武藏野 國木田獨歩 やぶちゃん校訂版 やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇へ
鬼火へ
ブログ コメントへ

武藏野   國木田獨歩 (やぶちゃん校訂版) ☞ 縦書版へ

[やぶちゃん注:本作の初出は末尾にある獨歩自身の記載を参照されたい。底本は明治三十四(一九〇一)年三月十一日民友社発行「武藏野」の、日本近代文学館による昭和五十三(一九七八)年復刻版を用いた。
 底本は、改行後の一字空けを二葉亭の引用部分を除いて行っていない点で特異である。活字の擦れによる濁音の有無及び誤植・誤記の可能性のあるものについては、学習研究社版國木田獨歩全集(昭和五三(一九七八)年刊)で校合し、最終的には私が判断して訂した(特に注記を必要とすると判断したもの以外は訂正注は附していない)。不確定なものについては注記した。この全集は優れたものであるが、今回の校合作業では私が底本としたものの原本を用いているにも拘らず、
「三」の後ろに現われる「靜肅」を「靜蕭(ママ)」と表記注記したり(私の同じはずの底本では正しく「肅」となっている)、
「近郊」の一つを「きんごう」と読むべきところを「きんこう」とルビしたり、
「九」の終わりから二段落目の「蟬が往來から見える高い樹で鳴きだす」の「樹」が解題に説明記載されずに「梢」となっている(これは全集のみならず現在の通行本は「梢」となっているようである)
等、幾つかの不審が見受けられた。
 但し、全集で明らかな誤植として初出を採用している三箇所の部分についてはそちらを採用し、注記に『初出による。』と入れて、その旨、注記しておいた。
 歴史的仮名遣の誤りはそのままとし、「ママ」表記は省略した。
 変体仮名及び約物は通用字に、踊り字の「ヾ」に似たものは「ゞ」に、「〱」「〲」は正字に代えた(私は個人的にこの「〱」「〲」踊り字が虫唾が走るほど嫌いであり、ブラウザ上ではこれらを用いても見た目が奇異で読みづらいからである)。
 なお、底本では「感」の字が、〔「心」が「咸」の「口」の下に完全に入り込んでいる〕ような字体になっているが、通用の「感」を用いて注記はしていない。
 末尾に「●参考資料1」として獨歩が作中で引用している、
二葉亭四迷の「あひゞき」の該当部分
及び「●参考資料2」として、同じく獨歩が作中で引用している、
William Wordsworth  “The Fountain, a conversation” の全原詩
を掲載した。
 なお、本作をお読みの上は、是非とも上記にリンクさせたブログ・コメント(この「武蔵野」を引用した手塚治虫先生の絶品「鉄腕アトム」の「赤いネコの巻」への私のオマージュ)をお読み頂きたく存ずる。
 最後に。私の大好きな本単行本の表紙画像をここに示しておきたい。【二〇〇六年一月一日】
 十一年前、私のHP創生期の本テクストを今回、より初出テクストに近いものに大々的にリニューアルした。今何か――永い間、逢っていなかった旧友に久し振りに逢えたような気がしている。――【二〇一三年八月四日】]

   
武 藏 野

      ((一))

「武藏野のおもかげは今纔に入間郡に殘れり」と自分は文政年間に出來た地圖で見た事がある。そして其地圖に入間いるま郡「小手指原こてさしはら久米川は古戰場なり太平記元弘三年五月十一日源平小手指原こてさしはらにて戰ふ事一日か内に三十餘度日暮れは平家三里退て久米川に陣を取る明れは源氏久米川の陣へ押寄ると載せたるは此邊なるべし」と書込んであるのを讀んだ事がある。自分は武藏野の跡の纔に殘て居る處とは定めて此古戰場あたりではあるまいかと思て、一度行て見る積で居て未だ行かないが實際は今も矢張其通りであらうかと危ぶんで居る。兎も角、畫や歌で計り想像して居る武藏野を其俤ばかりでも見たいものとは自分ばかりの願ではあるまい。それほどの武藏野が今は果していかゞであるか、自分は詳はしく此問に答へて自分を滿足させたいとの望を起したことは實に一年前の事であつて、今は益〻此望が大きくなつて來た。
さて此望が果たして自分の力で達せらるゝであらうか。自分は出來ないとは言はぬ。容易でないと信じて居る、それ丈け自分は今の武藏野に趣味を感じて居る。多分同感の人も少なからぬことゝ思ふ。
それで今、少しく端緒をこゝに開いて、秋から冬へかけての自分の見て感じた處を書て自分の望の一少部分を果したい。先づ自分が彼問に下すべき答は武藏野の今も昔に劣らずとの一語である。昔の武藏野は實地見てどんなに美であつたことやら、それは想像にも及ばむほどであつたに相違あるまいが、自分が今見る武藏野の美しさは斯る誇張的の斷案を下さしむるほどに自分を動かして居るのである[やぶちゃん注:「及ばぬ」は底本では「及ばむ」。「ぬ」の誤記として訂した。]。自分は武藏野の美と言つた、美といはんより寧ろ詩趣しゝゆといひたい、其方が適切と思はれる。

      ((二))

そこで自分は材料不足の處から自分の日記を種にして見たい。自分は二十九年の秋の初から春の初まで、澁谷村の小さな茅屋に住で居た。自分が彼望を起したのも其時の事、又た秋から冬の事のみを今書くといふのも其わけである。
[やぶちゃん注:底本では次の日記の引用は、ポイントが落ちて小さくなり、二行目が二字下げとなっている。]
 九月七日〇〇〇〇――『昨日も今日も南風強く吹き雲を送りつ雲を拂ひつ、雨降りみ降らずみ、日光雲間をもるゝとき林影●●一時にきらめく、――』
これが今の武藏野の秋の初である。林はまだ夏の綠の其ままであり乍ら空模樣が夏と全く變つてきて雨雲あまぐもの南風につれて武藏野の空低く頻りに雨を送る其晴間には日の光水氣すいきを帶びて彼方かなたの林に落ち此方こなたもりにかゞやく。自分は屢〻思つた、こんな日に武藏野を大觀することが出來たら如何に美しい事だらうかと。二日置て九日の日記にも『風強く秋聲にみつ、浮雲變幻ふうんへんげんたり』とある。恰度ちやうど此頃はこんな天氣が續て大空と野との景色が間斷なく變化して日の光は夏らしく雲の色風の音は秋らしく〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇極めて趣味深く自分は感じた。

先づこれを今の武藏野の秋の發端ほつたんとして、自分は冬の終はるころまでの日記を左に並べて、變化の大略と光景の要素とを示して置かんと思ふ。
[やぶちゃん注:底本では次行以降の「三」手前までの日記の引用は、ポイントが落ちて小さくなり全体が一字下げ。且つ、日附下の文が二行目以上に渡る場合と、その日附内で改行がなされた場合、その行は二字下げとなっている。則ち、日附行以外は一字下げで、他は総てが二字下げで記されてあるということである。]
九月十九日〇〇〇〇〇――『朝、空曇り風死す、冷霧寒露、虫聲しげし、天地の心なほ目さめぬが如し。』
同二十一日〇〇〇〇〇――『秋天拭ふが如し、木葉火のごとくかがやく●●●●●●●●●●●。』 十月十九日〇〇〇〇〇――『明かに林影黑し。』
同二十五日〇〇〇〇〇――『朝は深く、午後は晴る、夜に入りて雲の絶間の月さゆ。朝まだき霧の晴れぬ間に家を出でを歩みを訪ふ。』
同二十六日〇〇〇〇〇――『午後林を訪ふ。林の奧に座して四顧●●し、傾聽●●し、睇視●●し、默想●●す。』
十一月四日〇〇〇〇〇――『天高く氣澄む、夕暮に獨り風吹く野●●●●に立てば、天外の富士●●近く、國境をめぐる連山●●地平線上に黑し。星光一點、暮色ようやく到り、林影漸く遠し。』
同十八日〇〇〇〇――『月を蹈で散歩す、靑煙地を這ひ月光林に碎く。』
同十九日〇〇〇〇――『天晴れ、風淸く、露冷やかなり。滿目黄葉の中綠樹を雜ゆ。小鳥梢に囀ず。一路人影なし●●●●●●。獨り歩み默思口吟し、足にまかせて近郊をめぐる。』
同二十二日〇〇〇〇〇――『夜更けぬ、戸外は林をわたる風聲●●ものすごし。滴聲頻りなれども雨は已に止みたりとおぼし。』
同二十三日〇〇〇〇〇――『昨夜の風雨にて木葉殆ど搖落せり。稻田●●も殆ど刈り取らる。冬枯の淋しき樣となりぬ。』
同二十四日〇〇〇〇〇――『木葉未だ全く落ちず。遠山●●を望めば、心も消え入らんばかりなつかし。』
同二十六日〇〇〇〇〇――夜十時記す『外屋は風雨の聲ものすごし。滴聲相應ず。今日は終日たちこめて野や林や永久とこしへの夢に入りたらんごとく。午後犬を伴うて散歩す。林に入り默坐す。犬眠る。水流●●林より出でゝ林に入る、落葉を浮かべて流る。をりをり時雨●●しめやかに林を過ぎて落葉の上をわたりゆく音靜かなり。』
同二十七日〇〇〇〇〇――『昨夜の風雨は今朝なごりなく晴れ、日うらゝかに昇りぬ。屋後の丘に立て望めば富士山眞白ろに●●●●●●●連山の上に聳ゆ。風淸く氣澄めり。
げに初冬の朝なるかな。
田面たおもに水あふれ、林影倒に映れり。』
十二月二日〇〇〇〇〇――『今朝霜、雪の如く朝日にきらめきて美事なり。暫くして薄雲かゝり日光寒し。』
同二十二日〇〇〇〇〇――『初て降る。』
三十年一月十三日〇〇〇〇〇〇〇〇――『夜更けぬ。風死し林默す。雪頻りに降る。燈をかゞげて戸外をうかゞふ、降雪火影にきらめきて舞ふ。あゝ武藏野沈默す[やぶちゃん注:「かゝげて」は底本では「かゞげて」。誤植として訂した。]。而も耳を澄ませば遠き彼方かなたの林をわたる風の音す、はたして風聲か。』
同十四日〇〇〇〇――『今朝大雪、葡萄棚墮ちぬ。
夜更けぬ。梢をわたる風の音遠く聞ゆ、あゝこれ武藏野の林より林をわたる冬の夜寒よさむこがらしなるかな。雪どけの滴聲軒をめぐる。』
同二十日〇〇〇〇――『美しき朝。空は片雲なく、地は霜柱白銀の如くきらめく。小鳥梢に囀ず。梢頭針の如し。』
二月八日〇〇〇〇――『梅咲きぬ。月漸く美なり。』
三月十三日〇〇〇〇〇――『夜十二時、月傾き風急に、雲わき、林鳴る。』
同二十一日〇〇〇〇〇――『夜十一時。屋外の風聲をきく、忽ち遠く忽ち近し。春や襲ひし、冬や遁れし。』
      ((三)) 昔の武藏野は萱原のはてなき光景を以て絶類の美を鳴らして居たやうに言ひ傳へてあるが、今の武藏野ははやしである。林は實に今の武藏野の特色といつても宜い。すなわち木は重にならの類で冬は悉く落葉し、春は滴る計りの新綠萌え出づる其變化が秩父嶺以東十數里の野一齊に行はれて、春夏秋冬を通じ霞に雨に月に風に霧に時雨に雪に、綠蔭に紅葉に、樣々さまざまの光景を呈する其妙は一寸ちよつと西國地方又た東北の者には解し兼ねるのである。元來日本人はこれまで楢のたぐひの落葉林の美を餘り知らなかつた樣である。林といへば重に松林のみが日本の文學美術の上に認められて居て、歌にも楢林の奧で時雨を聞くといふ樣なことは見當らない。自分も西國に人となつて少年の時學生として初て東京に上つてから十年になるが、かゝる落葉林の美を解するに至たのは近來の事で、それも左の文章が大に自分を教えたのである。 [やぶちゃん注:底本では以下、『 』で挟まれた、「キラキラときらめゐた。」までの引用は、ポイントが落ちて小さくなり、最初の行(「『」は一字目に打たれている)と改行された行を除いて(二字下げ)、全体が一字下げとなっている。] 『秋九月中旬といふころ、一日自分がさる樺の林の中に座してゐたことが有ツた。今朝から小雨が降りそゝぎ、その晴れ間にはをりをり生ま媛かな日かげも射してまことに氣まぐれなそら合ひ[やぶちゃん注:「媛」は「煖」の誤植であろう。全集版は「暖」とするが「煖」が正しい。参考資料1参照。ここはママとした。]。あわあわしい白ら雲が空ら一面に棚引くかと思ふと、フトまたあちこち瞬く間雲切れがして、無理に押し分けたやうな雲間から澄みて怜悧さかし氣に見える人の眼の如くに朗かに晴れた蒼空あをぞらがのぞかれた。自分は座して、四顧して、そして耳を傾けてゐた。木の葉が頭上で幽かにそよいだが、その音を聞たばかりでも季節は知られた。それは春先する、面白さうな、笑ふやうなさゞめきでもなく、夏のゆるやかなそよぎでもなく、永たらしい話し聲でもなく、また末の秋のおどおどした、うそさぶさうなお饒舌しやべりでもなかつたが、只漸く聞取れるか聞取れぬ程のしめやかな私語さゝやきの聲で有つた。そよ吹く風は忍ぶやうに木末こずゑを傳ツた、照ると曇るとで雨にじめつく林の中のやうすが間斷なく移り變ツた、或はそこに在りとある物總て一時に微笑したやうに、隈なくあかみわたツて、さのみ繁くもない樺のほそぼそとした幹は思ひがけずも白絹めく、やさしい光澤を帶び、地上に散り布いた、細かな落ち葉は俄に日に映じてまばゆきまでに金色を放ち、頭をかきむしツたやうな『パアポロトニク』(蕨の類ゐ)のみごとな莖、加之も熟え過ぎた葡萄めく色を帶びたのが、際限もなくもつれつからみつして目前に透かして見られた。
 或はまた四邊あたり一面俄かに薄暗くなりだして、瞬く間に物のあいろも見えなくなり、樺の木立ちも、降り積ツた儘でまだ日の眼に逢はぬ雪のやうに、白くおぼろに霞む[やぶちゃん注:「まだ」は底本では「また」。「まだ」の誤記か誤植として訂した。]――と小雨が忍びやかに、怪し氣に、私語するやうにパラパラと降ツて通ツた[やぶちゃん注:ここは全集は「バラバラ」と濁音表記するが(後半は踊り字「〱」)、底本は明らかに「パ」であり、二葉亭訳「あいびき」の親本も「パ」である。参考資料1参照。]。樺の木の葉は著しく光澤が褪めても流石に尚ほ靑かツた、が只そちこちに立つ稚木のみは總て赤くも黄いろくも色づいて、をりをり日の光りが今ま雨に濡れた計りの細枝の繁みを漏れて滑りながらに脱けて來るのをあびては、キラキラときらめいた。』
則ちこれはツルゲー子フの書たるものを二葉亭が譯して『あいびき』と題した短編の冐頭にある一節であつて、自分がかゝる落葉林の趣きを解するに至つたのは此微妙な敍景の筆の力が多い[やぶちゃん注:『あいびき』ママ。厳密に正しい表記では訳書名は「あひゞき」である。以下の『あいびき』も同じ。ママとした。]。これは露西亞の景で而も林は樺の木で、武藏野の林は楢の木、植物帶からいふと甚だ異て居るが落葉林の趣は同じ事である[やぶちゃん注:「落葉林の趣」の「趣」は底本では「野」である。初出によって訂した。]。自分は屢々思ふた、若し武藏野の林が楢のたぐゐでなく、松か何かであつたら極めて平凡な變化に乏しい色彩一樣なものとなつて左まで珍重するに足らないだらうと。
楢の類だから黄葉する。黄葉するから落葉する。時雨が私語く。こがらしが叫ぶ。一陣の風小高い丘を襲へば、幾千萬の木の葉高く大空に舞ふて、小鳥の群かの如く遠く飛び去る。木の葉落ち盡せば、數十里の方域にわたる林が一時に裸體はだかになつて、あをずんだ冬の空が高く此上に埀れ、武藏野一面が一種の沈靜に入る。空氣が一段澄みわたる。遠い物音が鮮かに聞へる。自分は十月二十六日の記に、林の奧に座して四顧し、傾聽し、睇視し、默想すと書た。『あいびき』にも、自分は座して、四顧して、そして耳を傾けたとある。此耳を傾けて聞くといふことがどんなに秋の末から冬へかけての、今の武藏野の心にかなつてゐるだらう。秋ならば林のうちより起る音、冬ならば林の彼方かなた遠く響く音。
鳥の羽音、囀る聲。風のそよぐ、鳴る、うそぶく、叫ぶ聲。くさむらの蔭、林の奧にすだく虫の音。空車荷車からぐるまにぐるまの林をめぐり、坂を下り、野路のぢを横ぎる響。蹄で落葉を蹶散けちらす音、これは騎兵演習の斥候か、さなくば夫婦連れで遠乘に出かけた外國人である。何事をか聲高こわだかに話しながらゆく村の者のだみ聲、それも何時しか、遠かりゆく。獨り淋しさうに道をいそぐ女の足音。遠く響く砲聲。隣の林でだしぬけに起る銃音つゝおと。自分が一度犬をつれ、近處の林を訪ひ、切株に腰をかけてほんを讀んで居ると、突然林の奧で物の落ちたやうな音がした。足もとにて居た犬が耳を立てゝきつと其方を見つめた。それぎりで有つた。多分栗が落ちたのであらう、武藏野には栗樹くりのきも隨分多いから。
[やぶちゃん注:この箇所、底本では行末まで前段の文章が詰まっているため、改行には見えない。全集に拠って改行した。]
若し夫れ時雨しぐれの音に至つてはこれほど幽寂のものはない。山家の時雨は我國でも和歌の題にまでなつて居るが、廣ひ、廣ひ、野末から野末へと林を越へ、もりを越へ、田を横ぎり、又た林を越へて、しのびやかに通りく時雨の音の如何にもしづかで、又た鷹揚おうやうな趣きがあつて、やさしくゆかしいのは、實に武藏野の時雨の特色であらう。自分が甞て北海道の深林で時雨に逢た事がある、これは又た人跡絶無の大森林であるから其趣は更に深いが、其代り、武藏野の時雨の更に人なつかしく、私語さゝやくが如き趣はない。
秋の中ごろから冬の初、試みに中野あたり、或は澁谷、世田ケ谷、又は小金井の奧の林を訪ふて、暫くすわつて散歩の疲を休めてみよ。此等の物音、忽ち起り、忽ち止み、次第に近づき、次第に遠ざかり、頭上の木の葉風なきに落ちてかすかな音をし、其も止んだ時、自然の靜肅を感じ、永遠エタルニテーの呼吸身に迫るを覺ゆるであらう。武藏野の冬の夜更て星斗闌干たる時、星をも吹き落しさうな野分がすさまじく林をわたる音を、自分は屢々日記に書た。風の音は人の思を遠くにいざなふ。自分は此物凄い風の音の忽ち近く忽ち遠きを聞ては、遠い昔からの武藏野の生活を思ひつゞけた事もある。
熊谷直好の和歌に、
  よもすから木葉かたよる音きけは
        しのひに風のかよふなりけり
といふがあれど、自分は山家の生活を知て居ながら、此歌の心をげにもと感じたのは、實に武藏野の冬の村居の時であつた。
林に座つて居て日の光の尤も美しさを感ずるのは、春の末より夏の初であるが、それは今こゝには書くべきでない。其次は黄葉の季節である。半ば黄ろく半ば綠な林の中に歩て居ると、澄みわたつた大空が梢々こずえこずえ隙間すきまからのぞかれて日の光は風に動く葉末はずゑ葉末に碎け、其美さ言ひつくされず。日光とか碓氷とか、天下の名所は兎も角、武藏野の樣な廣い平原の林が隈なく染まつて、日の西に傾くと共に一面の火花を放つといふも特異の美觀ではあるまいか[やぶちゃん注:「黄ろく」は底本では「廣ろく」である。初出によって訂した。]。若し高きに登て一目に此大觀を占める事が出來るなら此上もないこと、よし其れが出來難いにせよ、平原の景の單調なる丈けに、人をして其一部を見て全部の廣ひ、殆ど限りない光景を想像さする者である。其想像に動かされつゝ夕照に向て黄葉の中を歩ける丈け歩くことがどんなに面白かろう。林が盡きると野に出る。

      ((四))

十月二十五日の記に、を歩み林を訪ふと書き、又十一月四日の記には、夕暮に獨り風吹くに立てばと書てある。そこで自分は今一度ツルゲーネフを引く。
[やぶちゃん注:底本では以下一行空けがあり(引用後も表記通り一行空け)、その後の『 』で挟まれた、「響きわたツた‥‥‥‥」までの引用は、ポイントが落ちて小さくなり、最初の行(「『」は一字目に打たれている)と改行された行を除いて(二字下げ)、全体が一字下げとなっている。]

『自分はたちどまつた、花束を拾ひ上げた、そして林を去ツてのらへ出たヽヽヽヽヽ○○ヽヽヽ。日は靑々とした空に低くたゞよツて、射す影も蒼ざめて冷かになり、照るとはなく只ジミな水色のぼかしを見るやうに四方に充ちわたつた。日沒にはまだ半時間も有らうに、モウゆうやけがほの赤く天末を染めだした。黄ろくからびた刈株かりかぶをわたツて烈しく吹付ける野分に催されて、そりかへツた細かな落ち葉があはたゞしく起き上り、林に沿ふた徃來を横ぎつて、自分の側を駈け通ツた、のら○○に向ツて壁のやうにたつ林の一面は總てざわざわざわつき、細末の玉の屑を散らしたやうにきらめきはしないがちらついてゐた。また枯れ艸、莠、藁の嫌ひなくそこら一面にからみつゐた蜘蛛の巣は風に吹き靡かされて波たツてゐた。
 自分はたちどまつた[やぶちゃん字注:底本は「たちざまつた」。「ど」の誤植として訂した。]……心細く成つて來た、眼に遮る物象はサツパリとはしてゐれど、おもしろ氣もおかし氣もなく、さびれはてたうちにも、どうやら間近になツた冬のすさまじさが見透かされるやうに思はれて。小心な鴉が重さうに羽ばたきをして、烈しく風を切りながら、頭上を高く飛び過ぎたが、フト首を回らして、横目で自分をにらめて、急に飛び上ツて、聲をちぎるやうに啼きわたりながら[やぶちゃん注:底本「ながら」。誤植。訂した。]、林の向ふへかくれてしまツた。鳩が幾羽ともなく群をなして勢込んで穀倉の方から飛んで來た、がフト柱を建てたやうに舞ひ昇ツて、さてパツと一齊に野面に散ツた――アヽ秋だ!誰だか禿山の向ふを通ると見えて、から車の音が虚空に響きわたツた‥‥‥‥」

これは露西亞の野であるが、我武藏野の野の秋から冬へかけての光景も、凡そこんなものである。武藏野には決して禿山はげやまはない。しかし大洋のうねりの樣に高低起伏して居る。それも外見には一面の平原の樣で、寧ろ高臺たかだいの處々が低く窪んで小さな淺い谷をなして居るといつた方が適當であらう。此谷の底は大概水田である。畑は重に高臺にある、高臺は林と畑とで樣々の區畫をなして居る。畑は即ち野である。されば林とても數里にわたるものなく否、恐らく一里にわたるものもあるまい、畑とても一眸數里に續くものはなく一座の林の周圍は畑、一頃の畑の三方は林、といふ樣な具合で、農家が其間に散在して更らにこれを分割して居る。即ち野やら林やら、たゞ亂雜に入組んで居て、忽ち林に入るかと思へば、忽ち野に出るといふ樣な風である。それが又た實に武藏野に一種の特色を與へて居て、こゝに自然あり、こゝに生活あり、北海道の樣な自然そのまゝの大原野大森林とは異て居て、其趣も特異である。
稻の熟する頃となると、谷々の水田がきばんでくる。稻が刈り取られて林の影がさかさに田面にうつる頃ろとなると、大根畑の盛で、大根がそろそろ拔かれて、彼方此處の水溜みづため又は小さな流のほとりで洗はれる樣になると、野は麥の新芽で靑々となつて來る。或は麥畑の一端、野原のまゝで殘り、尾花野菊が風に吹かれて居る。萱原の一端が次第にたかまつて、そのはてが天際をかぎつて居て、そこへ爪先つまさきあがりに登て見ると、林の絶へ間を國境に連る秩父ちゝぶの諸嶺が黑く横はツて居て、あたかも地平線上を走ては又た地平線下に沒して居るやうにも見える。さてこれより又た畑の方へくだるべきか。或は畑の彼方の萱原に身を横へ、強く吹く北風を、積み重ねた枯草でけながら、南の空をめぐる日の微温ぬるき光に顏をさらして畑の横の林が風にざわつききらめき輝くのを眺むべきか。或は又た直ちに彼林へとゆく路をすゝむべきか。自分は斯くためらつた事が屢々ある。自分は困つたか否、決して困らない。自分は武藏野を縱横に通じて居るは、どれを撰で行つても自分を失望さゝないことを久しく經驗して知て居るから。

      ((五))

自分の朋友が甞て其郷里から寄せた手紙の中に『此間も一人夕方に萱原を歩みて考へ申候、此野の中に縱横に通せる十數の徑の上を何百年の昔より此かた朝の露さやけしといひては出で夕の雲花やかなりといひてはあこがれ何百人のあはれ知る人や逍遙しつらん相惡む人は相避けて異なる道をへだゝりて往き相愛する人は相合して同じ道を手に手とりつゝかへりつらん』との一節があつた。野原の徑を歩みては斯るいみじき想も起こるならんが、武藏野の路はこれとは異り、相逢はんとて往くとても逢ひそこね、相避けんとて歩むも林の回り角で突然出逢ふ事があらう。されば路といふ路、右にめぐり左に轉じ、林を貫き、野を横ぎり、眞直まつすぐなること鐵道線路の如きかと思へば、東よりすゝみて又東にかへるやうな迂回の路もあり、林にかくれ、谷にかくれ、野に現はれ、又た林にかくれ、野原の路のやうに能く遠くの別路ゆく人影を見る事は容易でない。しかし野原の徑の想にもまして、武藏野の路にはいみじき實がある。
武藏野に散歩する人は、道に迷ふことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方へゆけば必ず其處そこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物えものがある。武藏野の美はたゞ其縱横に通ずる數千條の路をあてもなく歩くことに由て始めて獲られる。春、夏、秋、冬、朝、晝、夕、夜、月にも、雪にも、風にも、霧にも、霜にも、雨にも、時雨にも、たゞ此路をぶらぶら歩て思ひつき次第に右し左すれば隨處に吾等を滿足さするものがある。これが實に又た、武藏野第一の特色だらうと自分はしみじみ感じて居る。武藏野をのぞいて日本に此樣な處が何處どこにあるか。北海道の原野には無論の事、奈須野にもない、其外何處にあるか。林と野とが斯くも能く入り亂れて、生活と自然とが斯の樣に密接して居る處が何處にあるか。實に武藏野に斯る特殊の路のあるのは此の故である。
されば君若し、一の小徑を往き、忽ち三條に分かるゝ處に出たなら困るに及ばない、君の杖を立てゝ其倒れた方に往き玉へ。或は其路が君を小さな林に導く。林の中ごろに到て又た二つに分かれたら、其小なる路を撰んで見玉へ。或は其路が君を妙な處に導く。これは林の奧の古い墓地で苔むす墓が四つ五つ並で其前に少し計りの空地あきちがあつて、其横のほうに女郎花など咲て居ることもあらう。頭の上の梢で小鳥が鳴て居たら君の幸福である。すぐ引きかへして左の路を進んで見玉へ。忽ち林が盡て君の前に見わたしの廣い野が開ける。足元あしもとから少しだらだらさががりになり萱が一面に生え、尾花の末が日に光つて居る、萱原の先きが畑で、畑の先に背の低い林が一むら繁り、其林の上に遠い杉の小杜が見え、地平線の上に淡々あはあはしい雲が集て居て雲の色にまがひさうな連山が其間に少しづゝ見える[やぶちゃん注:「萱が」は底本「萱か」。誤植として訂した。]。十月小春の日の光のどかに照り、小氣味よい風がそよそよと吹く。もし萱原の方へりてゆくと、今まで見えた廣い景色が悉く隱れてしまつて、小さな谷の底に出るだらう。思ひがけなく細長い池が萱原と林との間に隱れて居たのを發見する。水は淸く澄で、大空を横ぎる白雲の斷片を鮮かに映してゐる。水のほとりには枯蘆かれあしが少しばかり生えてゐる。此池のほとりみちを暫くゆくと又た二つに分れる。右にゆけば林、左にゆけば坂。君は必ず坂をのぼるだらう。兎角武藏野を散歩するのは高い處高い處と撰びたくなるのはなんとかして廣い眺望を求むるからで、それで其の望は容易に達せられない。見下ろす樣な眺望は決して出來ない。それは初めからあきらめたがいゝ。
若し君、何かの必要で道を尋ねたく思はゞ、畑の眞中に居る農夫にきゝ玉へ。農夫が四十以上の人であつたら、大聲をあげて尋ねて見玉へ、驚て此方を向き、大聲で教えて呉れるだらう。もし少女をとめであつたら近づいて小聲できゝ玉へ。若し若者であつたら、帽を取つて慇懃に問ひ玉へ。鷹揚に教えて呉れるだらう。おこつてはならない、これが東京近在の若者の癖であるから。
教えられた道をゆくと、道が又た二つに分れる。教えて呉れた方の道は餘りに小さくて少し變だと思つても其通りにゆき玉へ、突然農家の庭先に出るだらう。果して變だと驚てはいけぬ。其時農家で尋ねて見玉へ、門を出るとすぐ往來ですよと、すげなく答へるだらう。農家の門を外に出て見ると果して見覺えある徃來、なる程これが近路ちかみちだなと君は思はず微笑をもらす、其時初て教えて呉れた道の有難さがわかるだらう[やぶちゃん注:「君は思はず微笑をもらす」は底本では「君はず微笑をもらす」。脱字。全集で訂した。]。
眞直まつすぐな路で兩かは共十分に黄葉した林が四五丁も續く處に出る事がある。此路を獨り靜かに歩む事のどんなに樂しからう。右側の林の頂は夕照あざやかにかゞやいて居る。をりをり落葉の音が聞こえる計り、四邊あたりはしんとして如何にもさびしい。前にも後にも人影見えず、誰にも遇はず。若し其れが木葉落ちつくした頃ならば、路は落葉に埋れて、一足毎にがさがさと音がする、林は奧まで見すかされ、梢の先は針の如く細く蒼空あをぞらを指してゐる。猶更ら人に遇はない。愈〻淋しい。落葉をふむ自分の足音ばかり高く、時に一羽の山鳩あわたゞしく飛び去る羽音に驚かされる計り。
同じ路を引きかへして歸るはである。迷つた處が今の武藏野にすぎない、まさかに行暮れて困る事もあるまい。歸りも矢張やはり凡その方角をきめて、別な路を當てもなく歩くが妙。さうすると思はず落日の美觀をうる事がある。日は富士の背に落ちんとして未だ全く落ちず、富士の中腹にむらがる雲は黄金色に染て、見るがうちに樣々の形に變ずる。連山の頂は白銀のくさりの樣な雪が次第に遠く北に走て、終は暗憺あんたんたる雲のうちに沒してしまう。
日が落ちる、野は風が強く吹く、林は鳴る、武藏野は暮れむとする、寒さが身にむ、其時は路をいそぎ玉へ、顧みて思はず新月が枯林の梢の横に寒い光を放て居るのを見る。風が今にも梢から月を吹き落しさうである。突然又た野に出る。君は其時、
        山は暮れ野は黄昏の薄かな
の名句を思ひだすだらう。

      ((六))

今より三年前の夏のことであつた。自分は或友と市中の寓居を出でゝ三崎町の停車場から境まで乘り、其處そこで下りて北へ眞直まつすぐに四五丁ゆくと櫻橋といふ小さな橋がある、それを渡ると一軒の掛茶屋がある、此茶屋の婆さんが自分に向て、「今時分、何にしに來たゞア」と問ふた事があつた。
自分は友と顏見合せて笑つて、「散歩に來たのよ、たゞ遊びに來たのだ」と答へると、婆さんも笑て、それも馬鹿にした樣な笑ひかたで、「櫻は春咲くことしららねえだね」と言つた。其處そこで自分は夏の郊外の散歩のどんなに面白いかを婆さんの耳にもわかるやうに話してみたが無駄むだであつた。東京の人は呑氣のんきだといふ一語で消されて仕了つた。自分等は汗をふきふき、婆さんがむいてくれる甜瓜まくはうりを喰ひ、茶屋の横を流れる幅一尺計りの小さな溝で顏を洗ひなどして、其處を立出でた。此溝の水は多分、小金井の水道から引たものらしく、能く澄んで居て、靑草の間を、さも心地よささうに流れて、をりをりこぼこぼと鳴ては小鳥が來て翼をひたし、喉を濕ほすのを待て居るらしい。しかし婆さんは何とも思はないで此水で朝夕、鍋釜を洗うやうであつた。
[やぶちゃん注:この箇所、底本では行末まで前段の文章が詰まっているため、改行には見えない。全集に拠って改行した。]
茶屋を出て、自分等は、そろそろ小金井の堤を、水上の方へとのぼり初めた。あゝ其日の散歩がどんなに樂しかつたらう。成程小金井は櫻の名所、それで夏の盛に其堤をのこのこ歩くも餘所目には愚かに見へるだろう、しかし其れは未だ今の武藏野の夏の日の光を知らぬ人の話である。
空は蒸暑むしあつい雲がきいでゝ、雲の奧に雲が隱れ、雲と雲との間の底に蒼空が現はれ、雲の蒼空に接する處は白銀の色とも雪の色ともたとへがたき純白な透明な、それで何となく穩やかな淡々あはあはしい色を帶びて居る、其處そこで蒼空が一段と奧深く靑々と見える。たゞこれぎりなら夏らしくもないが、さて一種のにごつた色の霞のやうなものが、雲と雲との間をかき乱して、凡べての空の模樣を動搖、參差、任放、錯雜の有樣と爲し、雲をつんざく光線と雲より放つ陰翳とが彼方此方に交叉して、不羈奔逸の氣が何處ともなく空中に微動して居る●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●。林といふ林、梢といふ梢、草葉の末に至るまでが、光と熱とに溶けて、まどろんで、なまけて、うつらうつらとして醉て居る。林の一角、直線にたれて其間から廣い野が見える、野良のら一面、絲遊いとゆう上騰して永くは見つめて居られない。
自分等は汗をふき乍ら、大空を仰いだり、林の奧をのぞいたり、天際の空、林に接するあたりを眺めたりして堤の上をあえぎ喘ぎ辿たどつてゆく[やぶちゃん注:「辿てゆく」のルビは底本では「辿たどてゆく」。全集で訂した。]。苦しいか?、どうして!うちには健康がみちあふれて居る。
[やぶちゃん注:この箇所、底本では行末まで前段の文章が詰まっているため、改行には見えない。全集に拠って改行した。]
長堤三里の間、ほとんど人影を見ない。農家の庭先、或は藪の間から突然、犬が現はれて、自分等を怪しさうに見て、そしてあくびヽヽヽをして隱て仕了う。林の彼方では高く羽ばたきをして雄鷄が時をつくる、それが米倉の壁や杉の森や林や籔にこもつて、ほがらかに聞える。堤の上にも家鷄の群が幾組となく櫻の陰などに遊で居る。水上を遠く眺めると、一直線に流れてくる水道の末は銀粉をまいたやうな一種の陰影のうちに消え、間近くなるにつれてぎらぎら輝て矢の如く走てくる[やぶちゃん注:「水道」は底本では「道」。初出によって訂した。「如く」は底本では「來く」。誤植として訂した。]。自分達は或橋の上に立て、流れの上と流れのすそと見比べて居た。光線の具合で流れの趣が絶えず變化して居る。水上が突然薄暗くなるかと見ると、雲の影が流と共に、またゝく間に走て來て自分達の上まで來て、ふと止まつて、急に横にそれて仕了ふことがある。暫くすると水上がまばゆくかがやいて、兩側の林、堤上の櫻、あたかも雨後の春草のやうに鮮かに綠の光を放つてる。橋の下では何とも言ひようのないやさしい水音がする。これは水が兩岸に激して發するのでもなく、又た淺瀨のやうな音でもない。たつぷりと水量みずかさがあつて、それで粘土質の殆ど壁を塗つたや樣な深い溝を流れるので、水と水とがもつれ●●●からまつ●●●●て、み合て、自から音を發するのである。何たる人なつかしい音だらう![やぶちゃん注:「たつぷりと」は底本「たつぶり」。全集で訂した。「人なつかいしい音」は底本「人なつかいし音」でやはり誤植として訂した。]
    “――――Let us match
    This water's pleasant tune
    With some old Border song, or catch,
    That suits a summer's noon.”
の句も思ひ出されて、七十二歳の翁と少年とが、そこら櫻の木蔭にでもすわつて居ないだらうかと見廻はしたくなる。自分は此流の兩側に散點する農家の者を幸福しやはせの人々と思つた。無論、この堤の上を麥藁帽子とステツキ一本で散歩する自分達をも。

      ((七))

自分と一所に小金井の堤を散歩した朋友は、今は判官になつて地方に行て居るが、自分の前號の文を讀んで次の如くにかいて送つて來た。自分は便利のためにこれを此處に引用する必要を感ずる――――[やぶちゃん注:老婆心ながら注すると、以下、この章末まで総てがその「朋友」の消息文という体裁である。]武藏野は俗にいふ關八州の平野でもない。また道灌が傘の代りに山吹の花を貰つたといふ歴史的の原でもない。僕は自分で限界を定めた一種の武藏野をいうして居る。其限界は恰も國境又は村境が山や河や、或は古跡や、色々のもので、定めらるゝやうに自ら定められたもので、其定めは次の色々の考から來る。
僕の武藏野の範圍の中には東京がある。しかし之は無論はぶかなくてはならぬ、なぜなれば我々われわれは農商務省の官衙くわんが巍峨ぎがとしてそびへて居たり、鐵管事件てつくわんじけんの裁判が有つたりする八百八街によつて昔の面影おもかげを想像することが出來ない。それに僕がちかごろ知合しりあひになつた獨逸婦人の評に、東京は「あたらしいみやこ」といふことが有つて、今日の光景では假令たとへ德川の江戸で有つたにしろ、此評語このへうごを適當と考へられる筋もある。斯樣なわけで東京はかならず武藏野から抹殺まつさつせねばならぬ。
しかし其市のくる處、即ち町外づれはかならず抹殺してはならぬ。僕が考には武藏野の詩趣ししゆを描くには必ずこの町外れを一の題目だいもくとせねばならぬと思ふ。例へば君が住はれた澁谷の道玄坂だうげんざかの近傍、目黑の行人坂ぎやうにんざか、また君と僕と散歩さんぽしたことの多い早稻田の鬼子母神あたりの町、新宿、白金……
また武藏野のあじを知るにはその野から富士山ふじさん、秩父山脈國府臺こふのだい等を眺めた考のみでなく、また其中央につゝまれて居る首府しゆふ東京をふりかへつた考で眺めねばならぬ。そこで三里五里のそとに出で平原へいげんを描くことの必要が有る。君の一ぺんにも生活と自然とが密接みつせつして居るといふことが有り、また時々色々なものに出遇であふ面白味がえがいてあるが、いかにも左樣さやうだ。僕は曾て斯ういふことがる、家弟をつれて多摩川の方へ遠足えんそくしたときに、一二里行き、また半里行はんりゆきて家並が有り、また家並やなみに離れ、また家並にて、人や動物どうぶつに接し、また草木ばかりになる、此變化このへんくわのあるので處々に生活せいくわつを點綴して居る趣味の面白いことを感じて話したことがつた。此趣味をえがくために武藏野に散在せる驛、驛といかぬまでも家並やなみ、即ち製圖家せいづかの熟語でいふ聯檐家屋を描寫するの必要がある。
また多摩川はどうしても武藏野の範圍はんゐに入れなければならぬ。六つ玉川などと我々の先祖せんぞが名づけたことがるが武藏の多摩川の樣なかはが、外にどこにあるか。其川がたひらな田と低いはやしとに連接する處の趣味は、あたかも首府が郊外と連接れんせつする處の趣味と共に無限の意義がある。
また東の方の平面へいめんを考へられよ。これはあまりに開けて水田が多くて地平線が少しひくい故、除外せられさうなれど矢張やはり武藏野に相違ない。龜井戸の金絲堀きんしぼりのあたりから木下川邊きねがはへんへかけて、水田と立木と茅屋とか趣をなして居る矩合ぐあひは武藏野の一領分れうぶんである[やぶちゃん注:「立木と茅屋とは」は底本では「立木と茅屋とか」。「が」の誤植として訂した。]。殊に富士で分明わかる。富士を高く見せてあたかも我々が逗子づしの「あぶずり」で眺むるやうに見せるのは此邊にかぎる。又た筑波つくば分明わかる。筑波の影が低く遙かなるを見ると我々はくわんしうの一隅に武藏野が呼吸こきうして居る意味を感ずる。
しかし東京の南北にかけては武藏野の領分れうぶんが甚だせまい。殆ど無いといつてもよい。是れは地勢ちせいの然らしむる處で、且鐵道かつてつだうが通じて居るので、乃ち「東京」が此線路に由て武藏野むさしのを貫いて直接ちよくせつに他の範圍と連接して居るからで有る。僕はどうも左う感じる。
そこで僕は武藏野は雜司谷ざうしがやから起つて線をいて見ると、それから板橋の中仙道の西側にしがはを通つて川越近傍までたつし、君の一編に示された入間郡をつゝんでまるく甲武線の立川驛に來る。此範圍このはんゐの間に所澤、田無などいふゑきがどんなに趣味がおほいか[やぶちゃん注:「此範圍」のルビは底本では「こんはんいである。誤植と見て全集で訂した。]……殊に夏の綠の深い頃。扨て立川からは多摩川を限界げんかいとして上丸邊まで下る[やぶちゃん注:「上丸邊」はママ。上丸子の誤りと考えられるが、現行ではこのままであるから、訂さずにおいた。]。八王子は決して武藏野には入れられない。そして丸子まるこから下目黑しもめぐろに返る。此範圍の間に布田、登戸、二子などのどんなに趣味が多いか。以上は西半面。
東の半面は龜井戸邊より小松川こまつがはへかけ木下川きねがはから堀切を包んで千住近傍へ到て止まる。此範圍このはんゐは異論が有れば取除とりのぞいても宜い。併し一種の趣味が有つて武藏野に相違さういない事は前に申した通りである――

      ((八))

自分は以上の所説しよせつに少しの異存もない。殊に東京市の町外まちはづれを題目とせよとの注意ちういは頗る同意であつて、自分もねて思付て居た事である。町外まちはづれを「武藏野」の一部にれるといへば、少し可笑おかしく聞えるが、實は不思議ふしぎはないので、海をえがくに波打ちぎはを描くも同じ事である。しかし自分じぶんはこれを後廻あとまはしにして、小金井堤上の散歩に引きつゞき、先づいまの武藏野の水流すゐりうを説くことにした。
第一は多摩川たまがは、第二は隅田川、無論むろん此二流のことは十分に書て見たいが、さてこれも後廻あとまはしにして、らに武藏野をながるゝ水流を求めて見たい。
小金井のながれの如き、其一である。此流このながれは東京近郊に及んでは千駄ヶ谷、代々木、角筈つのはずなどの諸村の間をながれて新宿に入り四谷上水となる[やぶちゃん注:「角筈」は底本では「つのはぜ」。「つのはず」の誤植として全集によって訂した。]。又た井頭池ゐのかしらいけ善福池などより流れ出でゝ神田上水かんだじやうすゐとなる者。目黑邊を流れて品海ひんかいに入るもの。澁谷しぶや邊を流れて金杉かなすぎに出ずる者。其他名も知れぬ細流小溝さいりうせうきよに至るまで、若しこれを他所で見るならば格別かくべつみやうもなけれど、これが今の武藏野の平地高臺へいちたかだいの嫌なく、林をくゞり、野を横切り、かくれつ現はれつして、しかもまがりくねつて(小金井は取除け)流るゝ趣は春夏秋冬しゆんかしうとうに通じて吾等の心をくに足るものがある[やぶちゃん注:「細流小溝」のルビの「さいりうせうきよ」の「きよ」はママ。「渠」と勘違いしたか。「春夏秋冬しゆんかしうとう」のルビの「夏」は底本では「しゆん」。誤植として訂した。]。自分はもと山多やまおほき地方に生長せいちやうしたので、河といへば隨分大きな河でも其水は透明であるのを見慣れたせいか、初は武藏野のながれ、多摩川をのぞいては、悉くにごつて居るので甚だ不快ふくわいな感を惹いたものであるが、だんだんれて見ると、やはり此少このすこし濁た流れが平原の景色にかなつて見へるやうに思はれて來た。
自分が一度、今より四五年前のなつの夜の事であつた、かのともと相携へて近郊きんがうを散歩した事をおぼえて居る。神田上水の上流じやうりうの橋の一つを、夜の八時ごろとほりかゝつた。此夜は月えて風淸く、も林も白紗につゝまれしやうにて、何とも言ひ難き良夜りやうやであつた。かの橋の上には村のもの四五人あつまつていて、らんに倚て何事をか語り何事をか笑ひ、何事をかうたつて居た。其中に一人の老翁らうをうまざつて居て、頻りに若い者の話やうたをまぜツかへして居た。月はさやかにり、此等の光景を朦朧もうらうたる楕圓形のうちに描き出して、田園詩でんえんしの一節のやうに浮かべて居る[やぶちゃん注:「楕圓形」の「楕」は底本では「惰」。誤植として訂した。]。自分達も此畫中このぐわちうの人に加はつてらんよつて月を眺めて居ると、月はるやかに流るゝ水面にんで映て居る。羽虫はむしが水をつ毎に細紋起て暫らくつきおも小皺こじはがよる計り。流れははやしの間をくねつて出て來り、又た林の間に半圓はんゑんを描いてかくれて仕了ふ。林の梢に碎けた月の光が薄暗うすぐらい水に落ちてきらめいて見える。水蒸氣すゐじやうきは流れの上、四五尺の處をかすめて居る。
大根の時節に、近郊きんがうを散歩すると、これらの細流さいりうのほとり、到る處で、農夫が大根のつちを洗つて居るのを見る。

      ((九))

必ずしも道玄坂だうげんざかといはず、又た白金しろかねといはず、つまり東京市街の一端、或は甲州街道かうしうかいだうとなり、或は靑梅道あふめみちとなり、或は中原道なかはらみちとなり、或は世田せた谷街道やかいだうとなりて、郊外の林地田圃りんちでんぽに突入する處の、市街ともつかず宿驛しゆくゑきともつかず、一種の生活と一種の自然しぜんとを配合して一種の光景をていし居る場處を描寫びやうしやすることが、頗る自分の詩興しけうび起こすも妙ではないか。なぜ斯樣かやうな場處が我等のかんくだらうか[やぶちゃん注:末尾「惹くだらうか」はママ。]。自分は一言にしてこたへることが出來る。即ち斯樣な町外まちはづれの光景は何となく人をして社會しやくわいといふものゝ縮圖しゆくづでも見るやうな思をなさしむるからであらう。言葉ことばを換えて言へば、田舍ゐなかの人にも都會の人にも感興をこさしむるやうな物語ものがたり、小さな物語、しかも哀れの深い物語、あるいは抱腹はうふくするやうな物語が二つ三つ其處らの軒先のきさきに隱れて居さうに思はれるからであらう。更らに其特點そのとくてんを言へば、大都會の生活の名殘なごりと田舍の生活の餘波よはとが此處こゝで落合つて、ゆるやかにうづヽヽを卷いて居るやうにも思はれる。
見給へ、其處そこに片眼の犬がうづくまつて居る。此犬のの通つて居る限りが即ち此町外このまちはづれの領分である。
見給へ、其處そこに小さな料理屋がある。くのともわらふのとも分らぬ聲を振立てゝわめくヽヽヽ女の影法師かげぼふしが障子にうつゝて居る。外は夕闇ゆふやみがこめて、煙のにほひとも土の臭ともわかち難きかほりよどんで居る。大八車が二臺三臺と續て通る、其空車そのからぐるまわだちの響が喧しく起りては絶え、絶えては起りして居る。
見給へ、鍛冶工かぢやの前に二頭の駄馬だばが立て居る其黑そのくろい影の横の方で二三人の男が何事なにごとをかそ密そと話し合て居るのを。鐵蹄てつていの眞赤になつたのが鐵砧かなしきの上に置かれ、火花ひばなが夕闇を破て往來わうらいの中程まで飛んだ。話して居た人々がどつと何事なにごとをか笑つた。月が家並やなみの後ろの高い樫の梢までのぼると、向ふ片側かたかはの家根がろんで來た。
かんてらヽヽヽヽから黑い油煙ゆゑんが立て居る、其間をむらの者町の者十數人駈け廻はつてわめいヽヽヽて居る。色々の野菜やさいが彼方此方にんで並べてある。これが小さな野菜市やさいゝち、小さな糶賣塲せりばである。
日が暮れるとぐ寐て仕了しまうちがあるかと思ふとの二時ごろまで店の障子に火影ほかげを映して居る家がある。理髮所とこやの裏が百姓で、牛のうなる聲が往來わうらいまで聞える、酒屋の隣家となりが納豆賣の老爺の住家で、毎朝早く納豆々々なつとうなつとう嗄聲しはがれごゑで呼で都の方へむかつて出かける。夏の短夜が間もなく明けると、もう荷車にぐるまが通りはじめる。ごろごろがたがた絶え間がない。九時十時となると、せみが往來からえる高い樹で鳴きだす、だんだんあつくなる。砂埃すなぼこりが馬の蹄、車のわだちあほられて虛空こくうに舞ひ上がる。はいの群が徃來をよこぎつて家から家、うまから馬へ飛んであるく。
それでも十二時のどんヽヽが微かにきこえて、何處どことなく都の空の彼方で滊笛の響がする。
[やぶちゃん注:底本では以下の作者による注記は、ポイントが落ちて小さくなり、二行目も一字下げとなっている。]
 此文第五●●までは國民之友三百六十五號に掲載し第六●●以下は三百六十七號に載せ第五までは秋より冬、第六は特に夏の武藏野の一端を描きし也、共に明治三十一年一月の作。

●やぶちゃんによる参考資料1
[注:底本は岩波文庫「あひゞき・片恋・奇遇」(一九五五年刊)を用い、國木田獨歩の引用と異なる箇所に下線を引いた。こちらにルビがない場合や傍点がない場合は当該漢字に下線を引いた。濁音の踊り字「〱」は正字にした。全文は私の電子テクスト「あひゞき イワン・ツルゲーネフ 二葉亭四迷訳 明治二一(一八八八)年版 附やぶちゃん注」を参照されたい。]

 秋九月中旬といふころ、一日自分がさる樺の林の中に座してゐたことが有ツた。今朝から小雨が降りそゝぎ、その晴れ間にはをりをり生ま煖かな日かげも射して、まことに氣まぐれな空ら合い。あわあわしい白ら雲が空ら一面に棚引くかと思ふと、フトまたあちこち瞬く間雲切れがして、無理に押し分けたやうな雲間から澄みて怜悧さかし氣に見える人の眼の如くに朗かに晴れた蒼空あおそらがのぞかれた。自分は座して、四顧して、そして耳を傾けてゐた。木の葉が頭上づじやうで幽かに戰いだが、その音を聞たばかりでも季節は知られた。それは春先する、面白さうな、笑ふやうなさゞめきでもなく、夏のゆるやかなそよぎでもなく、永たらしい話し聲でもなく、また末の秋のおどおどした、うそさぶさうなお饒舌しやべりでもなかツたが、只漸く聞取れるか聞取れぬ程のしめやかな私語の聲で有つた。そよ吹く風は忍ぶやうに木末を傳ツた。照ると曇るとで、雨にじめつく林の中のやうすが間斷なく移り變ツた。或はそこに在りとある物總て一時に微笑したやうに、隈なくあかみわたツて、さのみ繁くもない樺のほそぼそとした幹は思ひがけずも白絹めく、やさしい光澤つやを帶び、地上に散り布いた、細かな、落ち葉は俄かに日に映じてまばゆきまでに金色こんじきを放ち、かしらをかきむしツたやうな『パアポロトニク』蕨の類ゐ[やぶちゃん注:「蕨の類ゐ」はポイントを落として二字分に二行で「蕨の/類ゐ」と表記され、獨歩の記載したような括弧表記ではない。]のみごとな莖、しか加之しかえ過ぎた葡萄めく色を帶びたのが、際限もなくもつれつからみつして目前に透かして見られた。
 或はまた四邊あたりめん俄かに薄暗くなりだして、瞬く間に物のあいろも見えなくなり、樺の木立ちも、降り積ツた儘でまだ日の眼に逢はぬ雪のやうに、白くおぼろに霞む――と小雨が忍びやかに、怪し氣に、私語するやうにパラパラと降ツて通ツた。樺の木の葉は著しく光澤つやが褪めてゐても流石に尚ほ靑かツた、が只そちこちに立つ稚木のみは總て赤くも黄いろくも色づいて、をりをり日の光りが今ま雨に濡れた計りの細枝の繁味を漏れて滑りながらにけて來るのをあびては、キラキラときらめいてゐた。



 自分はたちどまつた、花束を拾ひ上げた、そして林を去ツてのら[やぶちゃん注:底本には傍点はない。]へ出た。日は靑々とした空に低く漂ツて、射す影も蒼さめて冷かになり、照るとはなく只ジミな水色のぼかしを見るやうに四方に充ちわたツた。日沒にはまだ半時間も有らうに、モウゆうやけがほの赤く天末を染めだした。黄ろくからびた刈科かりかぶをわたツて烈しく吹付ける野分に催されて、そりかへツた細かな落ち葉があはたゞしく起き上り、林に沿ふた徃來を横ぎつて、自分の側を駈け通ツた、のら[やぶちゃん注:底本には傍点はない。]に向いて壁のやうにたつ林の一面は總てざわざわ[やぶちゃん注:ここ、獨歩は底本では濁点付踊り字「〲」を用いている。]ざわつき、細末の玉の屑を散らしたやうに煌きはしないが、ちらついてゐた、また枯れ艸、莠、藁の嫌ひなくそこら一面にからみつゐた蜘蛛の巣は風に吹き靡かされて波たツてゐた。
 自分はたちどまつた……心細く成ツて來た、眼に遮る物象はサツパリとはしてゐれど、おもしろ氣もおかし氣もなく、さびれはてたうちにも、どうやら間近になツた冬のすさまじさが見透かされるやうに思はれて。小心な鴉が重さうに羽ばたきをして、烈しく風を切りながら、頭上を高く飛び過ぎたが、フト首を囘らして、横目で自分をにらめて、急に飛び上ツて、聲をちぎるやうに啼きわたりながら、林の向ふへかくれてしまツた。鳩が幾羽ともなく群をなして勢込んで穀倉の方から飛んで來たが、フト柱を建てたやうに舞ひ昇ツて、さてパツと一齊に野面に散ツた――ア、秋だ! 誰だか禿山の向ふを通ると見えて、から車の音が虛空に響きわたツた‥‥‥

●やぶちゃんによる参考資料2
[注:サイト
“Wordsworth Variorum Archive”より引用した。]


The Fountain, a conversation    William Wordsworth

We talk'd with open heart, and tongue
Affectionate and true,
A pair of Friends, though I was young,
And Mathew seventy-two.

We lay beneath a spreading oak,
Beside a mossy seat;
And from the turf a fountain broke,
And gurgled at our feet.

Now, Mathew, let us try to match
This water's pleasant tune
With some old Border-song, or catch
That suits a summer's noon.

Or of the Church-clock and the chimes
Sing here beneath the shade,
That half-mad thing of witty rhymes
Which you last April made!

In silence Mathew lay, and eyed
The spring beneath the tree;
And thus the dear old Man replied,
The grey-hair'd man of glee.

"Down to the vale this water steers,
How merrily it goes!
'Twill murmur on a thousand years,
And flow as now it flows.

And here, on this delightful day,
I cannot chuse but think
How oft, a vigorous Man, I lay
Beside this Fountain's brink.

My eyes are dim with childish tears,
My heart is idly stirr'd,
For the same sound is in my ears
Which in those days I heard.

Thus fares it still in our decay:
And yet the wiser mind
Mourns less for what age takes away
Than what it leaves behind.

The blackbird in the summer trees,
The lark upon the hill,
Let loose their carols when they please,
Are quiet when they will.

With Nature never do they wage
A foolish strife; they see
A happy youth, and their old age
Is beautiful and free:

But we are press'd by heavy laws,
And often, glad no more,
We wear a face of joy, because
We have been glad of yore.

If there be one who need bemoan
His kindred laid in earth,
The household hearts that were his own,
It is the man of mirth.

My days, my Friend, are almost gone,
My life has been approv'd,
And many love me, but by none
Am I enough belov'd."

"Now both himself and me he wrongs,
The man who thus complains!
I live and sing my idle songs
Upon these happy plains,

And, Mathew, for thy Children dead
I'll be a son to thee."
At this he grasp'd my hand, and said,
"Alas! that cannot be."

We rose up from the fountain-side,
And down the smooth descent
Of the green sheep-track did we glide,
And through the wood we went,