やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇へ

鬼火へ

小説作法十則   芥川龍之介


[やぶちゃん注:昭和二(1927)年九月刊の雑誌『新潮』掲載された。定本は岩波版旧全集を用い、後記に記載された日本近代文学館蔵の著者自筆原稿の抹消・訂正部分を取り消し線で復元した。傍点「丶」は下線に代えた。]

 

小説作法十則

 

 一 小説はあらゆる文藝中、最も非藝術的なるものと心得べし。文藝中の文藝は詩あるのみ。即ち小説は小説中の詩により、文藝の中に列するに過ぎず。従つて歴史乃至傳記と實は少しも異る所なし。

 二 小説家は詩人たる以上に歴史家乃至傳記作者たるを要す。詩人たる以外に歴史家乃至傳記作者なり。従つて人生(一時代に於ける一國の)と相亘(あひわた)らざるべからず。紫式部より井原西鶴に至る日本の小説家の作品はこの事實を證明すべし。

 三 詩人は常に自己の衷心を何人かに向つて訴ふるものなり。(女人をくどく爲に戀歌の生じたるを見よ。)既に小説家は詩人たる以上に歴史家乃至傳記作者なりとせん乎、傳記の一つなる自叙傳作者も小説家自身の中に存在すべし。従つて小説家は彼自身暗澹たる人生に對することも常人より屢々ならざるべからず。そは小説家自身の中の詩人は實行力乏しきを常とすればなり。若し小説家自身の中の詩人にして歴史家乃至傳記作者よりも力強からん乎、彼の一生は愈出でて愈悲惨なるを免れざるべし。ポオの如きはこの好例なり。(ナポレオン乃至レニンをして詩人たらしめば、不世出の小説家を生ずるは言を待たず)

 四 小説家の人生(同上)に相亘ると言ふも、四 小説家的才能は前に挙げたる三條により、詩人的才能、歴史家的乃至傳記作者的才能、處世的才能の三者に歸着すべし。この三者を相剋(そうこく)せしめざることは前人も至難の業としたり。(至難の業とせざりしものは凡庸の才なり。)小説家たらんとするものは自動車學校を卒業せざる運轉手の自動車を街頭に驅(か)るがごとし。一生の平穏無事なるを期すべからず。

 五 既に一生の平穏無事なるを期すべからずとせば、體力と金錢と單身立命[やぶちゃん注:(たんしんりつめい)のルビあり。](即ちボヘミアニズム)とに頼まざるべからず。但しこの両者の効ある程度も存外少なるを覚悟すべし。比較的平和なる一生を得んと欲せば、畢に小説家とならざるに若かず。比較的平和なる一生を送れる小説家は常に彼等の傳記の細部に亘りて判然せざる小説家なるを記憶すべし。

 六 然れども若し現世にありて比較的平和なる一生を送らんとせば、小説家は如何なる才能よりも處世的才能を錬鍛すべし。但しそは戞々(かつかつ)たる獨造底の作品を残す所以とは同意義にあらず。(矛盾せざるも亦勿論なり。)處世的才能とは上は運命を支配するより(但し支配し得るや否やを保證せず)下は如何なる阿呆をも丁寧にとり扱ふに至るものなり。

 七 文藝は文章に表現を托する藝術なり。従つて文章を錬鍛するは勿論小説家は怠るべからず。若し一つの言葉の美しさに恍惚たること能はざるものは、小説家たる資格の上に多少の缺點ありと覚悟すべし。西鶴の「阿蘭陀西鶴」の名を得たるは必しもー時代の小説上の約束を破りたる為にあらず。彼の俳諧より悟入したる言葉の美しさを知りゐたる為なり。

 八 一時代に於ける一國の小説はおのづから種々の約束のもとにあり。(こは歴史の決定する所による。)小説家たらんとするものは努めてこの約束を遵奉(じゆんぽう)すべし。この約束に從ふべし。この約束に從ふ利益は前人の肩の上に乘りて自己の小説を作り得ること、二に眞面目に見ゆる爲に文壇の犬ども吼(ほ)へられざることなり。但しこれ亦獨造底の作品を残すことと同意義にあらず。(矛盾せざるは言を待たず。)天才にはかかる約束を脚下に蹂躙(じうりん)するものなり。天才にはかかる約束を脚下に蹂躙(じうりん)するもの多かるべし。(然れど世人の考ふるほど蹂躙せるや否やは保證せず。)彼等はその為に多少にもせよ、天命即ち文藝の社會的進歩(或は變化)の外に走り、水の溝を流(なが)るるが如く能はず。文藝的太陽系(けい)の外にある一游星たるにとどまるべし。メリメエの如きはこの好例なり。[やぶちゃん注:この「メリメエ」は「スタンダアル」に更に書き換えられ、結果、最後に全体が抹消されている。]從つて當代に理解せられざるは勿論、後代にも知己を得れば見つけものなるべし。(こは単に小説の上のみにあらず、あらゆる文藝に通用すべし。)

 九 小説家たらんとするものは常に一時代の思想乃至理論の支配を受けざ哲學的、自然科學的、經濟科學的思想に反應することを警戒すべし。如何なる思想乃至理論も人間獸(にんげんじう)の依然たる限りは人間獸の一生を支配する能はず。從つてかかる思想に反應するは(少くとも意識的に)人間獸の一生、――即ち人生に相亘るに不便なりと知るべし。ありのままに見、ありのままに描くを寫生と言ふ。小説家たる便法は寫生するに若かず。但しここに「ありのまま」と言ふは「彼自身の見たるありのまま」なり。「借用證文を入れたるありのまま」にあらず。

 十 あらゆる小説作法は黄金律(わうごんりつ)にあらず。この「小説作十則」の黄金律ならざる勿論なり。所詮小説家になり得るものはなり、なり得ざるものはなり得ざるべき乎。

 附記。僕は何ごとにも懐疑主義者なり。唯如何に懐疑主義者ならんと欲するも、詩の前には未だ嘗懐疑主義者たる能はざりしことを自白す。同時に又詩の前にも常に懐疑主義者たらんと努めしことを自白す。 (大正十五・五・四)