンツを分かり易く改変。「アラン・ルロワ または 茨冠せるニヒリスト~ロシェル/マルによる「鬼火」論考」は、全くの思考の途次であるが、僕の自慰として、触りを公開する。但しこれについては、今後も全くの未定である。

10/15 「やぶちゃんの電子テクスト」の俳句編及び小説編のベタ・テクスト型をやめ、増殖出来るようにサブページ形式とし、それぞれフォントも拡大した。

10/11 
村上昭夫忌

10/10 明日、村上昭夫忌。top詩を彼の詩に交換。引用は1999年思潮社刊「村上昭夫詩集」より。

10/9 「富永太郎拾遺詩集及び断片(やぶちゃん版)」公開。これで、富永の詩はほぼ網羅されたと思う。

10/8 「富永太郎詩集」完成。校訂と注、更に第三部の翻訳詩の異同に関わるページを公開。

10/6 「富永太郎詩集」を第二部までup。

10/3 「心朽窩」の「富永太郎詩集」をリニューアルし、昭和二(1927)年刊家蔵版「富永太郎詩集」の詩篇本文全テクスト化を始める。まずは第二部の初めまでupした 。

10/2 約束は果たした。『伊東靜雄 詩集「わがひとに與ふる哀歌」(全)』『伊東靜雄 詩集「夏花」(全)』『伊東靜雄 詩集「反響」(全)』を「心朽窩」に追加。こ れで「伊東靜雄全詩集(やぶちゃん版)」が完成した。

10/1 top詩交換。「Johann Sebastian Bach Yabtyan's Record List」及び「Glenn Gould-J.S.Bach Yabtyan's Record List」もこの際、ついでに「心朽窩」でup。

9/30 「海洋生物分類表(やぶちゃん版)」と「Yabtyan's Jazz Record List(1970-2000) omit Bud Powell & Eric Dolphy」を「心朽窩」にup。雑然としてきたので、短文の「淵藪志異」及び「贋作・侏儒の言葉(抄)」を「心朽窩」に移行。

9/29 伊東靜雄の詩集、「春のいそぎ」(全) 及び「『反響』以後」(全)を「心朽窩」に公開。topレイアウト、小手先の変更。

9/26 「句集 鬼火」に二句追加。

9/25 「句集 鬼火」を独立。「僕との因縁のサイトへのリンク」に「沖縄が好きプラス」追加。「心朽窩」に1976年の旧稿を「旅芸人のスケッチ――29年前:舞踊家ギリヤーク尼ヶ崎」と題して、恥を忍んで追加。何が何でもギリヤークさんのことを載せたかった。

9/24 「心朽窩」の「伊東靜雄拾遺詩篇」全詩入力終了、公開。一見、たいして変わっていないように見えるが、全ページで細部微妙なこだわりの改変・追加をした。

9/23 遂にHP自動生成システムから離脱した。トップページ以外をお気に入りにしている方は変更を。「心朽窩」に「富永太郎詩集(抄)」及び僕の自由訳による「李賀」をblogより移行。

9/22 メニューを整理。大きな改変は「心朽窩」を新設し、「引用の誘惑/黄昏の心象」及び『横光利一「蠅」の映像化に関わる覚書』を移動、「椒圖志異 芥川龍之介」と、未完成ながら「伊東靜雄拾遺詩篇」の新ページへのリンクを置き、blog経由をなくす。

9/20 「椒圖志異」に「ノート斷簡」を追加。

9/19 「椒圖志異」全文暫定up。「句集 鬼火」に二句、追加。

9/18 「椒圖志異」を「狐狸妖」篇まで暫定upし、ここまで再校閲。

9/17 「鏡花花鏡」鷺田様より頂戴せる「鏡花俳句集縦書」を公開。誠、発句は縦書に限る。リンクをblog左コンテンツ及び「花鏡別荘」案内に置く。「椒圖志異」を「魔魅及天狗」篇まで暫定up。

9/16 遂に僕の一つの悲願であった芥川龍之介の「椒圖志異」の電子テクスト化に着手、「心朽窩」へ来たれ。まずは「怪例及妖異」篇。ストーリーテラーの密やかなコレクションを純粋に楽しもう。

9/10 多忙な時期となり、暫く更新できないが、その代わり、blogで伊東靜雄の拾遺詩篇をこつこつ入力してゆく。幽かなる増殖。

9/8 「鏡花俳句集」誤植訂正。blog左コンテンツに「鏡花花鏡」様が創って下さった「鏡花花鏡」風鏡花俳句集を「花鏡別荘」として追加。感激している。

9/7 
鏡花忌
句集 鬼火」に「チタン板かざして死出の旅仕度」追加。「僕との因縁のサイトへのリンク」に「泉鏡花作品館『兩頭蛇』」を追加。

9/6 明日の鏡花忌のために「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句編」に「泉鏡花句集」をup。

9/4 芥川龍之介の「沙羅の花」を「やぶちゃんの電子テクスト集:小説編」にup。

9/3 芥川龍之介の「人と死と」を「やぶちゃんの電子テクスト集:小説編」にup。「僕との因縁のサイトへのリンク」に「芥川龍之介を絵本で!」を追加。

9/2 「句集 鬼火」に「陽に病みてチタンの板を廂とす」追加。

8/31 top詩交換。

8/30 僕の大学3年の時の歴史小説「雪炎」をup。「淵藪志異」の後のリンクからどうぞ。

8/25 更新情報を整理。top画像をオリジナル「ポスターのある風景」に(生き残った左腕のみで撮ったので画像のブレはお許しあれ)。僕の長女 Maria と Alain のポートレート。Maria についてはblogの8/25“Maria et Alain”をご覧あれ。

8/24 「句集 鬼火」に旅中句2句追加。

8/13 「やぶちゃんの電子テクスト集:小説編」に芥川龍之介「沼」をup。更に「詩集」を「引用の誘惑/黄昏の心象」から同所へ移行。

8/10 「句集 鬼火」に詞書追加。

8/7 「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句編」に「原民喜原爆句集」をup。

8/5 『横光利一「蠅」の映像化に関わる覚書』を「心朽窩」にup。「やぶちゃんの電子テクスト集:小説編」を新設し、「忘れえぬ人々」up、以前のものは「やぶちゃんの電子テクスト集:俳句編」と改称。

7/30 「富田木歩句集」完成。

7/28 『「こゝろ」マニアックス』の「Edwin McClellan の “Kokoro”(TUT BOOKS版) に対する疑義」McClellan 原文のインサート終了。「句集 鬼火」に「橈骨遠位端骨折」の柱を立て、更に5句追加。「やぶちゃんの電子テクスト集」に「定本芝不器男句集」をup。

7/27 「句集 鬼火」に「我心座滅粉砕炭素棒」追加。

7/26 「句集 鬼火」に「レントゲン腕ニZ旗翩翻ス」追加。

7/25 「句集 鬼火」に「右腕を砕きて放つ鬼火かな」追加。
僕は不器用だ。手が動かない。……本当に人を愛していれば全てを与えてくれるはずだ。僕は人を愛せない。愛せるはずがない。触れられない。捉えることができないんだ。心の問題なんだ!
(注:これは、今の僕には切実な台詞となった。文字通りの、現実だ。詳細はBlog鬼火~日々の迷走2005/07/21以降の記事へ。)

7/23 
Mamorial to Alan Leroy

7/18 「アンソロジーの誘惑/現代詩編」に伊良子清白の「漂泊」「安乗の稚児」を追加。
 
7/17 「やぶちゃんの電子テクスト集」を公開。「篠原鳳作句集」「杉田久女句集」「鈴木しづ子句集」「尾崎放哉全句集(やぶちゃん版)」をup。

7/16 「やぶちゃんと行く江戸のトワイライト・ゾーン」サブページ(メインページの一番下のnextをクリック)に「【第三夜】「不思議な尼の懴悔の物語」をup。「アンソ ロジーの誘惑/近現代詩編」にツルゲーネフの散文詩数編追加。

7/14 「贋作・侏儒の言葉(抄)」に二章追加。

7/11 『「こゝろ」マニアックス』に『やぶちゃんのマニアック「こゝろ」年表』追加。

7/10 『「こゝろ」マニアックス』新設。

7/7 「淵藪志異」に新作八~十四追加。

7/6 遂に始めてしまった「
Blog鬼火~日々の迷走」、愚者の呟きと心得られよ。「僕との因縁のサイトへのリンク」追加。

7/5 「Андрей Тарковский 断章」に「幾つかのメモランダ」追加。「こゝろ佚文」画像追加。読みにくくなったが、この写真によってのみ、この作品の憂鬱は完成するのだ。

7/3 「アンソロジーの誘惑/近現代詩編」に黒田三郎の「道」を追加。

7/1 「贋作・侏儒の言葉(抄)」追加。

6/28 「アンソロジーの誘惑/俳諧・俳句編」「アンソロジーの誘惑/近現代詩編」追加。

6/27 「やぶちゃんと行く江戸のトワイライト・ゾーン」追加。

2005/6/26 泥酔で開設。僕は困った男、やぶちゃん、又は邪魅羅。自筆の小説、俳句、怪談、映画評論、古典研究等、そして引用とテクストの堆積。僕のプロフィルはblogへ 。