やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇へ
鬼火へ


都會で   芥川龍之介

  ――或は千九百十六年の東京―

[やぶちゃん注:昭和二(1927)年三月・四月・五月に発行された雑誌『手帖』の三号分に連載された。底本は岩波版旧全集を用いた。傍点「丶」は下線に代えた。なお、一部を底本のスキャン画像とした。]

 

都會で

  ――或は千九百十六年の東京――

 

     

 

 風に靡いたマツチの炎(ほのほ)ほど無氣味にも美しいいろはない。

 

     

 

 如何に都會を愛するか?――過去の多い女を愛するやうに。

 

     

 

 雪の降つた公園の枯芝は何よりも砂糖漬にそつくりである。

 

     

 

 僕に中世紀を思ひ出させるのは嚴めしい赤煉瓦の監獄である。若し看守さへゐなければ、馬に乘つたジアン・ダアクの飛び出すのに遇つても驚かないかも知れない。

 

     

 

 或女給の言葉。――いやだわ。今夜はナイホクなんですもの。

  註。ナイホクはナイフだのフオオクだのを洗ふ番に當ることである。

 

     

 

 並み木に多いのは篠懸(すゞかけ)である。橡(とち)も三角楓も極めて少ない。しかし勿論派出所の巡査はこの木の古典的趣味を知らずにゐる。

 

     

 

 令嬢に近い藝者が一人、僕の五六歩前に立ち止まると、いきなり擧手の禮をした。僕はちよつと狼狽した。が、後ろを振り返つたら、同じ年頃の藝者が一人、やはりちやんと擧手の禮をしてゐた。

 

     

 

 最も僕を憂欝にするもの。――カアキイ色に塗つた煙突。電車の通らない線路の錆び。屋上庭園に飼はれてゐる猿。…………

 

     

 

 僕は午前一時頃或町裏を通りかかつた。すると泥だらけの土工が二人、瓦斯か何かの工事をしてゐた。狹い路は泥の山だつた。のみならずその又泥の山の上にはカンテラの火が一つ靡いてゐた。僕はこのカンテラの爲にそこを通ることも困難だつた。すると若い土工が一人、穴の中から半身を露したまま、カンテラを側へのけてくれた。僕は小聲に「ありがたう」と言つた。が、何か僕自身を憐みたい氣もちもない譯ではなかつた。

 

     

 

 夜半の隅田川は何度見ても、詩人S・Mの言葉を越えることは出來ない。――「羊羹のやうに流れてゐる。」

[やぶちゃん注:「詩人S・M」は室生犀星。]

     十一

 

 「××さん、遊びませう」と云ふ子供の聲、――あれは音の高低を示せば、×× である。あの音はいつまで殘つてゐるかしら。

 

     十二

 

 火事はどこか祭禮に似てゐる。

 

     十三

 

 東京の冬は何よりも漬け菜の莖の色に現れてゐる。殊に場末の町々では。

 

     十四

 

 何かものを考へるのに善いのはカツフエの一番隅の卓子、それから孤獨を感じるのに善いのは人通りの多い往來のまん中、最後に靜かさを味ふのに善いのは開幕中の劇場の廊下、……