やぶちゃんの電子テクスト集:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇
鬼火へ

生物學講話 丘淺次郎 藪野直史注釈附 目次頁

[やぶちゃん注:本書は生物学者丘 浅次郎(おかあさじろう 明治元(一八六八)年~昭和十九(一九四四)年)によって書かれた本邦に於ける啓蒙的生物学書として忘れてはならない名著である。
 丘先生の事蹟及び私のテクスト化ポリシー、本テクスト化の動機等については、以下の冒頭の「はしがき」に附した私の注を参照されたい。なお、底本の目次にある各章の細目は各章の冒頭に示した。
 本サイト版電子テクストは未だ
作業中である。但し、私のブログ・カテゴリ「生物學講話 丘淺次郎」は2016年3月3日に全電子化注完遂した。以下の目次の内、リンクの張られていない章のサイト版は未着手である。なお、以下に示した表紙画像は国立国会図書館デジタルコレクションの画像を転載許諾を得て使用している(許諾証番号国図電1301044-1-5702 号)。但し、国立国会図書館蔵書印二種及び同図書館の記した記号番号部分や汚損は修正して消去してある。藪野直史【ブログ・カテゴリ始動:2012年6月10日 サイト版最終作業(本頁の更新を含む):2016年3月3日】従来、置いて居た縦書版は労多くして読まれることが少ないと判断したので、遺憾ながら、削除することとした。【2016年12月17日】]

丘 淺次郎著
生物學講話
    第四版


    はしがき

生 物 學 講 話  目 次

  第一章 生物の生涯
  第二章 生命の起り
  第三章 生活難
  第四章 寄生と共棲
  第五章 食はれぬ法
  第六章 詐欺
  第七章 本能と智力
  第八章 團體生活
  第九章 生殖の方法  (ブログ版は終了)
  第十章 卵と精蟲   (ブログ版は終了)
  第十一章 雌雄の別  (ブログ版は終了)
  第十二章 戀愛    (ブログ版は終了)
  第十三章 產卵と姙娠 (ブログ版は終了)
  第十四章 身體の始  (ブログ版は終了)
  第十五章 胎兒の發育 (ブログ版は終了)
  第十六章 長幼の別  (ブログ版は終了)
  第十七章 親と子   (ブログ版は終了)
  第十八章 敎育    (ブログ版は終了)
  第十九章 個體の死  (ブログ版は終了)
  第二十章 種族の死  (ブログ版は終了)
  附錄生物に關する外國書(ブログ版は終了)