やぶちゃんの電子テクスト集:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇
鬼火へ

芥川龍之介氏のこと   下島勲

[やぶちゃん注:昭和二(一九二七)年九月号『改造 芥川龍之介特輯』に表記の題で所載、後に昭和二十二(一九四七)年清文社刊の下島勲著「芥川龍之介の回想」に収められた。下島勲(明治三(一八七〇)年~昭和二十二(一九四七)年)は医師。日清・日露戦争の従軍経験を持ち、後に東京田端で開業後、芥川の主治医・友人として、その末期を看取った。芥川も愛した俳人井上井月の研究家としても知られ、自らも俳句をものし、空谷と号した。また書画の造詣も深く、能書家でもあった。芥川龍之介の辞世とされる「水涕や鼻の先だけ暮れのこる」の末期の短冊は彼に託されたものであった。彼の著作権は消滅している。底本は昭和四十六(一九七一)年刊筑摩全集類聚版芥川龍之介全集別巻に拠った。本作は芥川龍之介の自殺直後の救急治療担当者で死亡通告者にして遺体の検案者であり、しかも俳句を介しての友人でもあった人物の死の直近直後のコメントとして重要である。本作はブログ三四〇〇〇〇アクセス突破記念として作成した。【二〇一二年一月七日】]

芥川龍之介氏のこと   下島勲

 芥川氏のことについては、書きたいことも随分あるやうな気もするが、今は雑用も多く、それに心神も疲労してゐるので、落ちついて書くことが出来ない。これは改造社に対しまた読者に対し、相すまぬことである。
 芥川氏と私とは十二年の長い間の接触で、単に医者としてばかりでなく、老友として、また年こそ違へ私の師として、種々の教へを受けてゐたのである。
 世間の人々は、私が医者であるがために、ぐ芥川氏の体質や病気のことを聞きたがる。現に改造記者も、そんなことが注文の主要事項のやうだつた。
 芥川氏の体質や病気については、世間にイヽ加減な臆説や誤りが流布されてゐる。また種々の尾鰭がついて、肺結核だの甚だしきは精神病者とまで伝へられてゐる。これは医者としてもまた友人としても忍びがたいことであるから、この機会においてそのまうを弁じておく。
 その一は肺結核説である。なるほど、あの痩せた身長五尺四寸以上、頸のたけまでひよろ長い。しかも柳か前屈まへかがみの姿勢で、日本人には稀れに見る、あのバイロン卿の写真でも抜け出したやうな、眼の麗はしい白皙の美貌家に接した人なら、誰でもが一見、肺でも悪るさうな第一印象をうけるのに不思議はない。現にさう云ふ私でさへ、初対面がそれであった。
 併し見ると実際とは違ふことがある。殊に芸術家の体格や体質は、余程注意しないと、見そこなひに終ることがある。尤も芥川氏などは、幼年時代に頭脳の発達が早い方で、斯ういふ人の常として兎角、肉体の方は余り健康ではなかつたらしい。よく風邪をひく、気管支加答児きかんしかたるに罹る。と云つたやうなことから、ほんたうに肺でも悪くすると困るといふので、もとの高輪病院の院長瀬脇ドクトルの注射治療を受けたことがあるさうである。
 先年支那視察に行かれたときは、感冒後の気管支加答児が全治しないのを、種々の都合で決行した。案じた如く大阪の宿で発熱する。無理に船に乗つて上海へ上陸早々肺炎を起して入院する。とつたやうなことではあつたが、それも間もなく治癒して、あの困難な支那旅行を終へて帰つたほどである。
 その後も流行感冒に罹つたこともあるが、大した後害などのこさずに治癒してゐる。だから、仮りに少年時代に軽い肺尖加答児ぐらいやつたことがあつたにしても、少くも私の知つてからの芥川氏に、肺結核の症状のなかつたことだけは、保証出来る。
 その二は胃のアトニーである。この病気は三年ばかりこのかたのことで、始めは独立してゐたわけではなく、神経症状に伴なつてゐた。即ち神経症状のよいときには胃もよく悪いときにはいけないと云つたやうなことで、胃のアトニーとして症状の独立したのは、最近一年ぐらゐのことである。
[やぶちゃん注:「胃のアトニー」胃壁筋肉の緊張が低下、胃の機能が低下する状態を言う。先天的に全身的に筋肉が弱く痩せた人に多く起き、胃下垂自体が胃の機能低下を惹起することが多いために胃下垂と合併して発症することが多い。]
 食事は随分注意する方で、もう二年ぐらゐ一日二食であつた。酒は飲まず特別これと云ふ嗜好を持つてゐない同氏にとつての唯一の嗜好はたばこであつた。莨は洋の東西を問はず何でも用ひられたが、晩年はおもに日本製であつた。殊に創作は多く夜中になるので、朝の莨の吸ひ殻の量は、読者の想像におまかせする。だから、芥川氏の莨の消費量は恐く創作に比例したものと云つても差しつかへないであらう。
 時をりは苦い忠告を試みたが、こればかりはと哀願したものである。云ふまでもなく芸術家の生命は創作である。よし胃はおろか、体全体に良くない影響があるとしてからが、創作を妨げるのは忍びないことである。芥川氏の場合など実にそれであつた。
 その三は痔疾である。これは脱肛だつかうとして現はれる種類のもので、寒い夜中の勉強が過ぎたり、或は気候の悪い時分に力作をしたりするときに起る。時々疼痛の劇しいため苦しむこともあるが、出血したり或はコンニャクやパップなどで温めて、安臥してゐれば充血が去つて収縮する程度のもので、手術の必要ありなど認めたことは一度もない。この起り始めは胃病と同時ごろか、或は少し前であつたか判然しない。
[やぶちゃん注:「出血」は「止血」の誤りか。]
 その四は神経衰弱である。芥川氏の神経衰弱はすこぶる有名なものである。だが、同氏の神経衰弱を談る前に是非知つておかねばならぬのは、同氏がもつ脳神経の作用である。私は私の乏しい経験の上において、異常な神経の作用を持つものも少しは識つてゐた。併し未だ骨て芥川氏の如き異常な神経の所有者に接したことはない。西欧のことはいざ知らず我日本にあつて、天才の有無など余り問題にしなかつた私が、一たび芥川氏に接してからは、始めて天才と云ふものもあるものであると云ふことを識つたのである。なぜなら、それ単にいはゆる頭脳がイイとか記憶力が非常に発達してゐるとか云ふ種類のものではなく、異常の上の異常、寧ろ不可思議な作用を持つてゐたからである。このことについては、何れ書くつもりでゐるから、ここには唯一二の例を挙げるに止める。
 試みに芥川氏の読書するところを一見したもので、その速度におどろかぬものはないであらう。それは普通に云ふ早さなどではなくて、邦文ものなどは、恰も銀行会社の職員が計算表でもめくつてゐるのと同じやうである。また雑誌の小説などは、人と談話をしながらサツサと読了し、それでゐながら確実なことは愕くべきものがある。
 曾て大阪の新聞社に用事があつて出張した時の如き、京都に一週間ばかり滞在を見こんで、部厚な洋書を五六冊携帯したのであつたが、列車が京都の停車場へ到着するころは、のこらずそれを読みつくして、滞在中は京都にゐる友人から借りて読んだと云ふやうな直話がある。
 また元緑以後明治大正に至るまで著名な俳人の俳句の代表的のものなどは、年代を逐つて記憶しをり、俳談の場合などには、随分人を愕かすことがあつた。室生犀星氏など時々、――嫌やになつてしまふと、嘆声を発したこともある。
 故鷗外先生も当時記憶力の雄をもつて聞えた人であるが、とても芥川氏のやうな異常性はなかつたらしい。
 氏は自分でよく云つた。――俺の神経は細くて弱いが、脳髄の丈夫なことは誰にもまけないと、これは一寸非科学的のやうに聞こえるが、実は芥川氏の脳神経はこれで説明が出来るのである。仮令たとへば二昼夜三昼夜の不眠不休も、脳そのものは大した疲労を感じない。即ち脳の中枢ちうすうはまだ充分余裕があるのに、神経の疲労が来ると云ふやうなわけである。頭痛などといふことは、一度も問いたためしがない。
 時として、――俺は気ちがひになるかも知れない。などと云ふこともあつた。さう云ふときに私は、――その理智の飽くまで発達してゐる頭脳と、その聴明さでは、迚も気ちがひなどにはなれ得ないと、云つたものである。だから芥川氏の神経衰弱は、普通の意味の神経衰弱などとは大いにその趣きを異にしてゐる。沈んや、精神錯乱などとはとんでもない誕妄ぶまうと云はねばならぬ。その証拠は、「旧友に送る手記」でも遺書でも、また「西方の人」などを読んでみてもぼわかることであらうと思ふ。
 遺伝については近いところに存在する。併し芥川氏の如き人にとつて、それが果して重大な意義をもつだらうか、なぜなれば、精神病の遺伝或は神経性遺伝などと云ふものは、実はいゝ加減なもので、厳密にしらべたら、遠近の差こそあれ必ず出てくると云うても、過言とは思はれぬ。要するに人間は或る意味において、ことごとく精神病者たり得べき素質を持つてゐるからである。
 芥川氏は稀れに見る品行方正の芸術家であつた。また芥川氏は菊池氏の謂ゆる文壇第一の学者でもあつた。このかくれもなき博学賢明の小説家に、自殺問題について批判のないわけがない。現に彼の有名な某将軍の自殺にも、或は某文学者の死にも、礼讃することの出来なかつた芥川氏が、恬然てんぜんとして自殺するに至つたのは、果して何を語つてゐるのであらうか、? 謎は自然には解かるべきである。

   芥川氏終焉しうえんの日

     駆けつけて先づ心臓
     を聴かんとすれば

  ふところの手紙はねとぶ浴衣かな

     絶  望

  カンフルの注射のひもなかりけり

     検体を終へて

  安らけき永久の眠りよ草の雨

     小穴隆一君枕辺に画
     架を据ゆ。雨暗澹

  死貌しがほ描く昼のともしや夏の雨

   そ の 夜

  まぼろしを逐をとしもなく明け易し

[やぶちゃん注:この最後の句、中七の読みが分からない。識者の御教授を乞う。]

(昭和二年八月三日)