花鏡別莊 泉鏡花極美総振仮名付俳句集へ

鏡花先生発句縦書へ
やぶちゃんの電子テクスト集:俳句篇へ
HP 鬼火へ

泉鏡花句集

[やぶちゃん注:底本は1988年版岩波版全集を用いた。]

 春

初空や出の姿して日本橋

   祝世界之日本發刊せかいのにつぽんはつかんをしゆくす 二句

旗色に比す日本につぽんの初日影

   また

御代の春世界之日本にほんとなりにけり

初風呂やつきせぬながれ淸元の

買初に雪の山家の繪本かな

音冴えて羽根の羽白し松の風

まな板に旭さすなり芹薺

爪紅つまべにの雪を染めたる若菜かな

春淺し梅樣まゐる雪をんな

釣鐘に袖觸れつ春寒き寺

春晝や城あとにしてさへのかみ

おぼろ夜や去年こぞの稻づか遠近をちこち

おぼろ夜や片輪車のきしる音

君も繪もおなし姿やおぼろ月

浮世繪の絹地ぬけくる朧月

春月しゆんげつ摩耶山まやさん忉利天上寺たうりてんじやうじ

紅閨にかざし落ちたる夜半の春

戀人と書院に語る雪解かな

冠きせ參らせつゝも雛の顏

雨の中摘むべき草を見てすぎぬ

をさの家わづかにかひこなき一間

たをやかに石竹蒔くや七日月なのかづき

唄はずて娘毬つくねはん寺

灌佛や桐咲くそらに母夫人はゝぶにん

うつくしや鶯あけの明星に

夕なきす鶯たかき銀杏かな

山鳥の雌雄めを來て遊ぶ谷の坊

飯蛸の頭つゝきつ小鍋立

初蝶のまひまひ拜す御堂かな

なくかはづ白河に關はなかりけり

苫船か苫屋か宵の遠蛙とほかはづ

友染の夜具欄干おばしまに椿かな

紅椿つとおつ午時ごじの炭俵

井戸端に紅梅の雨なゝめなり

紅梅に玉なゝめ也井戸のあめ

むかふるに柳おくるに梅の宿

町内の鶯來たり朝櫻

曙の墨繪の雲や糸ざくら

普門品ひねもす雨の櫻かな

階子はしごして花屋がむろを山櫻

花の山麓の橋の人通り

影向えいかうのあさきすみぞめ夕櫻

母こひし夕山櫻峰の松

雪洞ぼんぼりをかざせば花の梢かな

公園の櫻月夜や瀧の音

鈴つけて櫻の聲をきく夜かな

山端やまばなや一もとざく らおそざくら

花李はなすもゝ美人の影の靑きまで

藤棚や雨に紫末濃すそごなる

白藤しらふじ小瀧こだきの橋の朱欄干しゅらんかん

紫の映山紅つゝじとなりぬ夕月夜

   淺學

山吹によき句すくなし今むかし

雲助の裸で寢たる緋木瓜ひぼけかな

すみれ野や松葉かんざしおとしざし

ほつねんと小法師ひとり桑の道



 夏

五月雨や棹もて鯰うつといふ

船頭も饂飩打つなり五月雨さつきあめ

五月雨さみだれや尾を出しさうな石どうろ

悟空三たび芭蕉扇を調ふ極暑かな

蟹の目の巖間に窪む極暑ごくしょかな

日盛や汽車道はしる小さき蟹

日盛に知らぬ小鳥の遠音かな

雲の峰石伐る斧の光かな

虚無僧の二人つれだつ雲の峰

溝川に蓮咲きけり雲の峰

   擬少年行せうねんかうにぎす

ゆふだちや洗つて酒を手水鉢

窓々や靑田見めぐる羅漢堂

岸行くやしづくも切らず四手網

銀河ぎんが天に高張立てし水の番

かけ菖蒲しやうぶして傘貸さむ女客をんなきやく

あやめ湯の菖蒲あやめさげ行く新湯かな

はち卷の菖蒲しやうぶ花咲くかざしかな

黑猫のさし覗きけり靑簾

   ありさうにてまへがきなし

すゞ み臺冨樫ノ左衞門これにあり

   讀西遊記羅刹さいいうきをよみらせつあねごに題す

夕すゞみ猿にうちはをとられけり

稗蒔に月さし入るや板廂

手にと れば月の雫や夏帽子

露次ろじぐちや女の袖に夏帽子

わか松も小松も月の浴衣かた

うすものや月夜を紺の雨絣あまがすり

うすものの螢をすかす螢かな

苔の露十三塚の螢かな

ゆく螢宿場のやみを戀塚へ

梟の聲にみだれし螢かな

髮長き螢もあらむ夜はふけぬ

ひるの螢ゆびわのたまにすき通る

蝙蝠や二日月夜の柳町やなぎちやう

馬道うまみち水鷄くひなのありく夜更よふけかな

   玉造温泉にて

水晶を夜切る谷や時鳥

白山のそのしのゝめやほとゝぎす

たけのこむじなの穴のむぐらより

竹の子や藪の中から酒買ひに

卯の花や家をめぐれば小き橋

よしありて卯の花垣のおもひもの

一八いちはつやはや程ケ谷の草の屋根

野の池や葉ばかりのびし杜若かきつばた

わが戀は人とる沼の花菖蒲はなあやめ

みちのくや牡丹驛またあやめ宿

しづかに牡丹もゆなり麥の中

河骨かうほねやあをい目高がつゝと行く

河骨の影ゆく靑き小魚かな

雲白し山蔭の田の紅蓮華べにれんげ

葉柳や盥のきぬの淺みどり

新築の靑葉がくれとなりにけり

かどの松背戸の大松おほまつみどりなり

瀧三條夕日にかゝ る新樹かな

幻の添水そうづ見えける茂りかな

花二つ紫陽花靑き月夜かな

たなそこ花柚はなゆのせつゝ片折戸

花柘榴雨は銀杏にあがりけり

常夏に雨はら/\と白い蝶

撫子の根に寄る水や夕河原

晝顏の黄昏見たり歩み佗び

夕顏やほのかに縁の褄はづれ

干瓢や賤民の苧環剥きかへし

靑蓼の廚も見えて麻暖簾

夏萩を見乍ら丸髷に結ひけるか

百合白く雨の裡山暮れにけり

白菊き菊そのほかに夏菊の紫

桑の實のうれける枝をやまかゞし

海松ふさの颯と大なり浪がしら



 秋

稻妻に道きく女はだしかな

秋の雲尾上の薄見ゆるなり

實柘欄のうらすくばかり月夜かな

十六夜やゆうべにおなじ女郎花

十六夜やたづねし人は水神すゐじん

山伏の篠山渡る初あらし

古蚊屋にランプの宿よ初あらし

物干の草履飛行く野分かな

朝霧の下谷はれ行く人馬哉

露寒し露寒し月に蓑着ばや

爪彈の妹が夜寒き柱かな

助六を夜寒の狸おもへらく

遠里や七夕竹に虹かゝる

貸小袖袖を引切るおもひかな

花火遠く木隱の星見ゆるなり

鼻紙に山蟻拂ふ墓參かな

たま棚や笹の葉がくれ蓮燈籠

看病の娘出しやる踊かな

後の雛うしろ姿ぞ見られける

栃餠や藏よりとうづ砂糖壺

打ちみだれ片乳白き砧かな

砧うつはよい女房か案山子どの

誰が鳴子繪馬さかさまにかゝりたる

來るわ/\扱くあとへ稻を引扛ぎ

打果てて雨の網代に人もなし

行燈にかねつけとんぼ來りけり

浦風や秋の蝶飛ぶ小松原

秋の成さみしさに見れば二つかな

きり/\す此處は砂村瓜畠

鵙なくや大工飯食ふ下屋敷

南天燭なんてんの實にひよどりのさゝやきよ

鳴かでたゞ鶺鴒居るや石の上

木槿垣萩の花垣むかひあひ

雪洞に女の袖や萩の露

木犀の香に染む雨の鴉かな

濱寺に一本咲ける桔梗かな

朝風や螢草咲く蘆の中

蘆垣に嫁菜花さく洲崎かな

山姫やすゝきの中の京人形

むら雨や尾花苫ふく捨小舟

湯の山の村村おなじ小菊かな

湯の山の小村小村こむらこむらや菊の花

   鹽原にて

むらもみぢともしして行く狢の湯

水瓶に柳散込む廚かな

田鼠や薩摩芋ひく葉の戰ぎ

すさまじききのこの椀やほたあかり



 冬

初冬の狐の聲ときこえたり

初霜や落葉の上の靑笹に

朝霜やちよぼに勝ちたる懷手

夕霜や湖畔の焚火金色に

凩に鰒ひつさげて高足駄

こがらしや噴水に飛ぶ鉋屑

凩や天狗が築く一夜塔

川添や酒屋とうふ屋時雨れつゝ

川添の飴屋油屋時雨けり

片時雨杉葉かけたる軒暗し

ぬえがくかゝるみぞれの峰の堂

飛びかはすひわひたきよ雪の藪

一つ咲く薄色椿庭の雪

結綿ゆひわたに蓑きて白し雪女郎

雪ぢやとて遣手やりてが古き頭巾かな

質おいて番傘買ふや夜の雪

抱きしめて逢ふ夜は雪のつもりけり

下かけもいうぜんなら し置炬燵

藏前や師走月夜しはすづきよの炭俵

ピンゾロの丁と起きたり鐘氷る

松明まつ投げて獸追ひやる枯野かな

ほたたくや峠の茶屋にいわし賣

水涕みづばなや頰當かくる小手こての上

山笹をたばねて打つや冬の蠅

曉や尾上を一つ行く千鳥

鳥叫びて千鳥を起す遣手やりてかな

姥巫女うばみこが梟抱いて通りけり

京に入りて市の鯨を見たりけり

猪やてんてれつくてんてれつくと

ふすかと驚くほゝの落葉かな

冬櫻めじろの群れて居たりけり

湯の村に菊屋山茶花冬薔薇ふゆさうび

山茶花に雨待つこゝろ小柴垣こしばがき

山茶花に此の熱燗あつかんの恥かしき

路傍みちばたの石に夕日や枯すゝき

日あたりや蜜柑の畑の冬椿


泉鏡花句集 完