HP鬼火へ

やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇へ

雨月物語 青頭巾  講義へ

雨月物語 青頭巾 やぶちゃん訳へ

[やぶちゃん注:小学館新版日本古典全集版を底本としたが、岩波書店日本古典文学大系版も参照、新字は正字とし、漢字や表記の一部はこちらを採用した。また、繰り返される読みや誤読しようのない読みがうるさいので、一部を省略した。また、私のオリジナルな括弧も挿入した。]

 

 雨月物語 卷之五

 

              靑 頭 巾(あをづきん)

 

 むかし快庵禪師(くはいあんぜんじ)といふ大德(だいとこ)の聖(ひじり)おはしましけり。総角(わかき)より教外(けうぐわい)の旨(むね)をあきらめ給ひて、常に身を雲水にまかせたまふ。美濃の國の龍泰寺(りやうたいじ)に一夏(いちげ)を滿(みた)しめ。此秋は奧羽のかたに住むとて、旅立ち給ふ。ゆきゆきて下野の國に入給ふ。

 冨田といふ里にて日入りはてぬれば、大きなる家の賑(にぎ)ははしげなるに立ちよりて一宿(ひとよ)をもとめ給ふに、田畑(たばた)よりかへる男等、黄昏(たそがれ)にこの僧の立てるを見て、大きに怕(おそ)れたるさまして、「山の鬼こそ來りたれ。人みな出よ」と呼ののしる。家の内にも騒ぎたち、女童は泣さけび展轉(こいまろ)びて隈々(くまぐま)に竄(かく)る。あるじ山枴(やまあふこ)をとりて走り出で、外(と)の方を見るに、年紀(としのころ)五旬(いそぢ)にちかき老僧の、頭(かしら)に紺染(あをぞめ)の巾を帔(かづ)き、身に墨衣の破(やれ)たるを穿(き)て、裹(つつみ)たる物を背におひたるが、杖をもてさしまねき、「檀越(だんゑつ)なに事にてかばかり備へ給ふや。遍參の僧、今夜ばかりの宿をかり奉らんとてここに人を待しに、おもひきやかく異(あや)しめられんとは。瘦法師の強盗などなすべきにもあらぬを、なあやしみ給ひそ」といふ。莊主(あるじ)枴を捨てて手を拍(うつ)て笑ひ、渠等(かれら)が愚(おろか)なる眼より客僧を驚(おど)しまゐらせぬ。一宿を供養して罪を贖(あがな)ひたてまつらん」と禮(ゐや)まひて奧の方に迎へ、こゝろよく食をもすゝめて饗(もてな)しけり。

 莊主かたりていふ。さきに下等(しづら)が御僧を見て鬼來りしとおそれしもさるいはれの侍るなり。こゝに希有の物がたりの侍る。妖言(およづれごと)ながら人にもつたへ給へかし。此の里の上の山に一宇の蘭若(てら)の侍る。故(もと)は小山氏の菩提院にて、代々(よよ)大德の住み給ふなり。今の阿闍梨(あじやり)は何某(なにがし)殿の猶子(ゆうじ)にて、ことに篤學修行の聞えめでたく、此の國の人は香燭(かうしよく)をはこびて歸依したてまつる。我莊(いへ)にもしばしば詣で給うて、いともうらなく仕へしが、去年(こぞ)の春にてありける。越の國へ水丁(くはんぢやう)の戒師にむかへられ給ひて、百日あまり逗(とど)まり給ふが、他(かの)國より十二三歳なる童兒(わらは)を倶してかへり給ひ、起臥(おきふし)の扶(たすけ)とせらる。かの童兒が容(かたち)の秀麗(みやびやか)なるをふかく愛(めで)させたまうて、年來(としごろ)の事どももいつとなく怠りがちに見え給ふ。

 さるに茲年(ことし)四月(うづき)の比(ころ)、かの童兒かりそめの病に臥(ふし)けるが、日を経ておもくなやみけるを痛みかなしませ給うて、國府(こうふ)の典藥のおもだたしきまで迎へ給へども、其のしるしもなく終(つひ)にむなしくなりぬ。ふところの璧(たま)をうばはれ、挿頭(かざし)の花を嵐にさそはれしおもひ、泣に涙なく、叫ぶに聲なく、あまりに歎かせたまふままに、火に燒(やき)、土に葬る事をもせで、臉(かほ)に臉をもたせ、手に手をとりくみて日を經給ふが、終に心神(こゝろ)みだれ、生(いき)てありし日に違(たが)はず戲(たはふ)れつつも、其肉の腐り爛(ただる)るを吝(をし)みて、肉を吸(すひ)骨を嘗(なめ)て、はた喫(くら)ひつくしぬ。

 寺中の人々、『院主こそ鬼になり給ひつれ』と連忙迯(あはただしくにげ)さりぬるのちは、夜々(よなよな)里に下りて人を驚殺(おど)し、或は墓をあばきて腥々(なまなま)しき屍(かばね)を喫ふありさま、實(まこと)に鬼といふものは昔物がたりには聞きもしつれど、現(うつゝ)にかくなり給ふを見て侍れ。されどいかがしてこれを征し得ん。只戸(いへ)ごとに暮をかぎりて堅く關(とざ)してあれば、近曾(このごろ)は國中(くになか)へも聞えて、人の徃來(いきき)さへなくなり侍るなり。さるゆゑのありてこそ客僧をも過(あやま)りつるなりとかたる。

 快庵この物がたりを聞かせ給ふて、「世には不可思議の事もあるものかな。凡(およそ)人とうまれて、佛菩薩の教(をしへ)の廣大なるをもしらず、愚なるまま、慳(かだま)しきままに世を終るものは、其愛慾邪念の業障に攬(ひか)れて、或は故(もと)の形をあらはして恚(いかり)を報ひ、或は鬼となり蟒(みづち)となりて祟りをなすためし、往古(いにしへ)より今にいたるまで算(かぞ)ふるに尽しがたし。又人活(いき)ながらにして鬼に化(け)するもあり。楚王の宮人は蛇(をろち)となり。王含(わうがん)が母は夜叉(やしや)となり、呉生が妻は蛾となる。又いにしへある僧卑(あや)しき家に旅寢せしに、其夜雨風はげしく、燈(ともし)さへなきわびしさにいも寢られぬを、夜ふけて羊の鳴(なく)こゑの聞えけるが、頃刻(しばらく)して僧のねふりをうかがひてしきりに齅(かぐ)ものあり、僧異(あや)しと見て、枕におきたる禪杖をもてつよく撃(うち)ければ、大きに叫んでそこにたふる。この音に主(あるじ)の嫗(うば)なるもの燈を照し來るに見れば、若き女の打たふれてぞありける。嫗泣くなく命を乞ふ。いかがせん。捨てて其家を出しが、其ののち又たよりにつきて其の里を過しに、田中に人多く集(つど)ひてものを見る。僧も立ちよりて『何なるぞ』と尋ねしに、里人いふ。『鬼に化したる女を捉へて、今土に瘞(うづ)むなり』とかたりしとなり。

 されどこれらは皆女子(をんなご)にて男たるもののかかるためしを聞かず。凡そ女の性(さが)の慳(かだま)しきには、さる淺ましき鬼(もの)にも化するなり。又男子にも隨の煬帝の臣家に麻叔謀といふもの、小兒の肉を嗜好(このみ)て、潛(ひそか)に民の小兒を偸(ぬす)み、これを蒸て喫ひしもあなれど、是は淺ましき夷(ゑびす)心にて、主のかたり給ふとは異なり。

 さるにてもかの僧の鬼になりつるこそ、過去の因緣にてぞあらめ。そも平生(つね)の行德のかしこかりしは、佛につかふる事に志誠(まごころ)を尽せしなれば、其童兒(わらは)をやしなはざらましかば、あはれよき法師なるべきものを。一たび愛慾の迷路に入りて、無明の業火の熾(さかん)なるより鬼と化したるも、ひとへに直(なほ)くたくましき性(さが)のなす所なるぞかし。『心放(ゆる)せば妖魔となり、収むる則(とき)は仏果を得る』とは、此法師がためしなりける。老衲(らうなふ)もしこの鬼を教化(けうげ)して本源(もと)の心にかへらしめなば、こよひの饗(あるじ)の報ひともなりなんかし」と、たふときこころざしを發(おこ)し給ふ。莊主頭(かふべ)を疊に摺(すり)て、「御僧この事をなし給はば、此國の人は淨土にうまれ出たるがごとし」と、涙を流してよろこびけり。山里のやどり貝鐘も聞えず、廿日あまりの月も出でて、古戸の間(すき)に洩(もり)たるに、夜の深きをもしりて、いざ休ませ給へとておのれも臥戸に入りぬ。

 山院人とゞまらねば。樓門は荊棘(うばら)おひかかり、經閣(きやうかく)もむなしく苔蒸ぬ。蜘網をむすびて諸佛を繋ぎ、燕子(つばくら)の糞護摩の牀(ゆか)をうづみ、方丈廊房すべて物すざましく荒はてぬ。日の影申(さる)にかたふく比(ころ)、快庵禪師寺に入て錫を鳴し給ひ、「遍參の僧今夜(こよひ)ばかりの宿をかし給へ」と。あまたたび叫(よべ)どもさらに應(こたへ)なし。眠藏(めんざう)より瘦槁(やせがれ)たる僧の漸々(よはよは)とあゆみ出で、咳(からび)たる聲して、「御僧は何地(いづち)へ通るとてここに來るや。此の寺はさる由緣(ゆゑ)ありてかく荒はて、人も住まぬ野らとなりしかば、一粒(いちりやう)の齋糧(ときりやう)もなく、一宿(ひとよ)をかすべきはかりごともなし。はやく里に出よ」といふ。

 禪師いふ。これは美濃の國を出て、みちの奧(く)へいぬる旅なるが、この麓の里を過るに、山の靈(かたち)水の流のおもしろさにおもはずもここにまうづ。日も斜(ななめ)なれば里にくだらんもはるけし。ひたすら一宿(ひとよ)をかし給へ」。あるじの僧云ふ。「かく野らなる所はよからぬ事もあなり。強(しひ)てとどめがたし。強てゆけとにもあらず。僧のこころにまかせよ」とて復(ふたた)び物をもいはず。こなたよりも一言(こと)を問はで、あるじのかたはらに座をしむる。看々(みるみる)日は入果て、宵闇の夜のいとくらきに、燈(ひ)を點(あげ)ざればまのあたりさへわかぬに、只澗水(たにみづ)の音ぞちかく聞ゆ。あるじの僧も又眠藏に入りて音なし。

 夜更て月の夜にあらたまりぬ。影玲瓏(れいろう)としていたらぬ隈もなし。子ひとつともおもふ比、あるじの僧眠藏を出でて、あはたゞしく物を討(たづ)ぬ。たづね得ずして大いに叫び、「禿驢(右注:とくろ 左注:くそばうず)いづくに隱れけん。こゝもとにこそありつれ」と禪師が前を幾たび走り過ぐれども、更に禪師を見る事なし。堂の方に駈(かけ)りゆくかと見れば、庭をめぐりて躍りくるひ、遂に疲れふして起き來らず。夜明けて朝日のさし出ぬれば、酒の醒(さめ)たるごとくにして、禪師がもとの所に在(いま)すを見て、只あきれたる形にものさへいはで、柱にもたれ長嘘(ためいき)をつぎて默(もだ)しゐたりける。

 禪師ちかくすすみよりて、院主(ゐんじゆ)何をか歎き給ふ。もし飢(うへ)給ふとならば野僧が肉に腹をみたしめ給へ」。あるじの僧いふ。「師は夜もすがらそこに居させたまふや」。禪師いふ。「ここにありてねふる事なし」。あるじの僧いふ。「我あさましくも人の肉を好めども、いまだ佛身の肉味をしらず。師はまことに佛なり。鬼畜のくらき眼(まなこ)をもて、活佛(くはつぶつ)の來迎(らいがう)を見んとするとも、見ゆべからぬ理(ことわ)りなるかな。あなたふと」と頭を低(たれ)て默(もだ)しける。禪師いふ。「里人のかたるを聞けば、汝一旦(ひとたび)の愛慾に心神(こゝろ)みだれしより、忽ち鬼畜に墮罪したるは、あさましとも哀しとも、ためしさへ希なる惡因なり。夜々(よひよひ)里に出て人を害(わざわひ)するゆゑに、ちかき里人は安き心なし。我これを聞て捨つるに忍びず。恃(わざわざ)來りて教化し本源(もと)の心にかへらしめんとなるを、汝我をしへを聞くや否や」。あるじの僧いふ。「師はまことに佛なり。かく淺ましき惡業を頓(とみ)にわするべきことわりを教(をしへ)給へ」。禪師いふ。「汝聞とならばここに來れ」とて、簀子(すのこ)の前のたひらなる石の上に座せしめて、みづから帔(かづ)き給ふ紺染(あをぞめ)の巾を脱(ぬぎ)て僧が頭(かうべ)に帔(かづか)しめ。證道(しやうだう)の哥(うた)の二句を授(さづけ)給ふ。

   江月照松風吹  (かうげつてらしせうふうふく)

   永夜淸宵何所爲 (えいやせいせうなんのしよゐぞ)

「汝ここを去ずして徐(しづか)に此句の意(こころ)をもとむべし。意觧(とけ)ぬる則(とき)はおのづから本來の佛心に會ふなるは」と。念頃(ねんごろ)に教へて山を下り給ふ。此のちは里人おもき灾(わざはひ)をのがれしといへども。猶(なほ)僧が生死をしらざれば、疑ひ恐れて人々山にのぼる事をいましめけり。

 一とせ速くたちて、むかふ年の冬十月(かみなづき)の初旬(はじめ)快庵大德、奧路(あうろ)のかへるさに又ここを過ぎ給ふが、かの一宿(ひとよ)のあるじが莊(いへ)に立よりて、僧が消息を尋ね給ふ。莊主(あるじ)よろこび迎へて、「御僧の大德によりて鬼ふたたび山をくだらねば。人皆淨土にうまれ出でたるごとし。されど山にゆく事はおそろしがりて、一人としてのぼるものなし。さるから消息をしり侍らねど、など今まで活(いき)ては侍らじ。今夜(こよひ)の御泊(とま)りにかの菩提(ぼだい)をとふらひ給へ。誰も隨緣(ずいえん)したてまつらん」といふ。禪師いふ。「他(かれ)善果に基(もとづき)て遷化(せんげ)せしとならば道に先達(せんだち)の師ともいふべし。又活てあるときは我ために一個(ひとり)の徒弟なり。いづれ消息を見ずばあらじ」とて、復び山にのぼり給ふに、いかさまにも人のいきき絶(たえ)たると見えて、去年(こぞ)ふみわけし道ぞとも思はれず。

 寺に入て見れば、荻(をぎ)尾花のたけ人よりもたかく生茂(おひしげ)り、露は時雨めきて降りこぼれたるに。三(みつ)の徑(みち)さへわからざる中に、堂閣の戸右左に頽(たふ)れ、方丈庫裡(くり)に緣(めぐ)りたる廊(らう)も、朽目(くちめ)に雨をふくみて苔むしぬ。さてかの僧を座(を)らしめたる簀子(すのこ)のほとりをもとむるに、影のやうなる人、僧俗ともわからぬまでに髭髮(ひげかみ)もみだれしに、葎(むぐら)むすぼほれ、尾花おしなみたるなかに、蚊の鳴(なく)ばかりのほそき音(こゑ)して、物とも聞えぬやうにまれまれ唱(とな)ふるを聞けば、

  「江月照松風吹

   永夜淸宵何所爲」

禪師見給ひて、やがて禪杖を拿(とり)なほし、「作麼生何所爲(そもさんなんのしよゐ)ぞ」と、一喝して他(かれ)が頭を撃(うち)給へば、忽ち氷の朝日にあふがごとくきえうせて、かの靑頭巾と骨のみぞ草葉にとどまりける。現(げ)にも久しき念のここに消じつきたるにやあらん。たふときことわりあるにこそ。

 されば禪師の大德、雲裏(うら)海の外にも聞えて、「初祖の肉いまだ乾かず」とぞ稱歎しけるとなり。かくて里人あつまりて、寺内を淸め、修理(しゆり)をもよほし、禪師を推(おし)たふとみてここに住しめけるより。故(もと)の密宗をあらためて、曹洞(さうだう)の靈場をひらき給ふ。今なほ御(み)寺はたふとく榮えてありけるとなり。