HP鬼火へ

やぶちゃんの電子テクスト:小説・隨筆篇へ

雨月物語 靑頭巾 原文へ

雨月物語 青頭巾 講義へ

[やぶちゃん注:HP版「雨月物語 靑頭巾」を原典としたが、語りの効果を保持するため、正字正仮名遣いとし、場面のリアリズムを最重要と考え、適宜、理解の補いのための敷衍訳と、自由な改行を行った。【2011年1月22日追記:久し振りの授業を行ったのを期に一部表現を改めた。】]

 

 雨月物語 卷の五

 

              靑 頭 巾

   やぶちゃん訳   (copyright 2005 Yabtyan)

 

 昔、快庵禪師と言ふ、まことに、德の高いお坊樣があらしやつた。お若い頃より、禪家の教外別傳(けうげべつでん)の教へを明らかにされて、常に御身を行雲流水(こううんりうすゐ)の行脚の旅に委ねてあらつしやつた。或る年のこと、美濃の國の龍泰寺(りやうたいじ)での、夏安居(げあんご)を終へられ――さても、この秋は奧羽のかたにて行住坐臥と致さうぞ――と、お旅立ちになられた。さても、只管(ひたすら)、歩みを重ねて、下野の國にお入りになる。……

 冨田といふ里まで來た頃、日もとつぷりと暮れてしまつたので、大きな構への、裕福さうな家に立ち寄り、一夜の宿りをお求めになられた。と、丁度、野良を終へて田畑から戻るさの男どもは、黄昏時の薄暗がりに、この僧の立つてゐるのを見ると、さも大いに怖れて、

「山の鬼がやつて來よつた! 皆の衆! 出て來い!」

と聲も限りに叫び喚く。家の中でも大騷ぎになつて、女子供は泣き叫び、轉がるやうにして、家内のあちこちの影に身を隱す始末。その騷ぎに、家の主(あるじ)が太い天秤棒を取つて走り出して來て、外の方を見る、と、年の頃、五十にもならうかといふ老いた僧で、頭に紺染めの頭巾を被り、身に墨染めの破れたのを着て、布に何やら包んだ物を背負ふてをる、それが、杖で主を指し招くと、

「御主人(おんあるじ)、一體、何として斯くも身構へなさるのか。諸國遍歴を旨と致す僧でありまする我、今夜一夜(ひとよ)ばかりの宿を借り申さんと、ここに取り次いで呉れるお人を待つてをりましたれど、何ともはや、思ひもよらず、斯くまで怪しまるるとはのう。斯くの如き痩法師が、強盜など致すも叶ふまいに。どうか、お怪しみなさいまするな。」

と言ふ。主は天秤棒を捨てると、手を打つて笑ひ、

「かの下男どもの愚な眼によつて、お坊樣を驚ろかし申し上ぐることと相成つてしまひました。一夜の宿をお世話致しまして、この罪をつぐなひ申し上げんと存ずる。」

と、恭しく奧の方に迎へ入れ、快よく食をも供し、もてなして呉れたのであつた。

 

 さて、その晩のこと、主は次のように語つた。

「先程、下男どもがお坊樣を見て鬼が來たと恐れ騷いだのも、さるいはれのあるので御座いまする。この地に、世にも稀なる話が御座いまするのぢや。それはもう、信じ難い怪しきことなれど、どうか、人にも語り傳へて頂ければ……。

 此の里の上の山に、一宇の寺が御座る。元は小山(おやま)氏の菩提寺で、代々、德の高いお坊樣が住して居(を)られました。今の阿闍梨樣は、著名にして憚られる方の甥御で御座られたが、殊の外、篤學修行の聞えめでたいお方で、この國の者は誰もが、お布施致して、歸依し申し上げてをつたもので御座います。拙宅にも、しばしばお出かけ下すつて、私めも、もう、心より、お仕へ申し上げてをつたので御座いますが、去年の春のことで御座います。越後の國へ灌頂の戒師に迎へられなすつて、百日あまりあちらにお留まりになられたのですが、その國より十二、三歳程の少年を伴ふてお歸りになられ、身の囘りの世話をさせなさるやうになりました。この少年の、姿形のみやびやかなるを、深くお愛しになられ、……その、それまでのご修行、ご精進も、何時とはなしに、怠りがちになられたかとも、お見受け致しました……。

 ところが、今年の四月の頃、その少年が、何でもない、ちよつとした病に罹りましたが、日を經るに從つて、重くなり、苦しみ悶えるのを、阿闍梨樣は痛くお悲しみになられて、國府の典藥醫の中でも、選りすぐりの方までお迎へなすつたのですが、その效(かひ)ものう、終に亡くなつたので御座います。

 懷の璧(たま)をうばはれ、插頭(かんざし)の花を嵐に散らしてしまはれた思ひ、泣くに涙なく、叫ぶに聲なく、あまりにお歎げきになるままに、火に燒き、土に葬ることをもせず、頰に頰をもたせ、手に手をとつて日をお暮らしなさるうち、……遂に心亂れ、生きてをつた時と違(たが)ふことなく、少年の骸(むくろ)と戲れつつ、……その、肉の腐り爛れるを惜しんで、肉を吸ひ、骨を嘗めて、すつかり喫(く)らひ盡くしてしまつたので、御座います……。

 寺の他の人々は、もう、『院主は鬼となつて仕舞はれた!』と慌ただしく逃げ去つて、……その後(のち)は、……夜々(よなよな)里に下りて人を愕(おどろ)かし、或ひは新墓地(しんぼち)を暴(あば)いて腥々(なまなま)しい屍(しかばね)を喫(く)らふ有樣、『實(まこと)に鬼と言ふものは昔物がたりには聞きもしつれど』で御座いまする、實(まこと)に眼の前で、阿闍梨樣がこのやうに成られるのを、見てしまふたので御座います。

 しかし、どうして、この忌まわしい所行を、我等に止めることが出來ませうぞ。それ以來、家ごとに暮れを限つて、堅く門戸を鎖してをりますれば、近頃は、國中へも聞えて、人の行き來さへなくなる始末で御座いまする。そのやうな譯がご座いますればこそ、お坊樣をも見誤つたのでご座います。」

と。

 快庵禪師はこの物語をお聞きになられ、

「世には不可思議な事もあるものぢやのう。凡そ人と生まれながら、佛、菩薩の、その教への廣大無邊なることをも知らず、愚なるまま、捻ぢ曲がつた心のままに世を終はる者は、その愛慾と邪念の業(ごふ)に捕らへられ、或る時は、その元の獸の姿形をあらはして恨みを報ひ、また或る時は、鬼と化し、蟒(みづち)と化して祟りをなす。さう言つた例(ためし)は、古(いにし)へより今に至るまで數ふるに盡くしがたい程ぢや。また人が生きながらにして、鬼に化するもある。楚王の女官は蛇(をろち)となり、王含(わうがん)の母は夜叉(やしや)となり、呉生の妻は蛾となつた。また古くは、ある僧が旅の途次、みすぼらしい一家(ひとや)に一夜(ひとよ)の宿を乞ふた。その夜(よ)は、雨風激しく、されど燈(ともしび)さへない。そんなわびしさに一睡も出來なんだ。夜更けて、羊の鳴く聲が聞える。暫らくして、その僧の眠りを覗ひながら、しきりに僧の體を嗅ぐものがある。僧はこれは怪しきことと見て、枕上に置いた禪杖をもつて強く撃つたところ、その怪しきものは大聲で叫んでその場に倒れた。この音に主(あるじ)の嫗(うば)なるものが、燈(ひ)を點(とぼ)してやつて來た。さうして見ると、若い女が倒れてをつたのぢや。嫗は泣く泣く命を乞ふた。是非もない。件(くだん)の怪しさは打ちやつて其家を出たが、……その後(のち)、また縁あつて其の里を通ることがあつた。が、田圃の中に人が澤山、集まつてをるのを見かけたによつて、僧も立ち寄ると『一體何事ですかな』と尋ねたところが、里人が答へて、『鬼に化した女を捉へて、今、土に埋めるところぢや』と語つたと言ふことぢや。

 されど、これらは皆、女の話であつて、男たるものがこのやうに變化(へんげ)したといふ話は未だ聞いたことがない。そもそも女の性(さが)が、餘りにも捻ぢ曲がつたものであるからして、このやうな淺ましい物の怪にも化するのぢや。まあ、男にも、隨の煬帝の臣家にをつた麻叔謀といふ者が、小兒(しやうに)の肉を好み、潛かに民の小兒をかどわかしては、これを蒸して喫(くら)ふたといふ話もあるやうぢやが、これは淺ましい食人(じきにん)と言ふ習はしであつて、ご主人のお語りになつたこととはまた違ふぢやろう。

 それにしても、その阿闍梨が、鬼になつてしまふたといふことこそ、過去の因縁といふものであらう。そもそも、常の修行や人德が秀でてをつたといふことは、佛に仕へるに眞心を盡したからであつて、假にもし、その少年を稚兒として引き取らなかつたならば、あはれ、今もよき法師であることが出來たであらうに。一度(たび)、愛慾といふ、最も離(さ)り難き煩惱の迷路に入り込み、無明の熾烈なる業火によつて、鬼と化して仕舞ふたのも、考えやうに據れば、偏(ひとへ)に、強く一途な強い性(さが)の成した所爲といふものぢや。『心を放漫に致さば妖魔となるが、その心をしつかりと引き收める時、それは菩提心となる』とは、此法師の事を言ふのぢやのう。拙僧がもし、この鬼を教化(けうげ)して本(もと)の心に立ち返らせたとならば、今宵(こよひ)の一宿一飯の恩義の報ひとも、なるで御座らう。」

と、快庵禪師は尊いお志しを發願(ほつがん)なされた。主は頭(かふべ)を疊に摺(す)りつけて、

「お坊樣がそのやうなことを成し遂げなさつて下さつたならば、この國の者は淨土に生まれ變はつたやうなもので御座いまする!」

と、涙を流して喜んだ。

 山里の一夜の宿り、貝鐘(かひがね)の音(ね)も聞えず、二十日過ぎの下弦の月も出、古びた雨戸の隙間からその光の洩れるのに、夜が更けたのも知られて、「どうか、ごゆるりとお休みなさいませ」と、主も寢所へと去つた……。

 

 ……山の寺は誰一人使ふ者も居らねば、樓門は荊棘(うばら)が生ひ茂り、經閣も虚しく苔むしてをる。蜘蛛が網を掛けて諸佛を繋ぎ、燕(つばくら)の糞が護摩の床(ゆか)を埋め、方丈、廊房は盡く凄まじいまでに荒れ果ててをつた。

 日影が申(さる)に傾(かたぶ)く頃、快庵禪師は寺に入つて、錫杖をお鳴しになり、

「諸國遍歴の僧、一夜(ひとよ)ばかりの宿をお貸し下されい。」

と何度も聲をかけたが、一向に答へる者もない。

 すると、眠藏(めんざう)から老いさらばへた僧が弱々しう歩み出て來ると、咳(からび)た聲で、

「御僧は何處(いづこ)へ行かんとして此處へ來られたのか。この寺はさる故(ゆゑ)あつてこのやうに荒れ果て、人も住まぬ荒野(あらの)となつて仕舞ふた故、一粒(いちりやう)の齋糧(ときりやう)もなく、一夜(ひとよ)を貸すことのできる用意とて御座らぬ。早く里に下りらるるがよい。」

と言ふ。

 禪師、答へて言ふ。

「拙僧は美濃の國を出て、陸奧(みちのく)へ參るさの旅で御座いまするが、この麓の里を過ぎました折、山の威容(かたち)、水の流れの面白さに思はずもここに詣でました。日も斜(ななめ)なれば、里に下るも時既に遲きに、是非とも一夜をお貸し下されい。」

主(あるじ)の僧、答へて言ふ。

「このやうな荒野にては、よからぬ事もあろうかと存じまするぞ。……されば、強ひてお引止めする譯には參らぬのぢや。……が、強ひて行けと言ふ譯でも、……ない。……貴僧のお心の儘に……」

と言ふと、二度と口を利かぬ。此方からも一言も問はず、主の傍らに座を占めて坐つた。

 みるみるうちに日は入り果て、大層暗い宵闇の夜となる。燈(ひ)も擧げないので、眼の前さへ定かでない。……ただ谷水(たにみづ)の音だけが、間近に聞える。……

 あるじの僧もまた眠藏に入つて物音一つ立てぬ……。

 

 ……夜が更け、昇り來たつた月の夜となつた。月影玲瓏(れいろう)として邊り一帶隈なく照らし出す。

 子(ね)一つにもなつたかと思はれる頃おひである。

 主の僧が眠藏を出て來た、と、慌ただしく何かを搜してをる樣子。しかし、それが見つからずに、大きな聲で叫び、

「糞坊主! 一體何處に隱れをつた! この邊りに、確かに居つたに!」

と、禪師の前を幾度(いくたび)も走り過ぎた。しかし、少しも禪師を見ることはなかつた。堂の方に駈けゆくかと見れば、庭をめぐつて躍り狂ひ、遂に疲れ伏した儘、起き上がる氣配ものうなつた。……

 

 夜が明けて朝日がさし出づると、阿闍梨は、深酒の醉ひが醒(さめ)た如く、よろよろと起き上がると、禪師が元の所に在(いま)すを見て、ただ呆れに呆れた樣子で、ものさへ言はず、柱に凭(もた)れ、溜め息をつくと、押し默つて坐つてをるのであつた。

 禪師は近く進み寄つて、

「御住職、何をお歎きになつてをられる? もし飢ゑてをらるるとならば、拙僧が肉を喫らひ、御腹(おほんはら)をお滿たしになられよ。」

と言ふた。

 主の僧は尋ねる。

「師は夜もすがらそこに居られたのですか。」

禪師、答えて言ふ。

「ここに坐つて一睡もしませなんだ。」

主の僧、言ふ。

「私めは、淺ましくも人の肉を好みまする……が、未だ佛者の肉味を知りませぬ……師はまことに佛で御座る! 鬼畜の暗い眼(まなこ)をもつて、生き佛の來迎(らいがう)を見んとするとも、見ることの叶はぬこと、これ、まことの道理で御座つた! ……ああつ、何と尊いことぢや!……」

と頭(かうべ)を垂れて、再び押し默つてしまつた。禪師は徐ろに言ふ。

「……里人の語るを聞けば、汝は一度(ひとたび)愛慾に心亂れてより、忽ち鬼畜に墮罪したと。さればそれは、あさましいとも哀しいとも言ふべき、世にも稀なる惡因縁ぢや。加へて、宵々(よひよひ)里に出て人を脅かすゆゑに、近くの里人は皆、恐れ慄いてをる。我はこれを聞いて捨つるに忍びず、わざわざ此處に來たつて、汝を教化(けうげ)し、本(もと)の心に返らせんと思ふが――汝は我が教へを――聞くや否や?!」

主の僧は答へた。

「師はまことに佛――このやうに淺ましい己が惡業を、今直ぐに捨つ去ることの出來る理(ことはり)を――お教へ下されい!」

禪師、言ふ。

「――汝が聞くとならば――ここに來い――」

 さうして、縁の前の、平たい石の上に阿闍梨を座らせると、自(みづか)らがお被りになつて居られた紺染(あをぞめ)の頭巾を脱ぎ、僧の頭(かうべ)に被らすると、證道(しやうだう)の歌の二句をお授(さづけ)になつた。

 

  江月照松風吹(かうげつてらしせうふうふく)

     ――月影川面を照らし、松風吹く――

  永夜淸宵何所爲(えいやせいせうなんのしよゐぞ)

     ――この永き夜(よ)――淸らかな淸々しき宵――これは何故(なにゆゑ)?――

 

「――汝は此處を去ることなく、靜かにこの句の心を求めるがよい――その眞意を解くことが出來た時――自(おのづ)から本來の佛心に――會ふであらう――」

と、懇ろに教へ諭すと、そのまま山をお下りになられた。

 

 これより後(のち)、里人は阿闍梨の恐ろしい災ひから一切救はるること相成つた。とは言ふものの、猶、僧の生死を知ることがなかつた故、疑ひ恐れて、人々は山に登ることを戒めてをつた。――

 

 一年が瞬く間に過ぎた。

 明くる年の冬、十月(かんづき)の初め、快庵樣は奧州路の歸るさに、再びこの冨田の地をお通りになられたが、あの一夜の主の家に立ち寄り、かの僧の消息をお尋ねになられた。主は喜んで迎へると、

「お坊樣のありがたい德によりまして、鬼は二度と山を下つて參りませねば、ほんに人は皆、淨土に生まれ變はつたやうなもので御座いまする! しかし、山に行くことは皆恐ろしがりまして、一人として登るものは御座いませぬ。さればあの阿闍梨樣の消息は存じませぬが、如何して、今まで生きてはをりますまいぞ。今宵のお泊りに、かの阿闍梨樣の菩提をお弔い下さいませ。誰も皆、隨縁仕りまする。」

と言ふた。禪師はそれを聽くと、次のように答へた。

「――彼の阿闍梨が、善行(ぜんぎやう)のお蔭で、遷化(せんげ)せしとならば――拙僧にとつては、道の先達(せんだつ)の師とも言ふべき者。――また、もし、生きてある時は、拙僧のために一人の弟子。――されば何れに致いても、その消息を見ないではをられぬ――」と。

 

 再び禪師は山にお登りになつた。

 まこと、人の行き來の絶えたと見えて、去年(こぞ)踏み分けて辿つた道とも思はれぬ。

 寺に入つて見ると、荻、尾花が人の丈よりも高く生ひ茂り、草木におく露は時雨めいて禪師の袖に降り零るる。寺内(てらうち)の道さへも判然(はつきり)とせず、堂閣の戸は右左に倒れ、方丈、庫裡に巡らせた廊も、朽ちた其處彼處に雨水を含み、すつかり苔むしてをる。

 さて、あの僧を座らせた縁の邊りを探して見た。

 ――と、薄ぼんやりとした人影が――僧とも俗とも判らぬまでに、髭や髮も茫々と亂れた――その上に、葎(むぐら)が八重となつて幾重にも絡み付き、尾花も一面に押し靡いてをる――その中に、蚊の鳴くばかりの細い聲がし――それは、物を言ふやうにも聞えぬやうなれど――ぽつり、ぽつりと唱ふるを聞かうなら、

 

「……江月照松風吹……永夜淸宵何所爲……」

 

禪師はご覽になるやいなや、即座に禪杖を拿(と)り直し、

 

「作麼生何所爲(そもさんなんのしよゐ)ぞ!」

    ――如何に!――それは何の故か?!

 

一喝! 彼の頭(かうべ)を撃ちなすつた――

――と――

忽ち、彼(か)の姿は、氷が朝日に逢ふて溶くるが如くに消え失せ、あの靑頭巾と、白い……白い骨のみが……草葉の蔭に……留まつて御座つた……。

――げにも、久しい彼の執念が、今、此處に、消え盡くしたのであらうか――尊い佛の道の理(ことはり)が、此處にこそ、あるのであらう――。

 

 さうして、禪師のご高德は、遠く雲の彼方、海の果てまでも聞えて、『初祖の肉いまだ乾かず――達磨大師樣は今も生きて居られる――』と賞讚されたと言ふことで御座る。かくして里人は集ふて、寺内(てらうち)を淸め、修理修繕を致いて、禪師を開祖と推し戴き、此處にお住み頂いたことから、それを以つて、元の眞言の密宗を改め、曹洞の靈場をお開きになられた。今猶、お寺は尊く榮えて續いてゐると言ふことで御座る。